金属床+軟性裏層が完成

R0012244.JPG

 年内ラストとなる今日。

ギリギリではありましたが、何とか年内に入れ歯が完成しました。

 

 この方は入れ歯を作るのは2回目なのですが、

1回目の入れ歯作成後に長期入院され、劇やせされました。

 

そのため歯茎も大きく痩せてしまわれたので、

入れ歯がどうにも合わなくなってしまったのです。

 

 今回は上には金属床の入れ歯で薄く快適使えるように、

下に軟性裏層をして痛みを出にくくしました。

 

軟性裏層は後から調整しやすいアクリルタイプです。

これでお正月を楽しく食事して欲しいものです。

 

 

ハイブリッドクラウン装着

R0012228.JPG 





セラミック20本完成しました。

R0012155.JPG

奥歯のイン プラントは時間がかかるため

まずは前歯を中心とした20本のセラミックが完成しました。

 

20本となると仮歯を外すだけでも大変です。

接着剤をキレイに歯から取りきるだけでも20分はかかります。

 

仕事はそこから始まるので終わった頃には結構疲れます。

 

最後に患者さんから

「キレイになりましたねー。先生にお願いしてよかった。

奥歯のイン プラントも楽しみです」

と言われ、ホッとしました。

 

通院をやめてしまいました

{質問}

 45歳の社会人です。

昨年歯が抜けて歯周病だと気づきました。

近所の歯科医に行った所、他にも悪い歯があるのでとその場で一本抜かれました。

その後、入れ歯を入れ調整している間にまた悪い歯ができ

また抜くを数回繰り返し7本ぐらい失いました。

 

その治療法に疑問を感じ9月ぐらいに通院をやめてしまいました。

2週間まえ上前歯が抜け、どうしようか悩んでいます。

また費用がどのくらいかかるか、それも不安です。

 

 

{回答}

実際に見たわけではありませんが、

お話を聞く限り歯周病がかなり進んでいると思われます。

 

ですが、恐らくその点が疑問に感じているのではなく

治療の段取りが良くなかったのではないかと思います。

 

検査をしてもらって現状をしっかり認識してから治療開始したの

ではなく、開始してから分かったのではないでしょうか?

 

しかし、もし初めから何本も抜くようになると説明を受けたら

ひるんでしまい、治療すら受けずに

もっと悪くなっていたのかもしれません。

 

結果としてどちらが良いのかは分かりませんが

いずれにしろ放置せずにしっかり治療を受けることをお勧めします。

 

最新記事

金属床+軟性裏層が完成
ハイブリッドクラウン装着
セラミック20本完成しました。
通院をやめてしまいました

カテゴリー

セラミック (29)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (182)
矯正歯科 (29)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)

アーカイブ

2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (4)
2020年4月 (2)
2020年3月 (5)
2020年2月 (2)
2020年1月 (1)
2019年12月 (1)
2019年10月 (4)
2019年9月 (2)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年6月 (3)
2019年4月 (1)
2019年2月 (4)
2019年1月 (2)
2018年11月 (3)
2018年10月 (1)
2018年9月 (2)
2018年8月 (1)
2018年7月 (4)
2018年6月 (2)
2018年5月 (1)
2018年4月 (1)
2018年3月 (3)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (1)
2017年11月 (3)
2017年9月 (3)
2017年7月 (2)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (2)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (2)
2016年12月 (1)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (4)
2016年6月 (2)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年2月 (1)
2015年12月 (1)
2015年11月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (3)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (2)
2015年5月 (1)
2015年4月 (2)
2015年3月 (1)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (3)
2014年11月 (1)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (2)
2014年7月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (3)
2013年9月 (5)
2013年8月 (3)
2013年7月 (2)
2013年6月 (3)
2013年5月 (2)
2013年4月 (1)
2013年3月 (6)
2013年2月 (3)
2012年12月 (4)
2012年11月 (2)
2012年10月 (5)
2012年9月 (2)
2012年8月 (3)
2012年7月 (2)
2012年5月 (3)
2012年4月 (1)
2012年3月 (3)
2012年2月 (3)
2012年1月 (2)
2011年12月 (2)
2011年11月 (4)
2011年10月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (2)
2011年7月 (1)
2011年5月 (2)
2011年3月 (5)
2011年2月 (1)
2011年1月 (2)
2010年12月 (2)
2010年11月 (1)
2010年10月 (4)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (6)
2010年6月 (1)
2010年5月 (1)
2010年4月 (2)
2010年3月 (2)
2010年2月 (1)
2010年1月 (3)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (1)
2009年9月 (2)
2009年8月 (1)
2009年4月 (1)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (3)
2008年11月 (3)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (1)
2008年7月 (2)
2008年6月 (4)
2008年5月 (1)
2008年4月 (4)
2008年3月 (1)
2008年2月 (4)
2008年1月 (2)
2007年12月 (2)
2007年11月 (3)
2007年9月 (2)
2007年7月 (1)
2007年5月 (1)
2007年3月 (2)
2006年9月 (2)
2006年8月 (1)
2006年6月 (1)
2006年5月 (2)
2006年4月 (2)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年10月 (3)
2005年9月 (2)
2005年8月 (4)
2005年7月 (6)
2005年6月 (1)
2005年4月 (2)
2005年2月 (4)
  • ドクターブログ