奥歯の上手な磨き方

こんにちは。歯科衛生士の菊地です。今日も歯科治療頑張ってます。

 

この前、地元の秋田から両親が東京に

遊びに来てくれました。

 

兄も東京に住んでいるので、正月ぶりに

家族4人で集まることができました。

 

両親がバスツアーを予約してくれたので

行ってきましたが、浜離宮公園や目黒雅叙えん、

相田みつを展など東京に住んでいてもたぶん行く機会は

ないだろうなあという所に行ってきました。笑

 

東京に住んで1年経ちますがまだまだ

知らないところが沢山あります。

せっかく東京に来たので休日を利用して色んなところに

足を踏み入れてみようと思いました!

 

 

さて今回は奥歯の磨き方について説明します。

奥歯が上手く磨けないという方は多いのではないでしょうか?

 

 

奥歯は歯ブラシが届きにくく

自分では磨けていると思っていても

実際は磨き残しが多く

虫歯になりやすいところです。

 

みなさん奥歯を磨くときに口を大きく開けていませんか?

こうすると歯ブラシが奥まで届きません。

 

奥歯を磨くときは口を閉じ気味にして下さい。

そうすることで歯ブラシが奥まで届き

磨きやすくなります。

 

奥歯の頬っぺ側を磨くときは、歯ブラシで頬っぺを

軽く引っ張るような感じで磨いてみて下さい。

 

奥歯の後ろ側を磨くときは、歯ブラシの先端部分を傾けて

毛先がしっかり当たるようにしましょう。

 

また、奥歯の後ろ側はどうしても普通の歯ブラシでは

届かない場合があります。

 

 

この時に、歯ブラシのヘッドが小さい

タフトブラシを使うことをお勧めします。

 

 

奥歯はもちろん、歯の隙間や歯の重なりあっているところ

歯の裏側など汚れが溜まりやすいところにブラシをポイント的に

当てることができるので磨き残しが少なくなりますよ♪

 

 

今日も診療行なっておりますので

直接歯磨きの仕方を聞きたいという方

気軽に当院にいらして下さいね!