歯が激痛で寝れない時の原因はコレ

歯が激痛で寝れない時の原因は、主に3つあります。

1つ目は虫歯。

2つ目は親知らず。

3つ目は就寝時の咬合性外傷。

 

ひとつずつ説明していきます。

 

まず一つ目は虫歯です。

歯が激痛で眠れない程の状況だと、非常に大きい虫歯であるということが推測できます。

 

虫歯でなぜ歯が痛くなるかというと、歯の表層にはエナメル質という硬い頑丈な層があり、その内側には象牙質という層があり、更にその内側の中心部分には歯髄腔という層があり、歯髄腔には歯の神経が通っています。

 

虫歯になると歯に穴が開きます。虫歯が進行するともちろんその穴は深く大きくなり、歯髄腔の神経に近付いてしまいます。歯の神経に虫歯が近づくと、神経に刺激が伝わりやすくなり、しみる、痛むなどの症状が出始めます。

 

更に虫歯が進行し、歯髄腔の中まで虫歯が進行すると、今度は歯髄腔の中に炎症の症状が起こります。その炎症が歯根の先から波及し、歯根の周囲の組織まで影響を及ぼしてしまいます。

「根尖性歯周炎」という病気になっている状態です。

 

歯髄腔まで虫歯が達すると、いわゆる歯の神経が死んでいる状態になります。神経が生きている状態だと、歯の神経と一緒に血管も通っているので血液の免疫機能が働いているのですが、歯の神経が死んでしまうと、血管が無くなってしまい、免疫機能も消失してしまうので、歯髄腔の中で細菌が繁殖し、膿が溜まります。

 

根尖性歯周炎の場合、横になって歯と心臓の高さが同じになったときや、布団に入って身体が温まった時に、血流が良くなり、ズキンズキンという拍動痛が出やすくなります。

 

根尖性歯周炎は、虫歯を取り、歯の神経を取らなければ治らない病気です。早めに歯科医院に行きましょう。

 

 

二つ目の原因が、親知らずの痛みです。

 

一番奥に生えている親知らずはたたでさえ歯ブラシが当てにくく、更に横に生えていたり、半埋伏で少しだけ生えていたりすると、なおさら上手く磨けない歯です。

親知らずの周りにプラークや歯石が付いたままになると、その周りに炎症の原因の細菌が繁殖し、腫れや痛みが生じてしまいます。この腫れが強いと、先ほどの根尖性歯周炎と同じように、布団に入って身体が温まった時に炎症を起こしている部位の血流が良くなり、痛みが強くなってしまいます。

 

また、噛んだ時に、腫れた歯茎の対合の歯が食い込んでしまう場合はなおさら痛みが強くでることもありますし、横に生えている親知らずが手前の歯を押している場合も強い痛みが出やすいです。

 

親知らずが原因で歯が激痛で寝れない場合は、親知らずの抜歯が必要です。

一般の歯科医院で抜歯できる場合もありますが、横に生えていたり、顎の中を通る下歯槽神経に近い位置に生えていたりする場合は、大学病院に依頼して抜歯する場合もあります。

腫れがとても強い場合は、一度抗生物質を服用してもらい、腫れを落ち着かせてから抜歯することもあります。

 

 

3つ目は、就寝時の歯ぎしりやくいしばりによる咬合性外傷です。

 

人間の最大咬合力はどれくらいだと思いますが?

実は、自分の体重と同じくらいの力が奥歯にかかっています。

 

訓練して意識すれば、日中は上下の歯を離開して過ごすこともできるようになりますが、寝ている間は意識ができないので、無意識に上下の歯をくいしばったり、歯ぎしりしたりしやすいです。歯ぎしりやくいしばりの癖がある方は、噛む力の負荷がかかり、歯根膜という歯と歯槽骨の間の組織が炎症を起こし、咬合性外傷という病気を引き起こし、寝ている途中に強い痛みが出ることがあります。

 

咬合性外傷が原因で歯が激痛で寝れない場合には、就寝時にナイトガードを使用します。

上の歯全体を覆う柔らかいマウスピースを装着した状態で眠る治療法です。

ナイトガードを使用することで、歯ぎしりやくいしばりをしなくなる訳ではありませんが、ナイトガードを上下の歯の間に介在させることで、歯が削れる代わりに柔らかいナイトガードが削れてくれたり、歯根膜への咬合時の負担を軽減したりという効果があります。

 

 

代表的なものは今回お話した3つかと思いますが、他にも歯が激痛で寝れない原因として可能性はいくつも考えられますし、何より、口腔内に何かしらトラブルがあることは間違いありません。

 

歯が激痛で寝れない時は、冷やしたり鎮痛剤を飲んだりして一時的に除痛できる場合もありますが、必ず歯科医院を受診ましょう。

 

 

他にもこんな記事が読まれています。

 

歯がズキズキと痛い理由はコレ!

http://www.first-dc.com/mm/mm93.htm

 

虫歯 放置で痛みが突然消える?!

http://www.first-dc.com/mm/mm169.htm

 

歯の神経の秘密!それでもあなたは歯の神経を抜く?

http://www.first-dc.com/mm/mm131.htm

 

重度歯周病の恐怖!ぐらつく歯はどうする?

http://www.first-dc.com/mm/mm142.htm