反対咬合って?

こんにちは。歯科衛生士の菊地です。

 

この前、私の部屋で黒く動くものがいるなと

思ったらゴキブリでした!

 

最近涼しくなってきてもう出会わないだろうと

安心しきっていたのに。笑

 

前に友達が勧めてくれたゴキジェットとブラックキャップが

家にあったのでなんとか退治できました。

 

誰も助けてくれないのでこうゆう時に

一人暮らしは大変です。笑

 

 

さて、今日は反対咬合についてお話していきます。

 

反対咬合とは下の歯が上の歯より前に出ていることで、

受け口とも言われています。

 

反対咬合の原因として、遺伝的な原因が多く

ご両親や祖父母が反対咬合の場合は

本人も反対咬合になる可能性が高いです。

 

他にも、指しゃぶりや口呼吸などの日常生活の癖、

下の顎が上の顎より大きく成長してしまうことが挙げられます。

 

反対咬合によって、噛み合わせが悪く物が噛みづらかったり

滑舌や発音に影響がでたり、審美的にも見た目が気になります。

 

反対咬合を治すには矯正治療が必要になります。

症状によってはセラミック治療で治すことも可能です。

 

顔全体的な印象を変えたい場合ですと

外科手術が必要となる場合があります。

 

症状によって治療方法も変わってくると思うので

反対咬合でお悩みの方一度歯科医院の受診を

お勧めします。

 

当院では矯正の無料相談も行っていますので

気軽に相談にいらしてくださいね。

 

歯並びって気になるけど... 

私はできる?抜かない矯正

手に入れよう!綺麗な歯並び

歯科矯正の種類とは?!

矯正歯科、いつから始めるのが正解?