<< 歯並びって気になるけど...  | メルマガトップへ戻る  |  どんな時に歯を抜くの? >>

歯の治療費の実態

こんにちは、受付の瀧本です。

 

 


梅雨入りしたというのに、
暑い日が続きますね。

 

 


せっかく、おNEWの傘を購入したのに、
披露するタイミングがありません。。。

 

 

でもジメジメした雨の日が続くよりは、
まだいいのかも知れませんね!

 

 

 

最近も天気がいいので、相変わらず
お散歩ばかりしております。

 

 

ついこの間は、新宿御苑に行ってきました。

 

苑内は植物が青々と育っており、
芝生の上に心地よい
日陰を作っていていました。

 

 


日陰に、レジャーシートを敷いて
お昼寝している人や、読書に勤しむ人。
さすが大都会に浮かぶオアシス、新宿御苑。

落ち着いた、大人な印象を受けました。

 

 

 

 

さて、今回は歯の治療費についてです。

 

受付で患者さまとお話する時に、
「今回の治療費は幾ら位かかりますか?」
「全体で幾らぐらいかかるのですか?」
といった、お問い合わせを時々受けます。

 

 


確かに、保険治療で3割負担
ということは知っていても、
全体で幾らかかっているのか
検討が付かないことが多いですよね。

 

 

なので、今回は頻度の高い症例で、
健康保険の使用した場合の
金額についてお話しようと思います。

 

 

 

まずは、少し削る程度の「軽度の虫歯」、

根っこの治療が必要な「中度の虫歯」、

そして、歯のほとんどを削ってしまい、
最悪、抜歯にいたる様な「重度の虫歯」の
3段階に分けて考えていきます。

 

 


「軽度の虫歯」治療ですと、
主に、小さな虫歯に削り、
プラスチックの詰め物をして、
虫歯予防のクリーニングを行います。

 

 

これらを合計すると全体で
1500円から3000円程度になります。

 

 

次に、根っこの治療を行って、
被せ物を作っていく様な
「中度の虫歯」治療になると、

 

 

根っこの治療が、1500円から3000円程度。
被せ物は、種類によって金額が異なりますが、
保険の物ですと、2000円から7500円程度です。

 

 


そして、「重度の虫歯」の場合、
根っこの治療に加えて、抜歯をしたり、
歯の中に土台を立てる治療や、
ブリッチの様な複数本の被せ物を作成するなど
治療回数がかかってきます。

 

 

なので、合計すると7000円から
2万円程度かかってしまいます。

 

 


やはり、治療の範囲や虫歯の度合いによって
全体の治療費がかかってきますね。

 

 

もちろん、上記でお話した金額は
あくまでも目安です。

 

 

治療する箇所や本数、虫歯の大きさによって
金額は多少前後してきます。

 

 


ですが、ある程度の目星をつけることが
出来るのではないでしょうか。

 

治療の際に、参考にしてみてください。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 



メールマガジンバックナンバー