ホワイトニングの効果とは

こんにちは。
歯科衛生士の菊地です。

 

 

冷え込む日が続きますね。
皆さん、体調の方は大丈夫ですか? 

 

 

私の故郷、山形は、毎日とんでもない量の雪が
降り続いているようです。

 

 

山形の歯医者で働いている歯科衛生士の友人達は
毎朝、医院の駐車場の雪かきから
一日の仕事がはじまるそうです。

 

 

その為、医院に雪かき用の長靴を常備しているそうです。
...寒いだろうな...想像するだけで鳥肌が...(笑)

 

 


さて、今日は「歯のブリーチ」について
お話していきます。

 

 

ブリーチ、とはホワイトニングのことです。
歯を漂白して、白くすることが出来ます。

 


歯の色にお悩みの方は少なくないと思います。

 

 

歯の色が白いほうが印象良く見えるのではないか。
鏡で見る自分の歯の色が気になってしまう。
テレビでみる芸能人、雑誌のモデルに憧れている。

 

 

などなど、悩む理由は人それぞれです。

 


当医院では、歯の色に悩む方々のために
二種類のホワイトニングの方法をご用意しております。

 

 


1、オフィスホワイトニング

当医院にお越し頂き、歯科衛生士がホワイトニング
を行います。

歯のクリーニングから、ホワイトニング剤の塗布まで
こちらで全て行いますので、エステ気分で、楽に
歯を白くすることが出来ます。

お時間は一時間半から二時間ほどかかります。
一回だけでなく、二回、三回と回数を重ねる毎に
効果は上がるようです。

 

 


2、ホームホワイトニング

患者様の歯列に合った専用のトレーを作り、
トレーにホワイトニング剤を入れ、毎晩、寝ている間に
トレーを装着し、ホワイトニングを二週間行う方法です。

 

 

オフィスホワイトニングと違い、ホームホワイトニング
では、毎晩の薬液の塗布をご自身で行わなければ
いけません。

 


毎晩続けて、トレーの装着が出来る方向きの方法です。

ですが、トレーを一度作ってしまえば、治療などで
歯列が変わらない限り、ずっと使うことが出来ます。


 

ホワイトニング専門の医院で働いている方に
聞いたことがあるのですが、
日本人の性質的に、オフィスホワイトニングを
選ぶ方の方が多いそうなのです。

 

 

お仕事等で忙しく、短時間、短期間で済ませたいという
ことなのでしょう。

 

 


しかし、ホームホワイトニングのように薄い濃度の
薬剤を、長期間作用させるほうが、歯に深く薬液が
浸透するため、効果が持続すると言われています。

 

 

ご自身の生活スタイルに合わせ、納得できる白い歯を
手に入れる事が一番だと思いますので、どちらの
方法でホワイトニングをしたいか、などに関しては
お気軽にご相談ください。

 

 


ただし、詰め物、被せ物、神経を抜いた歯は
ホワイトニングでは白くなりません。

 

 

「自分の歯は白くなりやすいのだろうか」という
ご相談も、三ヶ月に一度の歯のクリーニングの際などに
お問い合わせ下さい。

 

 

改めて歯を拝見した上で、アドバイスさせて頂きます。


 

お読み頂き、ありがとうございました。