成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 当院で扱っているジェルコートF。

クロルヘキシジンという成分が入っています。

歯周病に効く成分です。

この兄貴分の「コンクールF」というもあるのですが、

これもクロルヘキシジンが入っており希釈タイプの洗口剤です。

どちらも人気があるのですが、コンクールF は置いてません。

なぜか?

使用方法にはない原液使用する方がいるのです。

通常は50倍ぐらいに薄める必要があるものです。

しかも クロルヘキシジンは副作用があるので高濃度では危険です。

そのためストレートタイプのジェルコートFしか置いてません。

ジェルコートはムシ歯予防効果もあります。

※追記 

「コンクールF」はその後リニューアルされました。

コンクールF 新.jpg

現在のコンクールFのクロロヘキシジンの濃度は50ppmとなり危険とは言い難い、非常に安全な配合となりました。

間違って? 原液使用しても副作用の心配ありません。ジェルコートFと同じ濃度です。

逆に容量は50から100mlと増量しています。

コンクールFの旧ボトルとの見分け方は容量が100mlであれば新ボトルになります。

クロルヘキシジンの濃度が高ければ高いほど、歯周病には効果がありますが副作用も高まるため、この程度の濃度がいいのかもしれません。

ちなみに欧米では高濃度のものが市販されているそうですが、危険性もあると判断して当院では使用していません。

コンクールFの副作用は危険とは言いにくくなってます。