<< 短期間で終える矯正治療方法  | メルマガトップへ戻る  |  矯正って何歳でも可能なの? >>

入れ歯とブリッジについて

こんにちは。歯科衛生士の菊地です。

今日も診療頑張っています。

 

私は、美味しいものを食べに行くのが

大好きなのですが、

 

この間牛カツを求めて

新宿に行ってきました。

 

SNSを見ていると1時間?2時間

待つのは当たり前とのことで

行く前から覚悟はしていたのですが

案の定、行列…。笑

 

結局1時間半並びましたがレアな牛肉がすごく美味しくて

行列が出来る理由がわかりました。

 

みなさんも機会があれば

ぜひ食べてみてください!

 

 

さて、今日は入れ歯とブリッジについて

説明していきます。

 

入れ歯は歯のない箇所に合わせて作った入れ歯に

バネをつけ、健康な歯にかけて使用します。

 

皆さんが気にされる見た目ですが、

保険の入れ歯だと歯にかけるバネが

目立つ場合があります。

 

自費の入れ歯だとバネがないものや

バネが内蔵されているものがあるので

見た目は改善されます。

 

また保険の入れ歯だと厚みがあり

堅い食べ物やパンなどが噛みづらいです。

自費の金属床義歯であれば

噛み心地は改善されてきます。

 

バネを掛ける天然歯に負担がかかり、

ぐらついてくるなど周りの歯が

痛みやすくなる場合があります。

 

 

入れ歯は手軽ですが、歯がないところの骨が

痩せてきて入れ歯が合わなくなってきます。

 

精密に製作しても痛みが取れなかったり

違和感が強かったりと

成功率の低い治療方法になります。

 

 

 

ブリッジは歯がない両隣の歯を削り

橋渡しするように被せる治療法です。

 

見た目は保険のブリッジは銀歯のみなので

目立ちますが、自費の白いセラミックの歯

であれば見た目が綺麗になります。

 

 

装着直後は違和感がありますが

慣れてくると食感や味覚などは良好です。

 

歯がないところを支えるために

健康な歯でも両側の歯を削る必要があります。

 

削った歯が痛むようであれば

神経の治療も必要となります。

 

 

ブリッジは治療期間も短く、保険ならば安価に

自費なら見た目を白く作れます。

しかし、歯のない両隣の歯を削る必要があるので

周りの歯への影響が大きい治療法です。

 

 

入れ歯とブリッジについて説明していきましたが、

他にも歯がない箇所の治療法としてインプラントも

ございますので気になる方は当院にいらしてみてください。

 

 

 

ブリッジのきちんとしたケア方法

http://www.first-dc.com/mm/mm162.htm

 

歯が無くなった時の治療法

http://www.first-dc.com/mm/mm199.htm

 

歯のブリッジとは?

http://www.first-dc.com/mm/mm220.htm

 

ブリッジの保険と自費

http://www.first-dc.com/mm/mm108.htm

 

スマイルデンチャーって使える?

http://www.first-dc.com/mm/mm195.htm



メールマガジンバックナンバー