歯が折れた時の応急処置と治療方法

こんにちは。ファーストデンタルクリニック歯科衛生士の塩島です。
 
 
今回は歯が折れた時の応急処置と
治療方法についてお話ししていきます。
 
まず歯が折れた時の応急処置についてお話します。
硬いものを食べていたら歯が折れた、
スポーツや転倒してしまい歯が折れたなど
様々なケースがあると思います。
 
そのような場合、折れた歯を流水下で軽く洗い
牛乳や生理食塩水、精製水、歯の保存液、
ご自身の唾液に入れすぐに歯科医院を受診してください。
 
保存する液にもよって保存可能時間も異なります。
牛乳は約24時間、生理食塩水は約1?2時間、
精製水は約30分、歯の保存液は約48時間、
唾液は約1時間程度と言われています。
 
乾燥状態だと約30分程度になってしまいます。
お口の外の歯の保存には外傷歯を乾燥させることなく
湿潤状態に保つことが必要です。
 
また歯の保存液には歯を外傷時の状態に保つこと、
感染を防止する効果が期待できます。歯がぽろりと
抜けてしまった場合、保存液は活用できますが
折れている場合は難しいかもしれません。
 
身近にあるものとして、牛乳は応用価値が高いのですが
最も良い状態を保つためには歯の保存液が有効的です。
 
また、保存液が無い場合歯が抜けた穴や
唇の裏に入れて来院されるのも有効的です。
乾燥を防ぎ汚染させないことが大切です。
 
折れた歯は細菌が入ってしまい使えないことも
多いのでお持ちいただいても必ずしも使えるとは
限りません。
 
 
 
歯の折れ方も様々ですが起こりやすい状況の
歯の折れた場合の治療方法について説明していきます。
 
まず折れ方によって治療方法も変わってくるのですが
歯の白い部分が割れることを歯冠破折といいます。
 
歯の根っこが割れることを歯根破折といいます。
歯根破折は外から見ただけでは見えないので気付き
にくいです。
 
急に痛みが出たり歯茎が腫れたりしましたら早めに
歯科医院を受診してください。
 
 
 
では、歯が折れた時の治療方法について説明
していきます。
 
 
1つ目はスポーツや転倒して歯が折れた時の治療方法に
ついてです。スポーツや転倒して折れることを外傷と
いいます。
 
 
小さなお子さんで乳歯でしたら大人の歯に生え変わる
ので経過観察の場合もあります。
 
転倒などで歯をぶつけ乳歯の色が灰色でその歯だけ
変色している場合は歯髄壊死を起こしている可能性
があります。
 
乳歯は後から生えてくる永久歯にも影響を与えるので
早めに歯科医院を受診して下さい。
 
破折などもない歯の場合は歯科用の接着剤を使用し
隣の歯と固定します。
 
歯が欠けてしまいズキンとした痛みや歯肉の
腫れがある場合は神経まで達していることもあります
ので早めに受診して下さい。
 
その場合神経の治療になります。
神経の治療は神経をとり、歯の根っこの中を洗浄し
お薬をつめ、レントゲンで神経の状態を確認します。
痛みは神経を取らないと治まりません。
 
その後土台を立て、被せものの型を取り被せ物を
被せていきます。
 
また神経を抜いた歯は神経のある歯に比べ脆くなって
しまうので硬いものを食べて歯根が折れることも
あります。
 
その場合は歯を抜くことになってしまいます。
前歯や他の歯を抜いた場合ブリッジか
インプラント、部分入れ歯になります。
 
一番奥の歯を抜いた場合には治療法としては
インプラントになります。
 
また、前歯は歯を削りセラミックといった白い被せ物を
被せることもできます。
 
歯の神経まで露出していない歯が適応になります。
 
 
 
2つ目は虫歯が原因で歯が折れた場合です。
 
歯の折れた状態にもよりますが折れた箇所が小さい場合
にはレジンというプラスチックの樹脂を詰め光で硬化
させ形を整えていきます。
 
他には歯の折れ方が大きい場合には歯の型をとり上から
被せ物を被せることもあります。
 
また、治療中の歯を放置し
歯が弱ってしまい折れることもあります。
 
その歯が使えそうであれば神経の治療になり、
使えない場合には抜歯になります。
 
被せものが取れたと思い歯科医院に受診してみると被せ
ものの中が虫歯で歯が欠けていることもあります。
 
その場合は一度被せ物を外し、中の虫歯をとり歯の形を
整えます。その後型取りを行い被せものを被せます。
 
 
 
3つ目は歯ぎしりや食いしばりが強い場合歯が割れてし
まうこともあります。
 
歯ぎしりや食いしばりは無意識のうちにしてしまう
ものなので気づかぬうちに強い力がかかってしまいます。
 
予防方法として就寝時に付けるマウスピースがあります。
ナイトガードと言われるものですが当院では約3000
円でお作りしています。
 
 
 
4つ目は酸蝕症です。
炭酸水や胃液などでエナメル質が酸性に傾き
pH5.5以下になると脱灰が起きます。
 
そこで歯ぎしりや食いしばりが起きると歯が折れる
こともあるので注意が必要です。
 
 
 
また、定期的にクリーニングに通って頂くことで
歯周病や虫歯、レントゲンを撮る事で被せ物の中の歯が
折れているのを見つけたり早期発見に繋がりますので
定期的にご来院ください。
 
 
 
他にもこんな記事が読まれています。
 
歯の神経の秘密!それでもあなたは歯の神経を抜く?
http://www.first-dc.com/mm/mm131.htm
 
歯をぶつけた後にしみる原因は?
http://www.first-dc.com/mm/mmpost_2.htm