噛み合わせセミナー

11e34f60.JPG

 土曜日の診療後すぐに千葉の会場にて、1泊の噛み合わせのセミナーを受講してきました。5月から5連続の4回目です。

 会場にて実際に治療受けている柔道の江種選手に会いました。江種選手は柔道の60キロ級の日本代表選手で、再来週行くカイロの世界柔道選手権に向けて噛み合わせの最終調整に来ていました。

 スポーツの世界では噛み合わせが脚光を浴びていて、陸上のスズキ自動車にはチームドクターはいないが、チームデンティストはいるとか。詳しくはこちらをご覧ください。

 どんな種目でも有効と思いますが、特に瞬発力が必要とされる種目でしたら効果が早くわかりやすいと思われます。当院にも元オリンピック代表のトップアスリートが来られるので、よい噛み合わせで更なる活躍して欲しいと願っています。

 写真はセミナー後の懇親会でくつろぐ江種選手と総合格闘技・SKアブソリュートの石毛大蔵選手です。 

知覚過敏も噛み合わせで

d6960f9f.JPG
 歯がしみる、そんなとき虫歯でなければ知覚過敏の可能性が多いと思います。
 
 知覚過敏の治療となると、薬を塗る、つめるなどが一般的です。これに新しく噛み合わせを良くするという方法が、数年前から加わりました。ただ、歯を削るということは抵抗がある来院者の方が多いです。
 
 そのため、知覚過敏の治療法として噛み合わせを調整する為に削るということをしている歯科医は少ないのが現状です。
 
 ところが最近の私の結論としては、やはりほとんど全てのケースで噛み合わせが原因しているのではと思うようになりました。
 
 
 簡単に説明すると、しみる原因は噛み合わせが悪いために歯が揺さぶられるからなんです。その為に歯の弱い部分、つまり根元の部分がしみるようになるというメカニズムです。恐らく、噛み合わせを良くするだけでしみていた歯の弱い部分が楽になる、元に戻るのではと推測しています。
 
 写真は来院者様から頂いたお中元です。
 

ドイツ製咬合器購入

69727b11.JPG
 ドイツのカボ社製の咬合器を購入しました。
 
 確かに良くできているのですが、国産品に比較すると3倍以上高価なので散々悩みましたが、今後の為と思い切って購入したのです。
 
 この咬合器によって、お口の噛み合わせの状態などを精密診断できるようになりました。まずはと自分の噛み合わせをセットしました。いろいろ、試す予定です。

検証?増加する永久歯がない子供たち

033cef09.JPG
 たまたまテレビを見ていたら「検証?増加する永久歯がない子供たち」という特集をしていました。詳しくはホームページに追加コーナーを設けましたので、見逃した方はご覧下さい。
 
 わたしも最近の子供たちに永久歯が生えてこないケースが増加しているので、このブログに書き込もうかなーって思っていたところなんです。
 
 最近私はテレビの接続をビデオしか見れないようにしていたのに、たまたま今日に限って接続を戻した時にこのような特集を放送してました。これってシンクロニシティ? 
 

最新記事

噛み合わせセミナー
知覚過敏も噛み合わせで
ドイツ製咬合器購入
検証?増加する永久歯がない子供たち

カテゴリー

セラミック (29)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (182)
矯正歯科 (29)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)

アーカイブ

2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (4)
2020年4月 (2)
2020年3月 (5)
2020年2月 (2)
2020年1月 (1)
2019年12月 (1)
2019年10月 (4)
2019年9月 (2)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年6月 (3)
2019年4月 (1)
2019年2月 (4)
2019年1月 (2)
2018年11月 (3)
2018年10月 (1)
2018年9月 (2)
2018年8月 (1)
2018年7月 (4)
2018年6月 (2)
2018年5月 (1)
2018年4月 (1)
2018年3月 (3)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (1)
2017年11月 (3)
2017年9月 (3)
2017年7月 (2)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (2)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (2)
2016年12月 (1)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (4)
2016年6月 (2)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年2月 (1)
2015年12月 (1)
2015年11月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (3)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (2)
2015年5月 (1)
2015年4月 (2)
2015年3月 (1)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (3)
2014年11月 (1)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (2)
2014年7月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (3)
2013年9月 (5)
2013年8月 (3)
2013年7月 (2)
2013年6月 (3)
2013年5月 (2)
2013年4月 (1)
2013年3月 (6)
2013年2月 (3)
2012年12月 (4)
2012年11月 (2)
2012年10月 (5)
2012年9月 (2)
2012年8月 (3)
2012年7月 (2)
2012年5月 (3)
2012年4月 (1)
2012年3月 (3)
2012年2月 (3)
2012年1月 (2)
2011年12月 (2)
2011年11月 (4)
2011年10月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (2)
2011年7月 (1)
2011年5月 (2)
2011年3月 (5)
2011年2月 (1)
2011年1月 (2)
2010年12月 (2)
2010年11月 (1)
2010年10月 (4)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (6)
2010年6月 (1)
2010年5月 (1)
2010年4月 (2)
2010年3月 (2)
2010年2月 (1)
2010年1月 (3)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (1)
2009年9月 (2)
2009年8月 (1)
2009年4月 (1)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (3)
2008年11月 (3)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (1)
2008年7月 (2)
2008年6月 (4)
2008年5月 (1)
2008年4月 (4)
2008年3月 (1)
2008年2月 (4)
2008年1月 (2)
2007年12月 (2)
2007年11月 (3)
2007年9月 (2)
2007年7月 (1)
2007年5月 (1)
2007年3月 (2)
2006年9月 (2)
2006年8月 (1)
2006年6月 (1)
2006年5月 (2)
2006年4月 (2)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年10月 (3)
2005年9月 (2)
2005年8月 (4)
2005年7月 (6)
2005年6月 (1)
2005年4月 (2)
2005年2月 (4)
  • ドクターブログ