意外に怖い! 歯ぎしり

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。

暑い日が続きましたが、そろそろ梅雨入りですね。

 

最近私は、三軒茶屋でおいしいお店を

発掘するのにハマっています!

 

友達が三宿に住んでいるにで、一緒に

オシャレなカフェを巡ったりして

ゆったりした休日を過ごしています。

 

まだ6月に入ったばかりですが、

カキ氷のお店に並んでしまいました!笑

氷がフワフワでおいしかったです。

 

まだまだオシャレでおいしいお店発掘していきたいです♪

 

それでは、今回は歯ぎしりについてお話していきます。

歯ぎしりは寝ている間に行うので、

自分では気がつかないかもしれません。

 

歯ぎしりをしている方は、このような症状がでます。

知らない間に歯が削れてしまっていたり、割れてしまう。

肩こり、偏頭痛、顎の疲れ。

 

治療したセラミック(被せもの)が割れてしまう。

歯周病が進行しやすくなる。

 

このような症状に当てはまる方は歯ぎしりをしているかもしれません。

 

原因として、歯ぎしりはストレス解消のために行います。

噛み合わせが悪いからという説もありますが、

現在最も有力なのはストレスが原因です。

 

歯ぎしりの治療法は、原因はストレスが大きいので

ストレスを軽減させることが1番良い方法だと思います。

 

すぐにストレス解消する事は難しいと思うので、

自分専用のマウスピースを作り寝る時につけてください。

 

マウスピースを付けることによって歯との間にクッションができます。

歯が削れる事はなく、マウスピースが削れるので歯には優しいです。

 

歯ぎしりが強い方はすぐに穴が開いてしまうかもしれません。

穴が開いたら、マウスピースを作り直して下さい!!

 

当医院でも、歯ぎしり用のマウスピースを作成することができます。

歯ぎしりが強い方には厚めのマウスピースを作ることもできます。

 

歯ぎしりにお困りの方はぜひご相談下さい。