虫歯を放置してしまうと...?

こんにちは。歯科衛生士の岸です。

私の地元は山形で、この夏に世田谷に引っ越してきたばかりです。

よろしくお願いします。

 

私が住んでいる祖師ヶ谷大蔵駅付近には商店街や温泉があり、

いつもにぎわっています。

下町っぽくて、早速お気に入りの町になりました。                                       

 

気になる雑貨屋さんやおしゃれなカフェがたくさんあるので、

近いうちに散策に行ってみようと思います。

                                             

 

今回は虫歯を放置するとどうなってしまうのか、

虫歯の進行に沿ってご説明します。

 

まず最初の変化は、歯の表面が白く濁った色になったり、

ザラザラした感じになります。

まだ穴はあいていませんが、進行する可能性が高いので要注意です。

 

この段階ではまだ虫歯のなりかけの状態です。

これ以上進行しないように予防する事ができます。

 

当院では定期的なクリーニングや虫歯予防のフッ素塗布を

行っています。

 

フッ素には歯の質を強くする効果があります。

当院ではフッ素濃度が高い歯磨きジェルやペーストを

販売しており、とてもおすすめです。

 

虫歯のなりかけを放置してしまった場合、

歯の表面にあるエナメル質に小さな穴があきます。

痛みなど自覚症状がほとんどないので、気付かない事もあります。

 

次の段階ではエナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進んでしまい、

甘いものや冷たいものがしみるようになってきます。

 

そして歯の神経やその近くまで虫歯に侵されていきます。

この時、神経が炎症を起こしているので非常に強い痛みを感じます。

深い虫歯により、神経を抜かなければなりません。

 

放置してしまうことで虫歯が大きくなると、

小さい詰め物では補うことが難しくなり、

大きな被せ物で覆わなければいけなくなってしまいます。

 

さらに悪化してしまうと、歯の根の先に膿がたまったりと

歯の周りにも影響が出てきてしまいます。

歯を残すのが難しくなり、抜歯せざるをえなくなってしまいます。

 虫歯を放置してしまうと、このように悪化していくのです。

 

お口の中のちょっとした変化に気付き、

痛みが出る前の段階でご来院されることをおすすめします。

 

ぜひ普段の歯磨きの後に、お口の中をよく観察してみて下さいね。