<< 親知らずがあると口臭があるの?  | メルマガトップへ戻る  |  虫歯を放置してしまうと...? >>

歯ブラシの正しい磨き方

こんにちは。歯科衛生士の真坂です。

いよいよ9月突入ですね!

今年も残り4ヶ月と考えると早いですね。

 

そういえばこの間、ずっとやってみたかった

ヨガの体験レッスンに行ってきました!

瞑想から始めていくのですが、

これがなかなか難しい・・・

集中力のなさが身にしみて分かりました。

一度やってみるとヘルシーな気持ちになって

ダイエット頑張ろうかなと思いました(笑)

帰りにお腹が空いていたのでサンドイッチを

食べたいのを我慢して!

おでんにしました!ヘルシー(笑)

 

さて今回は歯ブラシの正しい磨き方に

ついてお話したいと思います!

正しい磨き方に自信がある!という方は

多くないのではないでしょうか。

また自分で正しいと思っていても

もしかして間違った磨き方だったという場合も。

 

まずチェックしたいのは磨く時間です。

自分ではけっこう磨いているつもりが

意外に短い時間で済ませていた

ということはよくあります。

実際私も学生の時1分以上磨いているつもりが

測ってもらうと1分も磨いてなかった

ということがありました。

長すぎるのもあまりおすすめできませんが

基本的には3?5分くらいで磨くようにしましょう。

 

そして意外に出来ていないのが

歯ブラシの持ち方です。

こぶしでぎゅっと握るように歯ブラシを

持つ方がいますがこれだと細かい部分が

磨きづらくなってしまいます。

歯ブラシは鉛筆を持つように優しく持ちましょう。

慣れると案外こっち方がやりやすいですよ♪

 

では鉛筆を持つように歯ブラシを持ち

歯に対して歯ブラシが平行になるように当てて

そのまま小さく動かしてみましょう。

簡単に言うと横磨きのような感じです。

なるべく小刻みに磨くことがポイントです。

ゴシゴシと大きく磨くと磨いた!という

感じがしますがこれは実はバツ。

歯ブラシの動きが大きくなると毛先が

細かい部分に届かず逆に汚れは落ちないのです。

 

小さく動かしながら徐々に移動して

全体を磨いてみてください。

そうするとだいたい1分以上は

磨けていると思います。

 奥歯の咬む所も歯ブラシを

当てて小刻みに磨きましょう。

 

 正しい磨き方と言っても

人それぞれお口の状態は違うので

絶対にこれ!と言うことはありませんが

基本は歯ブラシを小刻みに動かして

汚れをしっかり落とすことが大事だと思います。

 

検診に来ていただくと磨き残しが出やすい所も

毎回チェックしています。

そのつど磨き方のアドバイスも

させてもらっているので自分のお口に合った

歯ブラシの正しい磨き方が知りたい

という方は気軽にご連絡下さいね♪



メールマガジンバックナンバー