歯のクリーニングの必要性

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。

最近は外に出たくないほど暑いですね。

海やプールはもう行かれましたか?

 

私はまだ夏らしいことできていないのでこれからです!!

カキ氷のおいしいお店にも行ってみたいです♪

 

今回は歯のクリーニングについてお話していきます。

当医院で行っているクリーニングを紹介していきます

始めに全体的な検診を行います。

 

問題点がなければ、歯周病の検査(プロービング)を行い

歯ぐきの状態を説明していきます。

 

その後はお水と空気が出る機械を使い、

機会の先端の振動を利用して歯石を除去し

歯肉ポケットの中の歯周病菌や磨き残しを

洗い流していきます。

 

次に歯の表面を高速回転するブラシで磨いていきます。

歯の表面にはバイオフィルムという

細菌層が付着しています。

 

この細菌は台所の三角コーナーにも

よく見られるヌルヌルと同じです。

磨かなければ除去できません!

 

バイオフィルムと一緒に表面に付着している

お茶、コーヒー、煙草のヤニの着色なども

一緒に除去していきます。

 

最後にフッ素が多めに入っているジェルコートを使用し、

全体的に磨いていきます。

患者様に合わせて歯間ブラシやフロスを使って

細かいところも磨いていきます。

 

御時間は全部で45分ぐらいです。

3ヵ月ごとのクリーニングは

保険が適用になり、1回2,690円です。

 

2ヶ月以下の間隔のクリーニングは保険がききませんので

自費で1回5,400円になります。

 

歯周病治療や歯の治療が終わり、

一度お口の中が綺麗になっても、

歯周病は知らぬ間に進行してしまいます。

 

健康的な口腔内を維持するためには定期的な検診、

歯のクリーニングが必要不可欠です。

 

磨きづらいところや磨けていないところなどは

担当の歯科衛生士が優しく教えていきます。

 

ぜひ、定期的なクリーニング通われてみて下さい。