<< フロスの選び方・使用方法  | メルマガトップへ戻る  |  歯茎の検査で何が分かるの? >>

矯正治療費の総額は?

こんにちは。歯科衛生士の菊地です。

今日も診療頑張っています。

 

最近、簡単で美味しいおかずレシピはないかと調べているのですが、

クックパッドで無限ピーマンというレシピを見つけました。

 

ピーマン5個の種を取り適当に切って、

耐熱皿にピーマン、鶏がらスープの素、ごま油、シーチキン

を入れレンジで加熱するだけでご飯が何杯でもすすむ

無限ピーマンが出来上がります。笑

 

皆さんも簡単にできるおかずがあればぜひ教えて下さい!

 

 

さて今回は、矯正治療の費用についてご説明していきます。

 

当院の矯正装置は、表側、裏側、マウスピースと3種類ございます。

 

表側の矯正装置は、一番歯の動きが早く

治療期間が短めとなっています。

目立ちにくい透明の装置を使用していますが

表側に装置が付いているため気になる場合もあります。

装置の費用は80万円+税金です。

 

 

裏側の矯正装置は、歯の裏側に装置が付いているため

お口を閉じた時に目立ちません。

治療期間は少し長めで製作に2ヶ月かかります。

歯の裏に装置が付いているため発音にやや影響が出る場合があります。

装置の費用は上下裏側の場合120万円+税金です。

 

裏側の矯正装置は、上を裏側、下は表側と組み合わせることが可能です。

少し費用を抑えることができまして装置の費用は100万円+税金です。

 

マウスピース矯正は、取り外し可能な矯正装置です。

装置が透明でほとんど目立ちません。

歯磨きとお食事の時以外は毎日22時間装着して頂きます。

装置を途中で中断してしまうと再製に追加料金が発生する場合があります。

装置の費用は100万円+税金です。

 

 

また矯正を始める前に必ず精密検査をして頂きます。

精密検査の費用は5万円弱です。

 

今キャンペーン中でして3万円弱で

行っていますので矯正治療を始めたい方今のうちです!

 

 

矯正治療を開始してからかかる費用が調整料です。

こちらは治療の初めから終わりまで月に1回

調整に来ていただいた時にかかる費用です。

調整料は5000円+税金です。

 

 

矯正治療の総額は装置の費用、精密検査の費用、月に一度の調整料が

治療の初めから終わりまでのご料金となります。

 

詳しい資料もございますので興味がある方

無料矯正相談も行っておりますので一度当院にいらしてみて下さい。

 

【よく読まれている関連した記事】 

治療費が帰ってくる!?  

気になるところだけ矯正したい  

差し歯の費用について  

矯正装置の種類について   

歯並びが悪くなる原因



メールマガジンバックナンバー