インプラントのぐらつきは直る?

こんにちは。
歯科衛生士の藤井です。
本日も診療頑張っています。

今回のテーマはインプラントのぐらつきは直る?です。

歯を失ったときの治療法として当医院ではインプラン
トを選択される方が多くいらっしゃいます。

インプラントは自費治療になり高額になるのでインプ
ラント治療終了後ぐらついたりしないか心配になると
おもいます。


インプラントがぐらつく原因としていくつかあります。

インプラント周囲炎
歯ぎしりや食いしばり
アバットメントのネジが緩む
嚙み合わせのバランス

などが考えられます。


インプラント周囲炎とは、歯周病と一緒で歯を支えて
いる骨が歯周病菌の影響で溶けてしまいます。
インプラントがぐらついて最終的にはインプラントが
抜けてしまうものです。

原因としては、定期的なメンテナンスを怠ってしまう
ことです。

また毎日の歯磨きが十分に出来ていないことからプラ
ークや歯石が溜まったままの状態が続いてること。

歯を失った原因が歯周病の方は特にインプラント周囲
炎のリスクが高いです。
インプラントにした後も他の歯と一緒にお手入れ頑張
ってください。

インプラント周囲炎の予防のために定期的なメンテナ
ンスが必要です。

インプラントのぐらつきを予防するためにも最低でも
3ケ月に一度は歯のメンテナンスをしましょう。


歯ぎしりや食いしばりが原因でインプラントがぐらつ
いてしまう場合もあります。

インプラントを埋入してから骨に固定されるまで患者
さんによっては期間がかかる方もいらっしゃいます。
しっかり骨にインプラントが固定されてないまま被せ
物を付けてしまうと歯ぎしりや食いしばりを強くする
方はインプラントがぐらついてきてしまいます。

当院ではインプラント埋入後はすぐに被せ物は作りま
せん。インプラント埋入後約3ヶ月後に来院していた
だきレントゲンと専用の機械で骨にしっかり固定され
たか検査します。検査の結果次第でいつ被せ物の作製
をするか決めていきます。

骨の中に埋入するネジと被せ物をつなぐ土台をアバッ
トメントといいます。アバットメントのネジが緩むと
ぐらつきます。
アバットメントが緩んでいる場合はネジを締め直すと
ぐらつきは解消されます。

当医院のインプラントの被せ物は、何かあった場合で
も壊さずにすぐに取り外しができる構造になっていま
すので安心して下さい。

最後に噛み合わせのバランスが悪いことによってイン
プラントがぐらついてしまう可能性があります。
被せ物をセットした時に嚙み合わせが不安定な方もい
らっしゃいます。その時は噛み合わせ大丈夫でも食事
をすると噛み合わせが高かったりします。

噛み合わせが高い場合はセットした後でも調整できま
す。


当医院では被せ物を調整する際に髪の毛1本分の薄い
紙を使用して噛み合わせのバランスを確認しながら調
整しています。

違和感を感じた場合は早めにご連絡下さい。

インプラントは神経がないので痛みがでにくいです。
何か症状がでてからだと手遅れになることがあります
のでインプラントを入れた後初めの3年間は半年に1
回レントゲン検査で悪化の兆候を調べます。
3年以降は1年に1回レントゲン検査します。

インプラントを埋入して少しでも違和感などある場合
は我慢せずすぐにご連絡下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【他にもこんな記事が読まれています!】

インプラントって大丈夫?
https://www.first-dc.com/mm/mm268.htm

インプラントのメンテナンス
https://www.first-dc.com/mm/mm207.htm