<< 口臭の原因は?  | メルマガトップへ戻る  |  手に入れよう!綺麗な歯並び >>

乳歯の歯並びの特徴とは?

こんにちは。歯科衛生士の菊地です。

 

9月入って、半袖だけでは

少し肌寒い季節になってきましたね。

夏の終わりはなんだか切ないです。笑

 

みなさん夏らしいことはしましたか?

私は歯科医院のみなさんと群馬県の利根川で

ラフティングをしてきました。

 

ラフティングとは丈夫なゴムボートに乗って

力を合わせて川を下るものです。

 

利根川の上流は水が冷たく、

下が見えるくらい透き通っていて綺麗でした!

 

想像以上に激しいスポーツで全身ずぶ濡れ。笑

 

その後はBBQでおいしいお肉を食べて

温泉に入って帰ってきました。

 

久しぶりに自然に触れてリフレッシュした休日を

過ごすことができました。

 

皆さんもぜひライティングに挑戦してみてください

楽しいですよ♪

 

 

さて、今回は乳歯の歯並びについてお話していきます。

 

乳歯はいつごろから生えてくるかご存知でしょうか?

 

赤ちゃんの歯は、だいたい生後6か月ぐらいから生え始め、

最初に下の前歯が生えてきます。

 

生まれてから半年経っているのに

まだ歯が生えてこない!

と心配になっているお母さんもいると思います。

 

生え始める時期や順番など個人差がありますので、

お子さんによっては8ヶ月から生え始めたり、

上の前歯から生えてくるお子さんもいらっしゃるので

まだ生えてこないと不安にならなくても大丈夫です。

 

乳歯が生えそろうのが3歳ぐらいで、

乳歯から大人の歯(永久歯)に

生え変わるのが6歳くらいになります。

 

12歳になると一番奥の歯が生えてきて

すべての大人の歯になります。

 

乳歯と乳歯の間に隙間が空いていて

歯並びが悪くなりそうで

心配という人は多いのではないでしょうか?

 

歯と歯の間にある隙間は乳歯が生えた時に

よく見られる隙間ですので安心してください。

 

大人の歯(永久歯)が生えてくるための

準備として歯と歯の間には隙間が

なければいけません。

 

逆に乳歯と乳歯の間に隙間がなく

綺麗な歯並びをしていると大人の歯(永久歯)が

生えてきた時のスペースがなくなり

ガタガタな歯並びになってしまいます。

             

 

乳歯が生えそろう3歳ころの時点で

歯並びが悪くなりそうと感じたら

一度歯医者に相談してみましょう!

             



メールマガジンバックナンバー