<< 知覚過敏の予防方法  | メルマガトップへ戻る  |  レントゲン撮影が必要な理由は? >>

正しい歯ブラシの選び方

こんにちは。歯科衛生士の菊地です。

寒い日がまだまだ続いていますね。

 

みなさん風邪など引かれてないでしょうか?

 

そして、この時期に多いのが正月太りです!笑

見事に私も体重が増えてしまったので

レコーディングダイエットというものを始めました。

 

その日に食べた物、その日の体重をノートに書き込むものです。

文字に書き出すことで自分の間食の多さに驚き

自然と間食が減っていきました。

 

以前その方法で3キロ痩せられたので

夏までに頑張りたいと思います!

 

さて、今回は正しい歯ブラシの選び方について

お話していきます。

 

いろいろな種類の歯ブラシが売っていて

どれを買っていいか分からないという人も

多いのではないでしょうか?

 

 

○歯ブラシの大きさ

歯ブラシの毛がついた頭(ヘッド)の部分は

自分の口・歯の大きさに合わせて

大きいサイズ小さいサイズをお選びください。

 

歯ブラシの頭(ヘッド)が大きすぎると

奥まで歯ブラシが届かず磨き残しが

出てきてしまうので、奥歯まで届くサイズを選びましょう。

 

小さいサイズですと小回りが利きピンポイントに

汚れを落とすことが出来ますよ♪

 

○歯ブラシやわらかさ

歯ブラシは硬いものよりふつうかやわらかめをお勧めします。

 

磨いた感じがしない!という方もいらっしゃるかと思いますが

硬い歯ブラシですと歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。

 

ふつうかやわらかい歯ブラシで力を入れないで

小刻みに磨くようにして下さい。

 

○歯ブラシの形

歯ブラシの毛先は、切り口がまっすぐな物を選びましょう。

 

毛先がギザギザしている歯ブラシは、

歯と歯茎の間の歯周ポケットに入るため

歯周病の人にはお勧めですが、

歯の表面の汚れは残りやすいです。

 

ギザギザの歯ブラシを使用している人は、

切り口がまっすぐな歯ブラシと

併用して使ってみて下さい。

 

 

また、歯ブラシを買い換える時期ですが

1ヶ月に1本のペースで交換しましょう。

毛先が外側に広がってきた時も交換のサインです。

 

早いなと感じるかもしれませんが

歯ブラシの毛先がブサブさになってしまっては

汚れは落とせません。

 

 

今回お話したことを参考にして自分に合った歯ブラシを

探してみてください!

また、歯科衛生士に気軽に聞いて下さいね♪

 



メールマガジンバックナンバー