歯の食いしばりの原因と対策

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。

本日も診療頑張っています。

 

今回は歯の食いしばりの原因と対策をテーマにお話して

いきたいと思います。

 

朝起きた時に顎が疲れていることありませんか?

 

歯の食いしばりは、寝ている間や集中しているときなど

自然に食いしばっていることがよくあります。

 

食いしばりの原因からお話していきます。

考えられるのはストレスと歯並びや噛み合わせが悪いこ

とが食いしばりの原因です。

 

自分が食いしばりをしているのか確認方法があります。

・朝起きた時顎が疲れている

・口を開けた時内頬の横に白い線がある

・舌の先が凸凹している

・口を閉じている時上下の歯を噛んでいる

 

1つでも当てはまる方は、食いしばりをしている可能性

が高いです。

 

食いしばりは歯ぎしりのように音がしないので自分がし

ているのかチェックしてみて下さい。

 

食いしばりをしていることによって悪影響になることが

いくつかあります。

 

1、歯が削れたり、割れてしまう。

食いしばりで歯に力がかかると根本の歯が割れてしまい

ます。

割れるだけでなく神経に近いので冷たいものや歯を磨い

た時などピリッとしみて知覚過敏になってしまいます。

日常生活で知覚過敏がひどい場合は歯の神経をとる場合

もあります。




 

2、歯がぐらつく

食いしばりをすることによって歯に負担がかかります。

特に歯周病の方は歯のぐらつきが大きくなることがあり、

歯周病を悪化させてしまう可能性もあります。




 

3、骨隆起ができる

食いしばりで強い圧がかかると顎の骨が厚く膨らんでコ

ブのようなものができます。それを骨隆起といいます。

骨隆起自体は悪いものではないです。

しかし、歯が何本か抜けてしまい入れ歯を使用しなけれ

ばいけない時に骨隆起が邪魔をして入れ歯が合わないな

んてこともあります。

食いしばりで骨隆起が大きくなってしまうと発音がわる

くなってしまうこともあります。

痛みや、日常生活に支障がある場合は歯科医院で一度診

てもらいましょう。

食いしばりで骨隆起ができてもなにも違和感がなければ

そのままでも心配ありません。




 

食いしばりでいくつか悪影響が考えられるので次に対策

についてお話していきます。

 

食いしばりの大きな原因はストレスです。

ストレスを無くすことは難しいことだと思います。

自分なりのストレス発散方法を見つけてみて下さい。

 

食いしばりをしないよう心掛けてもらうだけで食いしば

りを少し軽減できます。

更に寝る前に食いしばりしないようにしようと暗示して

もらうことでも軽減できるようです。

 

食いしばりがあまり軽減しない方は寝る時にマウスピー

スの使用をおすすめします。

 

マウスピースを付ければ食いしばりが治るわけではあり

ません。

 

食いしばりをすることによっての悪影響を防げます。

 

当医院では、歯ぎしりや食いしばり用のマウスピースを

保険適用して作ることができます。

 

歯の型取りをしてから1週間後にはマウスピースができ

ます。

 

マウスピースは、歯ぎしりや食いしばりによって歯が削

れたり割れたりするのを守ります。

 

歯ぎしり食いしばりがひどい方はマウスピースに穴があ

きます。

食いしばりで歯が削れるのではなく、マウスピースが削

れて歯が守られたと思って頂ければと思います。

 

穴があいたマウスピースは食いしばり予防に意味が無く

なってしまうので穴があいたらすぐに作り直しをしまし

ょう。

 

まれに、寝る時にマウスピースをすることによって眠れ

なくなってしまう方もいらっしゃいますので無理なく使

って頂ければと思います。

 

食いしばりの原因のもう一つは、噛み合わせや歯並びで

す。

被せ物の噛み合わせが合っていなかったりする場合も食

いしばりの原因になります。

 

噛み合わせの調整は被せてからもできますので気軽にご

相談下さい。

 

また、歯並びが悪く食いしばりの原因になっている方は

すぐには原因の解決は難しいかもしれません。

 

歯並びが悪い場合は矯正治療が必要です。

当医院では矯正の無料相談を行っています。

矯正治療について詳しく歯科衛生士の方から説明します。

その後医院長が歯並びを確認し、簡単な診断を行います。

 

興味がある方はご連絡下さい。

 

食いしばりの対策では、食いしばりをしないようにしよ

うと暗示することは今日から行えますのでぜひ始めてみ

て下さい。

 

また、マウスピースを作りたい方も歯のクリーニングの

時に歯の型取り一緒にできますので気軽に相談してみて

下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。



【他にもこんな記事が読まれています!】

意外と知らない?歯のくいしばりについて。

http://www.first-dc.com/mm/mm296.htm

 

歯のエナメル質とは?回復・修復方法

http://www.first-dc.com/mm/mmhanoenamel.htm

 

知覚過敏とは?

http://www.first-dc.com/mm/mm317.htm