インプラントを入れたら老後大変になるのでは?

成城のファーストデンタルクリニック平澤です。

 

スタッフの誕生日会と4月からの新人スタッフ歓迎会を

兼ねた食事会を行いました。

 

翌朝起きてみるとどこかに足の小指をぶつけていて

歩くのがやっと。。。。でした。

 

折れている感じは無いのですが、まだ痛むので

日曜日のマラソン大会出れるか心配です。

 

成城外科さんに行こうと思います(笑)

 

 

 

さて今回は

「インプラントを入れたら老後大変になるのでは?」

というご質問です。

 

0867010008.png

まずここでいう「老後」とは

寝たきりなどになって自由が利かなくなったときに

うまくケアできなかったり、

後悔することになるのではという意味と思います。

 

まずインプラント治療は実用から既に50年ほど経っており

一般的な治療方法として確立されています。

 

そのためインプラントだからケアが大変

ということはありません。

 

むしろしっかりケアをして大切に

長く使ってください。

という意味があります。

0734080002.png

また50年と言う間に単にインプラント治療の成功率を

高めると言った初期段階を超えて、さまざまにトラブルに

対応するための技術開発が行われ成熟期になっています。

 

例えば不要になったインプラントを除去することも

以前は大変でしたが、今では専用キットが開発され

数十分の一の労力で簡単に出来るようになっています。

 

また寝たきりの方への訪問歯科治療も充実しており

いろいろなケースに対応できるようになっています。

 

 

以上のような事からも

インプラントの将来を心配すると考えるより、

充実した毎日を過ごすためインプラントを検討すると言った

人が増えています。