神経をとった歯が痛む原因

今回は歯科衛生士の菊地が担当します。


テーマは神経を取った歯が痛む原因です。

歯が痛くて歯科医院に行ってみたら、
虫歯なので神経をとりましょうと言われ、
歯の神経をとったら痛みがなくなったという
経験がある方もいらっしゃるのではないかと思います。

ですが、しばらくしてから神経をとった歯が
痛むこともあります。

なぜ神経をとった歯が痛むのでしょうか。


まず、歯の神経を取らなければいけない理由をお話します。

歯の表面にはエナメル質という硬い層があり、
その一層中に象牙質という層があり、
さらにその一層中に、歯髄腔という歯の神経の通り道があります。

虫歯で歯に穴が空いたり、歯が欠けたりすると、
外と歯髄腔との距離が近くなります。
そこに冷たいものや甘いものなどの刺激が加わると、
歯の神経に刺激が伝わり、痛みを生じます。

このような場合は、歯の神経をとる治療が必要です。
歯の神経をとると、多くの場合は痛みがなくなります。



しかし、神経をとった歯が痛むことがあります。
神経をとった歯が痛む原因は、
歯周組織由来の痛みが原因の場合が多いです。


歯の神経をとる治療をしたとしても、
歯周組織までダメージが生じている場合は
痛みが出ることがあります。
歯周組織とは、歯を支えている歯槽骨や、
歯槽骨と歯の間にある歯根膜という組織のことです。

歯周組織には神経があるので、
歯周組織にダメージが生じた場合は痛みが出ます。

歯周組織に生じるダメージを、総称して歯周炎といいます。


歯周炎というと、プラークや歯石が原因で
歯を支えている歯槽骨が少なくなる
病気のイメージがあるかと思いますが、
このように、プラークや歯石が原因で
歯肉、歯槽骨に炎症が生じるものを、
辺縁性歯周炎といいます。

歯周炎にはもうひとつ種類があります。
歯根の中に細菌感染が生じて、
歯根膜、歯槽骨に炎症が生じるものを
根尖性歯周炎といいます。

根尖性歯周炎は、歯だけでなく
体の内部まで炎症が及んでいる状態なので、
なかなか痛みが完全になくなりにくく、
体が疲れたり、体調が悪い時に痛みが出やすいのも
ひとつの特徴です。

先程お話したように、
大きな虫歯の場合は歯の神経をとる必要がありますが、
一度歯の神経をとっても、
歯髄腔はとても細かく複雑な構造なので、
どんなにしっかり治療をしても、
根管内の細菌をゼロにすることは難しく、
残ってしまった細菌が原因で
神経をとった歯が痛むことがあります。

この場合、歯根の再根管治療を行うこともありますが、
成功率は低く、なかなか改善しないことも多いようです。



他にも理由はいくつか考えられます。
菌の感染以外の理由で痛みが出ていることもあります。

歯の神経をとる治療をした後、
多くの場合は歯に被せ物を入れて治療が完了しますが、
その被せ物の嚙み合わせが高くあっていない場合も、
神経をとった歯が痛む原因になります。

嚙み合わせが高い場合は、
噛んだ時にその歯に極端に強い力がかかってしまうため、
歯周組織の歯根膜が炎症を起こし、
噛んだ時に痛みが生じることがあります。

この場合は、咬合調整という
嚙み合わせを調整する治療をします。
被せものの表面を削り、適正な高さで噛めるように
噛み合わせを合わせます。



他にも、歯の根が折れている、ヒビが入っていることも、
神経をとった歯が痛む原因です。

神経を取った歯は、神経がある歯と比べて強度が少ないので、
ものを噛んだ時の力の負担や、
歯ぎしりやくいしばりなどの日常的な負担で、
折れたり、ヒビが入ったりしやすいです。

レントゲンにもはっきり映るくらい
大きく折れた場合は、噛んだ時に強い痛みが出たり、
場合によっては急に腫れたり、膿が出たりします。
一度折れた歯は元に戻らないので、
強い痛みが出た場合は歯を抜く必要があります。

しかし、レントゲンにも映らないくらい小さな
マイクロクラックというヒビが
歯に入ってしまうこともあります。
マイクロクラックは、強く痛むというよりも、
たまに痛んだり、少し重たい感じがするというような、
そこまで強くない症状の場合が多いようです。

レントゲンにも映らず、歯が特定できないなど
診断が困難な場合もあるので、
すぐに抜歯や再根管治療などを行わず、
経過観察する場合もあります。


今回は、神経をとった歯が痛む原因について
いくつか説明しました。

一度治療した歯がまた痛むというのは、
患者さんご自身の不安も強いと思います。

当院では、定期的な歯のクリーニングに合わせて、
一年から一年半に一度のペースで
レントゲンの撮影もおすすめしています。
外から見ただけでは分からない歯の根の異常も
レントゲンで見つかることがあります。

神経をとった歯が痛む原因について
ご不明な点がある方は、
来院の際に一度スタッフにご相談下さい。



他にはこんな記事が読まれています。


歯がズキズキと痛い理由はコレ!
https://www.first-dc.com/mm/mm93.htm

歯のフィステルを放置した場合の治療法
https://www.first-dc.com/mm/mmfistel.htm

歯の詰め物が痛い原因は?
https://www.first-dc.com/mm/mmhanotsumemono.htm