インプラントも虫歯になるの?

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。


今回のテーマはインプラントも虫歯になるの? についてお話していきます。

インプラント考えているが高額なインプラントにしても虫歯になってしまうのか心配な方いらっしゃると思います。

インプラントは人工の歯になるので虫歯にはなりません。


インプラントは虫歯にはなりませんが、インプラント埋入後のケアを怠るとインプラント周囲炎になる可能性があります。

自分の歯と同様にインプラントも歯垢と歯石は大敵です。

インプラントを長持ちさせるために、最低でも3ヶ月に一度の歯のクリーニングをおすすめしております。


インプラント治療が終了すると歯が蘇ったように感じると思います。

歯は被せ物で戻りますが、歯茎まで再生することはできません。

その為歯を抜いた際に歯茎が痩せているため物がやや詰まりやすいです。


汚れが溜まったままになってしまうとインプラントに悪影響です。

ホームケアでは歯間ブラシなどお使いいただきインプラントのお手入れをして下さい。


ご自身でケアが難しいところはこちらでクリーニングしていきます。

また、歯間ブラシなどの使用方法難しい方はクリーニングの時に担当の歯科衛生士にお尋ねください。

一緒に練習しましょう。

インプラントは虫歯にはならないのと、神経もありません。

そのため痛みや腫れなどの悪化の兆候が出にくく、何か症状が出てからだと手遅れになってしまいます。

少しでも早く悪化の兆候を把握するために、定期的なレントゲン検査が必要です。

当院では最初の3年間は半年に1回、それ以降は1年に1回はレントゲン検査にて悪化の兆候を調べます。



インプラントは虫歯にならないからと言ってケアを怠るとインプラント周囲炎になってしまいます。

気づいたらインプラントがぐらぐらになり抜け落ちてしまったり、インプラントから出血がとまらないなんてこともありますので定期的な健診とクリーニングが必要です。


ご自身でしっかりケアをしている方も歯ブラシだけでは取り除けない汚れなどはこちらで専用の機械でクリーニングしていきます。

ぜひインプラント治療終了後もインプラントを長持ちさせるためクリーニングに通ってみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。



【他にもこんな記事が読まれています!】

インプラントって大丈夫?

https://www.first-dc.com/mm/mm268.htm

インプラントのメンテナンス

https://www.first-dc.com/mm/mm207.htm