ダイアグノデント (虫歯の予防歯科診断機)

ダイアグノデントで虫歯を探す
「調子はどうですか?」
「とくに気になるところはありません。」
「ではお口の中を見てみましょう。」
虫歯を探します。
あ!! 反応。
予防歯科の説明、相談をします。

ダイアグノデントは歯にレーザーを当てるだけで、虫歯があると1?99までの数字で教えてくれる予防歯科の診断機です。★19以下はまだ治療しなくて大丈夫です。★20以上は治療が必要になりますが、20?30前後の場合は、様子を見ることもあります。もちろん、虫歯ではありますが、定期健診のたびにダイアグノデントでチェックすれば、数字が進行していなければ、削らずに安心して様子を見ることができます。虫歯は、痛みがなくても急に進行する場合もあります。
放っておくと、小さかった虫歯が、神経まで達してしまうこともあるので、予防歯科として早期発見がとても大事です!
でもできる限り小さい虫歯なら簡単に削りたくないですよね。
ダイアグノデントでご自分の、どこの歯が、今どんな状態なのかを確認して、普段の虫歯予防歯科にも活用してください。
ダイアグノデントは、1?3ヶ月に1度のメンテナンスを受けていらっしゃる方に、使用しています。
メンテナンスは丁寧な検診、歯がツルツルになるクリーニング、歯を支える歯肉を守るSRP、歯科衛生士によるポイントを押えたブラッシング指導など、歯の寿命をぐーんと延ばすために、とても受けていただきたい予防歯科です!
みなさんも、歯を長持ちさせるため、メンテナンスをぜひ受けてくださいね!やる価値ありです。

歯磨きだけでプラークは取れない? 予防歯科編

年に2回程度は検診にいらしているにも関わらず、むし歯が絶えない方です。
一見きれいに見える歯です。
ところが、器具で探ってみると汚れ(プラーク)が確認できました。
3
日頃の熱心なブラッシングにも関わらず、染め出し材で根元側の汚れが広範囲に青く染まりました。
試しに、衛生士が歯ブラシでよく磨いてみました。
再度、染め出し材で染めてみました。
それでも、歯ブラシだけではこれだけ汚れが残っているのです。
そこで、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)を行ってみました。
最後に、細かい汚れを専用ペーストで落とします。
更に染めてみると…
汚れを確認できません。プラークは完全に除去できました。

プラーク(歯垢)はよく磨いていらっしゃる方でも、どうしても残るものです。それは、歯並びが悪かったり、歯肉が下がる事で歯肉の形が不揃いになることで、複雑な形になる歯と歯茎の形が原因です。そのため、プロ(歯科衛生士)による定期的なメンテナンス=PMTCで予防歯科することが必要になるのです。

3DS(最強の予防歯科)

まず、お口の汚れを徹底的に落とします(PMTC)。
プロの技術で機械的に落としますので、汚れもつきにくくなります。
お口に合わせてお作りしたドラックリテーナー。
お口の専用薬品。
歯周病とムシ歯予防歯科薬をドラッグリテーナーを入れます。
お口の中を徹底除菌します。
これを3ヶ月に1回を目安に2週間間隔で2回行います。
3DSによる歯面表面バイオフィルム菌相変化図
MS菌に占領された歯面は非水溶性グルカンに覆われています。古いバイオフィルム中の細菌は、代謝活性が低下しており、静止期にある。外部から孤立した生態系を形成しているため、物理的に破壊しない限り菌層には変化が起こらない。
古いバイオフィルムが破壊され、フレッシュな細菌細胞が増殖し始める。PMTCのみ行った場合、細菌の量的変化にとどまる。
歯の表面に残存する細菌はバイオフィルムを形成する前に、3DSにより化学的に除菌される。
MS菌以外のフローラが形成されると、MS菌の再定着は困難になる。: MS菌: 歯面にも口腔粘膜にも定着している細菌。

寝ている時の姿勢 (かみあわせの予防歯科)

睡眠というのは1日約8時間と長く、しかも毎日の事ですから、寝ている時の姿勢が悪いと顎に大きな負担がかかります。
子供なら顎の変形・歯並びの不正、大人なら顎関節症を起こしやすくなります。

この様に横に寝ている場合ですと、下にしている側の歯が常に内側に押される為に歯並びが悪くなります。
大人の場合は骨が硬いため歯並びが悪くなる事は少ないですが、顎関節に負担がかかりやすく顎関節症を起こしやすくなります。
上を向いて寝る様にしてあげましょう。
枕の高さを調整すると良い場合があるので、試してみて下さい。
これもかみ合わせの予防歯科なのです。