歯周病と糖尿病の関連性

こんにちは。歯科衛生士の藤井です。

毎日暑い日が続きますね。

                 

先日、東京に来て初めてディズニーシーに行ってきました。

30周年ってことで友達とお揃いのワンピースを買って

オソロコーデで行ってきました!!(笑)

 

その日は日曜日でしたが、あまり混雑していなく

大好きなタワーオブテラーにも乗れました。

他にも乗り物をたくさん乗れました。

 

夏ってことで、パレードも水を使ったもので

カッパを着ていないとずぶ濡れになるぐらい水がかかるパレードでした。

私と友達はカッパを持っていなかったので・・・

少し離れて鑑賞しました。

 

やっぱり、ディズニーは夢の国ですね!

癒されました。

 

 

さて、今回は歯周病と糖尿病の関連性について

お話していきます。

 

歯周病は主に歯垢(プラーク)が原因です。

他にも体の病気が原因で歯周病になります。

疲れや、風邪、ストレス、体調が悪い時に

歯肉が痛くなったことはありませんか?

 

体の抵抗力が落ちて口の中の細菌が

歯周病菌に侵されやすくなってしまいます。

 

病気の中でも特になりやすいのは、糖尿病です。

歯周病は糖尿病の合併症とも呼ばれています。

糖尿病の方は、唾液が少なく、口の中が乾いています。

 

また、白血球の機能が低下するため細菌数が増加します。

そのため、歯周病になりやすいのです。

更に治りにくいのです。

 

糖尿病の方の約9割に歯周病になっている方がみられます。

歯周病はよく耳にする病気ですが、

更に血糖血を高めるという恐ろしい病気です。

 

口腔内は病気の前兆が見られます。

ぜひ歯周病の定期的な検診をおすすめします。