<< 今すぐ見てほしい!「歯の神経が死ぬ」恐怖  | メルマガトップへ戻る  |  治療が難しい知覚過敏の対処法とは?! >>

遺伝子検査の技術進歩がもたらした新事実

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

 

私事ですが、最近寒くて運動サボりがちです。
日本海側はまた大雪になるとか。

まだ暖かい春は遠いようです。

 

 

 


ここ数年、報道などで昔(20年以上前)の事件で
捕まった犯人の証拠が間違っており、真犯人は別にいた
などという話を聞いたことありませんか?

 

 

これらの新事実は2000年以降の遺伝子検査の技術進歩により
解明されたものです。

 

 


実は口の中の細菌も嫌気性(酸素に触れると死んでしまう)
のため培養不可能でした。

 

 

しかし遺伝子検査の技術進歩により
今までは分からなかった新たな事実がわかったのです。

 

 

たとえば心臓病の原因細菌の88%とほとんどが
口腔細菌から由来していることがわかったのです。

 

 

つまり虫歯や歯周病を放置してしまうと、
それらが消化器官や血管を通じで心臓に届きますので
全身に送られていくと考えていいでしょう。

 

 

お口の病気が心臓までに悪影響を及ぼしていることが
科学的に解明されたのです。

 

 


このような歯と全身の関係はこれ以外にも
特に話題になっています。

 

 

例えば歯科医院での栄養調査では、
歯の無い人はほとんどの栄養摂取は減少するにも関わらず、
炭水化物だけは摂取が増加するそうです。

 

 

この事は、歯がないと食べ易い炭水化物中心の食事となり
栄養が偏ってしまい健康に悪いと言えます。

 

 


消化器系の入り口である歯の病気を検診などで
未然に防ぎましょう。
 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。



メールマガジンバックナンバー