深い事情

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

普段治療しているといろいろな患者さんに合います。

 

特に気をつけているのが、初めての患者さん。

 

どのような方かはもちろん分からないし、

希望なども大雑把にしか分からない。

 

しかし、現実にはそういう方に限って難しい場合に遭遇する。

正直に病状を説明して、難しいことも説明する。

 

難しいとはしっかり治療しても良い結果が得られにくいことが

分かっている治療ということです。

 

患者さんからしても始めての歯医者から

いきなり難しいといわれても印象が良くないでしょう。

それを言わないといけないこちらも心苦しいのです。

 

ですから毎日、良い患者さんにめぐり合える様に祈っています。

歯科衛生士の魅力

R0011767.JPG 

 

 

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

最近、ある方から聞くところによると

就職難で有名大学でもわざと卒業論文を提出せずに留年をして

就職浪人を避け、来年の就職活動にかける大学生が増えているとの事。

 

学生いわく「就職浪人より新卒なので断然良い」との事。

経営者でもある私は「本当かな?」と思います。

 

きっと優秀な方なのだと思うが、学力以前に

どのような方向に進むかが大切だと感じます。

 

その点、

歯科衛生士は平均求人倍率10倍以上。

東京都の歯科医院における平均歯科衛生士数は約0.4人。

 

となっておりとても就職は学生有利です。

 

特に夜間でも昼間でも3年で取得できる資格なので

働きながら夜間で歯科衛生士の資格を取るので良いのではと

思います。

 

確かにITやアパレルなどと違いオシャレな仕事とは

言いにくいですが、そういった部分にこそ

景気や流行に左右されない有利な仕事ってあると思います。

 

当院では2人の歯科衛生士が頑張ってくれています。

興味のある方には学校の紹介などもしています。

  

歯科ルーペを使ってみた。

R0011720.JPG

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

歯科用のルーペを使って見ました。

 

以前から良く見えるなら、事あるごとに試しています。

今まで駄目だった理由として眼鏡と干渉することです。

 

今回眼鏡と全く干渉しないタイプを見つけたので

試してみました。

 

今までの問題点はなくその点は素晴らしいです。

しかしまたもや買う気になれませんでした。

 

というか無いほうか良く見える!!

 

とても歯を削るまでには至りませんでした。

 

このタイプとしては高倍率の3.5倍ですが、、、

作業距離と焦点深度を考えるとこれ以上倍率を上げていいものか??

 

まだまだ老眼には遠いようです。

最新記事

深い事情
歯科衛生士の魅力
歯科ルーペを使ってみた。

カテゴリー

セラミック (29)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (182)
矯正歯科 (29)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)

アーカイブ

2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (4)
2020年4月 (2)
2020年3月 (5)
2020年2月 (2)
2020年1月 (1)
2019年12月 (1)
2019年10月 (4)
2019年9月 (2)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年6月 (3)
2019年4月 (1)
2019年2月 (4)
2019年1月 (2)
2018年11月 (3)
2018年10月 (1)
2018年9月 (2)
2018年8月 (1)
2018年7月 (4)
2018年6月 (2)
2018年5月 (1)
2018年4月 (1)
2018年3月 (3)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (1)
2017年11月 (3)
2017年9月 (3)
2017年7月 (2)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (2)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (2)
2016年12月 (1)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (4)
2016年6月 (2)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年2月 (1)
2015年12月 (1)
2015年11月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (3)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (2)
2015年5月 (1)
2015年4月 (2)
2015年3月 (1)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (3)
2014年11月 (1)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (2)
2014年7月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (3)
2013年9月 (5)
2013年8月 (3)
2013年7月 (2)
2013年6月 (3)
2013年5月 (2)
2013年4月 (1)
2013年3月 (6)
2013年2月 (3)
2012年12月 (4)
2012年11月 (2)
2012年10月 (5)
2012年9月 (2)
2012年8月 (3)
2012年7月 (2)
2012年5月 (3)
2012年4月 (1)
2012年3月 (3)
2012年2月 (3)
2012年1月 (2)
2011年12月 (2)
2011年11月 (4)
2011年10月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (2)
2011年7月 (1)
2011年5月 (2)
2011年3月 (5)
2011年2月 (1)
2011年1月 (2)
2010年12月 (2)
2010年11月 (1)
2010年10月 (4)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (6)
2010年6月 (1)
2010年5月 (1)
2010年4月 (2)
2010年3月 (2)
2010年2月 (1)
2010年1月 (3)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (1)
2009年9月 (2)
2009年8月 (1)
2009年4月 (1)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (3)
2008年11月 (3)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (1)
2008年7月 (2)
2008年6月 (4)
2008年5月 (1)
2008年4月 (4)
2008年3月 (1)
2008年2月 (4)
2008年1月 (2)
2007年12月 (2)
2007年11月 (3)
2007年9月 (2)
2007年7月 (1)
2007年5月 (1)
2007年3月 (2)
2006年9月 (2)
2006年8月 (1)
2006年6月 (1)
2006年5月 (2)
2006年4月 (2)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年10月 (3)
2005年9月 (2)
2005年8月 (4)
2005年7月 (6)
2005年6月 (1)
2005年4月 (2)
2005年2月 (4)
  • ドクターブログ