ねじれた歯を矯正でどう治すの?

こんにちは。 歯科衛生士の菊地です。

 

ねじれた歯は矯正治療で

綺麗な歯並びに治すことが可能です。

ねじれた歯に直接装置を付けて歯を動かしたり

歯を削ってセラミックで被せたりすることで見た目を綺麗にします。

 

ねじれた歯に直接装置をつける治療は

時間をかけてゆっくり歯を動かしていきます。

 

そのため矯正治療はどうしても長い期間かかってしまい

早い方で1年から1年半。遅い方で2年から2年半くらい

期間がかかります。

 

 

よく見たことがある表側の矯正装置は

ねじれた歯にブラケットと呼ばれる装置を

着けこのブラケットにワイヤーを通して

ねじれた歯を治していきます。

 

当院の矯正装置ですと透明なプラスチックの

ブラケットを使用していますので比較的

目立ちにくい装置になっております。

 

当院のワイヤーですが形状記憶合金という

ワイヤーを使用しています。

 

U字型の形状記憶合金ワイヤーをねじれた歯の

表面に接着したブラケットに通すので、

ワイヤーが元の形に戻ろうとする性質を利用し、

歯をU字型にキレイに並べることが出来ます。

 

また、形状記憶合金ワイヤーはやわらかいため、

痛みも最低限に抑えることが可能です。

 

昔に比べ矯正装置も目立たない装置になっていますが

長期間つけなければいけないので

矯正治療に踏み込めない方もいらっしゃるかと思います。

 

なぜねじれた歯を治すのには時間がかかるのでしょうか?

 

歯は顎の骨の歯槽骨によって支えられています。

歯と歯槽骨の間には歯と骨にかかる力を緩和させる

歯根膜と言われる膜があります。

 

矯正治療によってこの歯槽骨と歯根膜に力がかかり

歯根膜が伸縮します。

 

引っ張られて広くなったところには骨芽細胞の働きによって

新しい骨ができ縮んでせまくなっているところには

破骨細胞の働きによって骨が破壊され

ねじれた歯が徐々に動いていきます。

 

 

このように矯正治療は骨代謝を利用しているため

ねじれた歯は1ヵ月に数ミリ程度しか動きません。

 

無理やり強い力で動かそうとすると

逆に歯周組織を傷つけてしまうことになります。

そのため長い時間をかけて少しずつねじれた歯を

綺麗な歯並びに動かしていきます。

 

 

当院の矯正装置の種類ですが

「表側矯正」以外にも、「裏側矯正」、

「マウスピース矯正」がございます。

 

「表側矯正」はご自分では外せない装置です。

一番歯の動きが早いと言われておりますので

ねじれた歯を早く治したい方にお勧めの装置です。

目立ちにくい装置を使用しているとはいえ

歯の表側に装置が付いているので

気になる場合があります。

 

 

「裏側矯正」はご自分で外せない装置です

装置が裏側についていて見えません。

ドイツで作成されており矯正装置の精度が高く、

特にねじれた前歯はキレイに治ります。

 

そのため矯正装置が完成するまで約2ヶ月かかります。

またねじれた歯の裏側に装置が付いているので

発音する時にやや影響が出る場合もございます。

 

「マウスピース矯正」は取り外し可能な装置です。

矯正治療中も装置を自分で外せるため、

外見や滑舌が心配な方も安心です。

 

歯並びがあまりにもがたついていたり

ねじれている方はマウスピース矯正が

不向きな場合がございます。

 

マウスピース矯正の装置は透明なため、

外見的にはほとんど目立ちません。

また矯正治療中も装置を自分で外せるため、

外見や滑舌が心配な方時でも安心です。

 

素材が薄く、装着時の違和感は少ないです。

決まりがございまして毎日22時間装着して頂きます。

治療を途中で中断してしまうと装置が使えなくなる場合があり

まめな人向きで大切に使っていただく装置です。

細かい部分の調整が難しく、

微調整の仕上げには時間がかかります。

 

その他にもねじれた歯を治すには

セラミック矯正という治療がございます。

 

ねじれた歯を削りその上からセラミックを被せて

歯の色を白くしたり見た目を綺麗にします。

長期間かかる矯正と違い短期間で治療が終わります。

 

前歯限定の治療のため、ねじれた歯に直接つける

矯正装置と比べ費用を抑えることが可能です。

また前歯限定なので歯全体の歯並びの不調和は

治療できません。歯並びのがたつきやねじれが大きい方は

神経の治療が必要になる場合があります。

 

当院の前歯のセラミックは「ジルコボンド」、

「オールセラミックe.max」、「メタルセラミック」の

3種類ございます。

 

こちらの3種類は永久的に変色しません。

また表面がつるつるしていて汚れが付きにくいので

虫歯、歯周病になりにくいです。

 

 

「ジルコボンド」は高強度のジルコニアをベースに

セラミックを焼き付けて作製しているので見た目が

とても綺麗です。裏と表が白いので歯茎が下がっても

継ぎ目が目立ちにくくまた強度も強く欠けにくいので

歯ぎしりする方でも安心です。

 

「オールセラミックe.max」はジルコボンド同様

裏表が完全に白いので歯茎が下がっても

本物の歯のような見栄えです。

ジルコニアよりは強度が低いので前歯専用の被せ物です。

 

「メタルセラミック」は被せ物の中が金属になっているので

歯茎が下がった時に継ぎ目が

少し見えて気になる場合がございます。

 

 

このようにねじれた歯を治す方法は

何種類かありますのでご自身にあった治療方法で

ねじれた歯を綺麗にしましょう。

 

 

当院では矯正の無料相談も行っておりますので

一度当院にいらしてみて下さいね!

 

{関連記事}

大人でも矯正治療できるの?

http://www.first-dc.com/mm/mm311.htm

 

矯正治療は痛いの?

http://www.first-dc.com/mm/mm315.htm