<< ホワイトニング限定キャンペーン  | メルマガトップへ戻る  |  正しい歯ブラシの選び方 >>

知覚過敏の予防方法

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。

暖かくなってきたと思いきや、急に雪が降ったりで

まだまだ寒い日が続きますね。

 

最近くしゃみと鼻水が止まらないので

また風邪を引いてしまったと思っていましたが、

なぜか耳がかゆくなったりする症状もありました。

 

これはまさか・・・

まさかとは思っていましたが、

私はもう花粉症みたいです(笑)

 

アレルギーの方は気をつけてください!!

 

それでは今回は知覚過敏についてお話していきます。

知覚過敏は冷たいものがしみる、

歯を磨いたときにピリッとしみる

甘いもの、風に当たったときに感じる一過性の痛みです。

虫歯や神経の炎症などの病変がない場合に起こります。

 

歯の表面のエナメル質は削っても痛みがありませんが、

その下にある層(象牙質)までいくと

神経に伝わってしまい痛みを感じます。

 

健康な歯はエナメル質や歯肉に覆われていて

象牙質は露出していません。

 

原因は、

歯肉の退縮

歯の破折

歯の磨り減り

歯が溶けてしまう

などがあります。

 

歯茎は加齢により徐々にある程度は退縮されてしまいます。

歯周病などで歯茎の退縮を進行させないために、

定期的なクリーニングを行なうことや、

適切な歯の磨き方を行なうことが予防方法です。

 

また知覚過敏になってしまったら、

当医院ではしみる部位にカバーするような

お薬を塗ることができます!

 

知覚過敏用の歯磨き粉も販売していますので、

興味のある方は相談してみて下さい。

 



メールマガジンバックナンバー