これから主流? 歯のオールセラミック!

ファーストデンタルクリニックの平澤です。



先日の煙霧ご覧になりましたか? すごかったですね。



たまたま休みで多摩川沿いをジョギングしていたのですが、
すごく巨大な茶色の煙のようなものが出てきて、
それまで長袖Tシャツでは暑いぐらいの陽気だったのが
急激に寒くなりました。



煙の中は思ったよりも苦しくなく走れたのですが
怖くなりコースを変えて住宅街を走ることにしたのですが、
それでもシャワー後に耳掃除したら綿棒が真っ黒でした(笑)





今日はオールセラミックについて話します。



今までのセラミックは金属をベースに
セラミックを焼き付けるタイプが主流でした。



金属をベースにしているので十分な強度があり、
今でも良く使われる信頼できるメタルセラミックと言われる治療法です。



しかし、最近になり新しいオールセラミックが
出てきてこれにとって代わろうとしています。



オールセラミックとはその名のとおり、
全てがセラミックですが今までは強度不足のため
歯全体を被せる材料にはほとんど使用されていませんでした。



ところが新しいオールセラミックは今までと
比較してかなり強度があり、使えるようになりました。




具体的に紹介します。




Emax Press・・・製造がシンプルなため、他のセラミックと比較してリーズナブル。



ジルコニア・・・white metalと言われるぐらい強度のある白い素材である
ジルコニアをベースに、セラミックを焼き付けて完成させます。
見た目と強度ともに最高です。



オールジルコニア・・・ベース素材であるジルコニアで被せ全体を覆う、白い最強の被せもの。
見た目は白いですが透明感は無いため審美性はあまり良くない。
壊れやすい奥歯に主に使用する特殊な治療法です。