前歯のひびを見つけた時に確認すべき事

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。

 

今回は前歯のひびを見つけた時に確認すべき事をテーマにお話していきます。

 

誰もが鏡をみたら前歯にひびをみつけたら驚くと思います。

確認してほしいことは

1、痛みがあるか

2、歯のひびだけなのか欠けているのか

3、歯の色は他の歯と同じなのか

 

歯のひびをみつけたらこの3つを確認してみて下さい。

 

歯のひびの症状について詳しくお話していきます。

1の歯にひびをみつけて痛みがある場合考えられること

・歯のひびが神経までいっている

・虫歯が進行している

この場合2つかんがえられます。

 

歯のひびが神経までいっていると神経をとる治療が必要です。

神経治療を行う場合回数がかかります。

被せ物を被せて歯が使えますので途中で断念せず通い続けましょう。

 

歯の根までひびがはいっていた場合は残念ながら抜歯の可能性が高いです。

 

虫歯が進行して歯にひびがあり痛みがある場合も神経の治療を行うことがあります。

虫歯のおおきさによっては虫歯を取り除き被せ物を被せる治療で終わることもありますよ。

 

歯にひびだけでなく欠けている場合に考えられることは

・虫歯で欠けた

・治療途中

・はぎしりで欠けた

この3つが考えられます。

 

前歯のひびで欠けてしまった場合

前歯の裏側から気が付かないうちに虫歯が進行していることがあります。

虫歯が進行し歯がスカスカになってしまい歯にひびができ欠けます。

治療法は痛みがでた場合と同じで神経治療になります。

 

治療途中の歯は歯がもろくなっています。

特に神経の治療の途中の場合はひびができやすいです。

治療途中でそのままにしてしまうと歯にひびができ欠けてしまいます。

 

神経の治療は長いですが被せ物を被せて歯が使えるので抜歯になる前に

最後まで治療に通いましょう。

 

次に歯ぎしりでひびができてしまった方についてです。

歯ぎしりをするのか自分ではなかなかわからないと思います。

歯ぎしりは夜寝ている間にすることが多いです。

家族や一緒に住んでいる方に歯ぎしりをしているのか確認してみて下さい。

 

歯ぎしりにも種類があります。

・カチカチ音をたてる

・歯をこすり合わせてギリギリ

・音はなくグーと食いしばる

などありますが、どの歯ぎしりも歯のひびができる原因です。

音がない歯ぎしりの場合周りの人も気が付かないです。

朝起きた時に顎が疲れていないか自分でも確認してみて下さい。

 

歯ぎしりをする方は歯に負担がかかり、歯が削れたり、

歯にひびができ欠けてしまうことがあります。

 

歯のひびや欠けてしまうのを予防するために

歯ぎしり用のマウスピースを作るのをおすすめします。

当医院で歯型をとり、1週間くらいでできますよ。

歯ぎしり用のマウスピースは保険適応になります!!

 

次にひびがある歯と他の歯と色が違う場合について説明していきます。

ひびがある歯がグレーっぽい色をしていたら

歯の神経が死んでしまっている可能性があります。

 

過去に前歯を強くぶつけたことがある方は要注意です。

強い刺激で気づかない歯のひびや

神経が少しずつ死んでしまっている可能性があります。

 

ひびがあり歯の色が他の歯と違う場合は早めに歯科医院に行きましょう。

 

 

歯のひびの確認が早ければ歯を残すための治療法があります

歯のひびを見つけたら症状がなくても歯科医院に行き診察してもらいましょう。

 

 

他にもこんな記事が読まれています!

 

歯が激痛で寝れない時の原因はコレ

 

歯の表面に穴が空いた時は?

 

歯がしみる時にまず確認すべき事