妊娠して歯科治療は危ない?

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

 

最近は温かい日と寒い日の差が激しいですが、
体調崩されていませんか?

 

 

来週から新人の歯科衛生士が入ってきますので、
研修プログラムを見直しています。

 

 

一人前の衛生士として活躍できるようにサポートしていく予定です。

 

 

 

 

今回は妊娠と歯科治療についてお話します。

 

 

これからお子さんをお作りになる予定の方だけでなく
、とても大切なことですので説明します。

 

 

妊娠したら気になるのが、
生まれてくる赤ちゃんに悪い影響が無いように
することですが、妊娠と歯科治療で気になるのがまず「薬」です。

 

 


歯科で多いのが「麻酔」「内服薬」が必要になる場合です。

 

 

いずれも製造メーカーの説明書には
「妊婦に対して安全性は確認されていない」
と記されています。

 

 

メーカーとしても妊婦に対する実験は出来ないのでしょう。

 

 

ではスゴイ危険かというとそうでもないようです。
激痛がある場合はこれらを使用しても良いという専門医もいます。

 

 


これ以外に、妊娠と歯科治療で問題になるのは「レントゲン」です。

 

 

これも妊娠時の安全は確認されていませんので
出来るだけ避けたほうが良いですが、
歯とお腹はかなり離れているのでリスク自体は少ないでしょう。

 

 

当院ではこれらの必要がある場合は、
受診している産婦人科の先生に確認を取ってから治療しています。

 

 

急ぎ出なければ出産まで応急処置してもらう方法もあります。

 

 


しかし万が一のことがあっては心配です。
普段からしっかり治療と予防をしておけば安心ですね。

 

 


最後までお読みいただきありがとうございます。