<< 歯周病と糖尿病の関連性  | メルマガトップへ戻る  |  親知らずがあると口臭があるの? >>

変色している歯の治療法

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

夏休みが終わり、もう9月なのにまだまだ暑い日が続きますね。

 

真夏に10時間以上トライアスロン競技する私の熱中症対策を

ご紹介します。

 

水分補給は大切ですが、飲める水の量には限界あります。

やはり体を冷やすのが一番効きます。

 

熱いとなぜ体に良くないのか?

風邪で体温があがるのと同じ理由ですので、

体温を下げるようにするのが一番の解決策です。

 

後頭部から肩、腕にかけて冷たい水をかけます。

シャワーを浴びるように気持ち良いですが、

女性だと難しいのでコンビニなど涼しいところで休憩しましょう。。。

 

 

さて今日は変色している歯の治療法についてお話します。

 

変色には2つのパターンがありまして、

歯の外部から汚れがついているパターンと

歯の内部から変色しているパターンです。

 

外部からの汚れは飲食物が沈着して汚れますので、

放っておくとドンドン汚れてきてしまいます。

歯のクリーニングが一番効果的です。

 

 

歯の内部から変色している場合は、

生まれつきの歯の色になりグレーと黄色の縞状になってことが多いです。

ホワイトニングでは効果がない場合がほとんどです。

 

このような場合には削ってセラミックを被せます。

最低でも6本ぐらいは治せば効果は実感できます。

全部の歯を治せば別人のようにキレイになり、コンプレックスも解消されます。

また多少の歯並びの悪さも解消できるのでお得ですね。

 

これから年末にかけて医療費控除も使いやすい時期ですので、

早めにご相談ください。

 

 

 



メールマガジンバックナンバー