最高の審美歯科性 オールセラミック

審美歯科にこだわるならオールセラミックです。多少の歯並びの悪さもカバーできます。当院では審美性の最も高いといわれているプロセアをメインに使用しています。

※プロセア:新時代のCAD/CAM技術を応用したオールセラミック審美治療です。3Dスキャナで歯の形態を読み取り、そのデータをインターネットを通じてスウェーデンの工場へ送ります。その審美性の高いデータからセラミックのブロックを削りだし作製したものを空輸し、日本で最終色付け等を行い完成させます。強度は一般的な審美歯科の物の3?4倍。審美 治療の最高峰といっても過言ではなく、ハリウッドスターも愛用し日本では宮●りえなどの口元を飾っています。世界的に40カ国170万本が審美として使用されています。


  • 治療前
    根元に汚く詰め物がされています。

  • 治療後(プロセア)
    歯全体にオールセラミックを入れました。多少の歯並びの悪さも気にならないようキレイな審美歯科治療になりました。
プロセラ製作工程

  • 歯の形状を3Dスキャナーで読み取る。

  • コンピューター上でデザインの作成を行い、データをインターネット経由で審美歯科センターに送る。

  • 削りだされたセラミックのコーピング状態が送られてきます。

  • コーピングに陶材をのせ形態と色調を整える。

  • オールセラミッククラウンの審美歯科治療の完成。

審美歯科性の高いAGC

AGCガルバノテクニックとは金メッキの作製方法を応用した審美歯科修復です。これによりセラミック内面の適合がとても良い審美歯科治療が出来ます。また、材料が99.9%ゴールドなので低アレルギーかつ明るい色調の審美歯科になる点も特筆ものです。

セラミックを入れたときはキレイだったのに、数年したら歯肉が下がって根元が黒ずんだという経験はありませんか?
右手前がAGC、左奥がメタルセラミックです。ピンクの歯肉相当部分の色がかなり違う高い審美歯科性がご覧いただけます。

  • 治療前
    根元が黒くなってきました。さし歯である事が強調されてしまい、新しくする時期です。

  • 治療後

審美歯科の定番 メタルセラミック

メタルセラミックとは歯に最適なプレシャスメタルの上にセラミックを焼き付ける物で、審美歯科の中でもメタルボンドとも呼ばれています。どのようなケースにも使用でき、強度も強いため応用範囲の広い審美歯科治療です。

  • 実は左の2本だけ連結しています。一般に連結しますと『いかにも繋がっている形状・色』になるのですが、当院ではオリジナル・テクニックを用いて陰影をつけ立体感を強調しているため、とても自然な審美歯科性です。

審美歯科性の高い ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を0.5ミリとわずかに削りセラミックのシェルを貼り付ける審美歯科治療です。どんな汚い色をした歯でも見違えるほどキレイになる方法で、削る量がとても少ない為に歯にやさしい審美歯科治療と言えます。

  • ラミネートベニア
    治療前
    歯と歯の間が汚く着色しています。
  • ラミネートベニア
    治療後
    見違えるほどキレイになっています。

審美歯科治療例

前歯をキレイにメタルセラミックで審美歯科治療しました。

  • BEFORE
    BEFORE
  • AFTER
    AFTER

矯正なども考えられましたが、早く治したいとのご希望からセラミックで審美歯科治療しました。


  • BEFORE

  • AFTER

80代の女性です。
歯をキレイにしたいとのご希望で審美歯科治療します。


  • BEFORE

  • AFTER

前歯の変色部分をセラミックできれいにしました。奥歯の審美歯科治療は次回に治します。
女性はいくつになってもキレイでいたいですね。


  • BEFORE

  • AFTER

審美歯科 患者様の声

審美治療患者様の声「歯壊者!? に出会っていたんだね」と前の歯医者さんに言われ、私の前歯はボロボロでした。

今回こちらで前歯4本を治して頂き、今まで笑うと灰色かかっていてコンプレックスを感じていたのが今ではルンルンです。治療期間中は前歯がピンキーになって不安もありましたが、先生が「大丈夫 キレイになるよ!!」と言って下さった事もあり頑張ろうと思いました。

やはりきちんと前歯が入るまでは不安でしたが、こんなに楽しく笑えてコンプレックスもとれるのならもっと早くやれば良かったです。

次は笑うと見える奥歯も白くしていきたいです。やっぱり歯って命なんですね。ありがとうございました。

  • 審美治療患者様BEFORE
    BEFORE
  • 審美治療患者様AFTER
    AFTER