<< 年内が期限。医療費控除が節税に使えるかも。  | ブログトップへ戻る  |  予約状況が見れるネット予約システム >>

矯正治療の流れ。装置がつくまでに何が必要?

2021年12月20日
こんにちは。
ファーストデンタルクリニック歯科衛生士の菊地です。


今回のテーマは矯正治療の流れ。装置がつくまでに何が必要?についてです。


当院では歯科矯正治療を行っています。
当院が行っている矯正治療の流れ。装置がつくまでに何が必要?
についてお話します。


当院の場合まずは、矯正治療の無料相談を行います。

いまどのような歯並びについて悩んでいるのか、
矯正治療にどのような希望があるかなどについて、
最初に歯科衛生士がお話を伺います。

次に、歯科医が口腔内の状態を確認し、
どのような矯正治療ができるのかを患者さんに説明します。


その後、当院で作製した資料をもとにして、
歯科衛生士が更に詳しい矯正治療の流れを説明します。

この時に説明している内容は、
当院でご用意している矯正治療の種類の違いについて、
治療にかかる金額、治療期間、当院の矯正治療の特徴、
患者さんからよく聞かれる質問についての解説などです。


当院では、表側に装置を付ける唇側のブラケット矯正、
裏側に装置を付ける舌側のブラケット矯正、
マウスピースでを装着するマウスピース矯正の3つがあります。

それぞれ、金額、治療期間、メリットとデメリットが異なるので、
矯正相談の際に違いを把握して頂けると良いかと思います。



矯正相談を行い、矯正治療に理解を深めて頂き、
やはり矯正治療をしたいとご希望がある場合は、
矯正治療をはじめるために精密検査を行います。


精密検査の内容は、
歯のレントゲン撮影、顎のレントゲン撮影、
セファロと呼ばれる頭部X線規格撮影、
顔貌の写真撮影、口腔内写真の撮影、
上下の歯の模型作成の為の歯型取り、
歯周病の検査です。


セファロという言葉については
あまり耳にしたことがないのではないでしょうか。

セファロとは、一般の歯科治療の時には使わない、
矯正治療のための特別なレントゲンです。

セファロの撮影をすると、
上下の顎の骨の位置関係や、歯列の形態や位置が
詳しく分かり、分析できます。

例えば、出っ歯でお悩みの患者さんがいる場合、
歯の生え方の傾きが原因で出っ歯になっているのか、
それとも顎の骨の形が原因で出っ歯になっているのか
を分析できる、というようなものです。


他の検査についても簡単に説明します。

歯のレントゲンは、矯正治療だけでなく
一般歯科治療の時にも撮るものです。
虫歯の有無や、歯周病の状態を調べます。

顎のレントゲンは、通常のレントゲンとは異なり、
顎関節をメインに撮影します。
顎関節の状態を詳しく検査するために撮影します。

顔貌の写真撮影では、
正面と横から顔の写真を撮ります。
噛み合わせの異常、顎のゆがみ、
笑った時の歯の見え具合、顔の骨格のバランスなどを
確認するために撮影します。

口腔内写真の撮影では、
噛んだ状態で正面から撮るもの、左右から撮るもの、
口を開けた状態で上下の歯の嚙み合わせを撮るものなど、
合計7パターンの写真を撮ります。
全体の歯並びや嚙み合わせを確認するために撮影します。

上下の歯の模型は、
矯正のシュミレーション模型を作成するために採ります。
上下の歯型を採り、模型を作成し、
作った模型を外部の工場に委託して、
きれいに整った状態の歯並びの模型を作成します。
患者さんにこの模型を見て頂くことで、
矯正治療後の歯並びがイメージしやすくなります。

歯周病の検査は、
歯と歯茎の境目にある歯周ポケットと呼ばれる
部位の深さを、プローブという専用の器具で測ります。
深さが深いほど、歯周病の状態が良くありません。
矯正治療に影響が出ることもあるので、
事前に検査します。


これまで述べた様々な検査の結果を合わせて分析し、
院長が治療方法を検討します。
検討した内容は冊子にわかりやすくまとめます。

冊子の内容は、
検査で撮った口腔内写真、顔貌写真、
歯並びのシュミレーション模型の写真、
セファロ分析の分析結果、
抜歯の必要の有無についての解説、
その他矯正治療についての細かい解説、
治療装置、治療期間、治療料金の説明、
後戻り防止のための保定装置についての説明、
支払方法の説明など、詳しくまとめられています。


その後、その冊子をもとにしながら
院長と患者さんが直接お話し、
最終的な治療方針を説明します。

その説明に合意して頂けたら、
先に料金をご入金していただき、
そこから実際に矯正治療が始まる、
という矯正治療の流れです。


装置が実際に歯に付くまでの期間は、
矯正治療の方法によって少し違いがあります。


歯の表側にブラケットを付ける唇側矯正治療では、
ブラケット当院に常備されているので、
すぐに矯正治療を開始できます。

歯の裏側にブラケットを付ける舌側矯正治療と、
マウスピース矯正治療の場合は、
海外にある工場に患者さんの歯型の模型を送り、
そこから矯正装置の作製が始まります。

装置の作製に時間がかかるのと、
海外からの輸送にも時間がかかるので、
実際に矯正治療を開始できるまで期間があきます。



矯正治療の流れ。装置がつくまでに何が必要?について
今回は色々お話しました。

当院では、突然矯正治療が開始するわけではなく、
様々な説明や検査を事前に行っています。

矯正治療の流れについて
不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、
矯正の無料相談も行っていますので、
気になる方はお気軽にご予約下さい。



他にはこんな記事が読まれています


矯正しても後戻りしてしまうのでは?
https://www.first-dc.com/mm/mm232.htm

矯正の痛みってどのくらい?
https://www.first-dc.com/mm/mm271.htm

子供と大人の矯正の違いって?
https://www.first-dc.com/mm/mm242.htm
 

最新記事

インビザラインのジャパンフォーラム2022
接着ブリッジの衰退
まぎらわしい?取扱の無い治療を比較説明します。
刑事さんが来ました。。。
【休診・特別診療情報】
オンライン矯正シンポジウムに参加
矯正治療何歳からできる?
歯のクリーニング頻度はどれくらい?
マイナンバーカードが保険証として使えます
歯を抜いたらインプラントになるの?
予約状況が見れるネット予約システム
矯正治療の流れ。装置がつくまでに何が必要?
年内が期限。医療費控除が節税に使えるかも。
予約通知メール送りますのでメルアド登録を!
年内間に合う?歯の大掃除クリーニングとその効果

カテゴリー

セラミック (30)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (209)
矯正歯科 (33)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ