抜けた歯を放置するとどうなる

今回のテーマは、

「抜けた歯を放置するとどうなるか」です。

 

大きな虫歯で歯が痛む。

歯の根にヒビが入り噛むと痛む。

歯周病で歯がぐらぐらして痛む。

 

など、さまざまな原因がありますが、

その歯をもう保存できないと診断した場合、

歯を抜く必要があります。

 

歯を抜き、わずらわしさから解放され、

つい抜けた歯を放置してしまう方が

まれにいらっしゃいます。


 

しかし、抜けた歯を放置すると

皆さんが意外と知らない

たくさんの弊害が起こります。

 

抜けた歯を放置するとどうなるか

説明していきます。



 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その1。

抜けた歯と噛み合っていた歯が伸びて出てきます。

専門用語で「歯の挺出」といいます。

 

抜けた歯を放置すると、その反対側の噛みあっていた歯が

バランスを崩して反対側の方向に伸びてきます。

 

歯自体が伸びる訳ではなく、歯を支えている歯槽骨の中に

埋まっている部分が露出してしまうのです。

 

この場合、もし歯を抜いた部分に後々補綴をする時に

反対側の伸びてきた歯が障害となり、スペースが狭くなるので、

治療が難しくなります。

 

伸びてきた歯を削って短くしたり、

場合によっては神経を取って高さを低くする場合もあります。


 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その2。

抜けた歯の両隣の歯が、歯がない側に倒れて傾く。

専門用語で「歯の傾斜」と言います。

 

口腔内は互いの歯が支えあって

その場に歯を維持しています。

 

しかし、抜けた歯を放置すると、

支える歯が無くなってしまうため、

歯を抜いて空いたスペースに向けて

歯が倒れてしまいます。

 

空いたスペースが狭くなると、

前述の「歯の挺出」と同じように、

後々治療する場合に

補綴治療が難しくなってしまいます。

 

場合によっては歯科矯正治療をして

スペースを作らなければいけない場合もあります。


 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その3。

噛み合わせのバランスが崩れる。

 

抜けた歯を放置していると、

抜けた歯の反対側をどうしても使いがちになるため、

噛み合わせのバランスが崩れます。

これが顎関節症の原因になる場合もあります。

 

また、反対側だけを使うことにより、

そこに負担がかかり、歯を痛めやすくなるので、

歯が欠けたり、歯が折れたりすることにも繋がります。


 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その4。

歯を支えている歯槽骨が減り、歯茎が下がる。

 

歯茎の下にある、歯を支えている歯槽骨は、

噛んで歯に適度に力がかかると活性化されるという

性質があります。

 

歯が正しく並び、正しい適度な力がかかっていると、

歯槽骨も維持されますが、

抜けた歯をそのままにしていると、

機能しなくなり、徐々に骨量が減っていきます。


 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その5。

見た目が悪くなる。

 

抜けた歯を放置すると、見た目が良くないので

見た目の印象が悪くなります。

 

特に女性の方、仕事などで人前に出る

機会の多い方は特に見た目が気になる

のではないでしょうか。

 

抜けた歯を放置して見た目が気になる場合、

大きな口を開けて笑えなかったり、

うまくコミュニケーションが取れなかったり

することもあるようです。

 

また、抜けた歯を放置すると、

顔の輪郭が変化することもあります。

 

奥歯を失うと、頬が内側に寄ってくるので、

頬がこけて見える原因になります。

前歯の場合は口元に皺が寄ってきます。

 

抜けた歯を放置すると、

老けたような印象を与えやすいとも言えます。


 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その6。

しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる。

 

歯が無くなり、噛み合わせのバランスが崩れると、

食物をうまく咀嚼できなくなり、

消化しにくい状態で食物が胃腸に運ばれるので、

胃や腸への負担が大きくなってしまいます。

 

また、咀嚼回数が多ければ多いほど、

唾液の分泌量も増えます。

抜けた歯を放置し、

食べ物をうまく噛めず咀嚼できないということは、

唾液の分泌量も減ってしまうということです。

 

唾液には自浄作用という

口の中の汚れを洗い流す作用もあります。

自浄作用が働きにくくなると、

プラークがより溜まりやすくなり、

虫歯や歯周病にもなりやすくなります。


 

抜けた歯を放置するとどうなるか、その7。

脳への刺激が減少する。

 

良く噛むことで、脳の血流が良くなり、

神経回路を通じて脳に刺激がよく届くようになります。

 

直接的な因果関係はまだ

はっきりしていないそうですが、

歯の残存数が20本以上ある方と、

抜けた歯を放置したままの方の

認知症のリスクは、1.9倍も違うという

研究結果もあるようです。


 

抜けた歯を放置するとどうなるかについて

いくつか説明してきましたが、

もし抜けた歯を放置している場合、

インプラント治療や、ブリッジ治療で

抜けた歯を放置しているところを

補うことができます。

 

詳しい治療方法が知りたい方は、

一度相談にいらして下さい。



 

このような記事も読まれています。

 

痛み無く抜ける歯!?歯周病 治療とは

http://www.first-dc.com/mm/mm133.htm

 

歯周病で歯が抜ける! 

http://www.first-dc.com/mm/mm267.htm

 

歯が揺れるときはどうすれば良いか? 

http://www.first-dc.com/mm/mmhagayureru.htm