ブログトップへ戻る

スタッフ誕生日会

こんにちは。成城のファーストデンタルクリニックです。

 

先日スタッフの誕生日会をしました。

駅前にあるじねんじょ庵成城店に行きました。

 

お蕎麦屋さんなのですがお酒や他の料理の種類も豊富でどれも美味しかったです。

お酒は4種類ほど飲んだのですがサングリアの白はフルーツも入っていて飲みやすかったです。

 

先輩方は日本酒3種飲み比べを美味しそうに飲まれていました。

思ったより日本酒の量も多く驚きました。

料理は特にマグロユッケが美味しかったです。

 

とろろはお蕎麦と一緒につけて食べるのも合いました。

先生は体調を崩していらっしゃることが出来なかったので残念でした。

とても雰囲気も素敵なお店でした。

 

またプライベートでも行ってみたいです。先生御馳走様でした。

 

image2.jpeg

 

急激に悪くなることも。

成城のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

とっても大切にしていた歯も

ある時突然に急激に悪くなることがあります。

 

そんな時にこんなに大切にしていた歯を抜くなんて考えられない。

という感じの方もいらっしゃいます。

 

だいぶ前の話ですが、

「この歯は私の分身だから。。。(抜きたくない)」

と言われたこともあります。

 

しかし、冷静に考えると

これ以上治療するとなると費用も時間もかかるし、しかも無駄になる。

そんな限界まで来ていることもあります。

 

思い切った方向転換が必要になることもあります。

今はインプラントなど良い治療方法がありますので、

ご相談ください。

【休診・特別診療情報】

【休診・特別診療情報】

※下記日程が予定されていますので、お早めにご相談下さい。

 

令和元年12月29日から翌年1月3日 年末年始休診します。

令和2年1月15日 水曜日 特別診療します。

令和2年2月12日 水曜日 特別診療します。

令和2年2月26日 水曜日 特別診療します。

令和2年3月18日 水曜日 特別診療します。

 

※ここでは現時点で予定されている最新の休診・特別診療日の情報です。電話等でお問い合わせ頂くより正確な情報ですので、こちらでご確認頂く事をお勧めします。

※休診日(水曜日・日祝・臨時他)のご連絡は留守番電話03-5494-6480もしくはお問い合わせフォームをご利用ください。翌診療日の午前9時30分より順次対応します。

※お急ぎでなければ、翌診療日の朝9時00分以降にお電話下さい。留守番電話等より的確に対応できます。

 

(以下は現在未確定です。)

令和2年4月29日から5月10日までGW休診します(期間中は平日昼間のみ電話対応予定かも)。

令和2年7月22日 水曜日 特別診療します。

令和2年8月9日から8月16日まで夏季休暇します(期間中は平日昼間のみ電話対応予定かも)。

令和2年8月12日 水曜日 特別診療します。

令和2年9月23日 水曜日 特別診療します。

令和2年11月4日 水曜日 特別診療します。

令和2年11月25日 水曜日 特別診療します。

令和2年12月27日から翌年1月3日 年末年始休診します。

世田谷区プレミアム付商品券と消費税関連

消費増税に伴う「世田谷区プレミアム付商品券」サイトに

当院で取り扱っているとの表示がありますが、

取り扱いに関する事前手続きが完了しました。

 

保険自費治療の両方に使用可能です。

お持ちの方はご利用下さい。

 

※9月末までに消費税8%にてご入金頂き10月以降に治療を完了する分に
おきましては、治療内容等に変更がない限り
料金に差額が生じないように対応してまいります。
 
 
※またキャッシュレス・ポイント還元に関しては
医療機関は対象外業種となっていますのでご確認お願いします。

 

 

 

 

 

 

ローン手数料が5.9%+使いやすく

先日から当院でWeb版自費ローンの利用を開始しました。

 

Web版自費ローンの特徴・良いところは?

 

1.便利な分割払いなので、予算よりワンランク上の治療を検討できる。

2.以前は分割手数料が11%でしたが、5.9%に安くなり患者様のご負担が少なくなりました。

3.スピード審査で即日対応可能に。

4.分割回数や支払額などのお支払い方法ががネット画面で確認しやすくなりました。

5.ペーパーレスで手続き簡単です。紙でのお申し込み時は押印や書類の持参、記入の間違いや修正、申込の手続き等でお時間を頂くことがありました。一方、Webデンタルクレジットではご自身のスマホなどで入力して頂きますので簡単に入力や修正ができます。当院のパソコンからもお申し込み頂けます。

 

ご利用時の手続きの流れは?

 

1.最初にお口の中を検査して、治療計画を立て見積もりを行います。

2.その中からお手持ちの現金とローンででいくらずつ支払っていくのか決めて頂きます。

3.申し込みのチラシをお渡ししますので、記載されているURLまたはQRコードで申し込みサイトを開きます。URL http://orico.jp/dt

4.申し込みサイトで、クリニック番号とお申し込みコードを入力

  クリニック番号 13897111、お申し込みコード002 

5.治療内容を入力するページに入るので、入力項目に沿って必要事項を入力

  クレジットの説明、お支払い内容、お客様情報の入力等ございます。

  ここで最初に決めたデンタルローンの金額、支払い回数、手数料を含めた合計金額など、患者様ご自身で入力をして頂き、詳しい契約内容をご確認できます。入力内容に不備がある場合、再度お申込みして頂くことになります。

6.申し込みの受付完了、審査開始されます。

7.審査が通るとクレジット会社オリコより連絡があります。

8.治療のご予約お取りしますので、当院にご連絡ください。

 

インプラント治療、矯正治療など自費治療をご検討の方は、お支払い方法の一つとしてWebデンタルクレジットを ご用意しておりますので、ご希望の方はスタッフまでご相談ください。

 

 

WEBデンタルクレジット 概要

 

1.ご利用可能額 10万から500万円

2.ご利用可能回数 6回から84回 ボーナス併用可

3.分割支払手数料率 実質年率5.9% 固定

4.ご利用可能対象者 18歳以上で安定した収入のある方

  未成年者は親権者の連帯保証が必要となります。

5.口座振替日 毎月27日 土日の場合、翌営業日

6.対象範囲 インプラント、矯正治療、審美治療などの保険外診療

  一部、お取り扱対象外の治療があります。

 

お支払いプラン

 

申し込みサイトにてお客様のご都合にあったお支払いプランを指定いただきます。

実際のお支払金額等は、申込サイトのシミュレーションにてご確認いただけます。

 

1.均等分割払い

 お支払回数を指定いただき、毎月同じ額をお支払いいただくプランです。

  初回のみ、端数分を上乗せしてお支払いいただきます

 

2.ボーナス併用払い

 お支払回数を指定いただき、年2回の指定月に指定の金額を加算してお支払いいただくプランです。加算月は夏冬に限らず、1月から12月まで指定いただけます。

 

 

よくあるご質問

 

Q 審査時間はどのくらいかかりますか?

A 最短3分、長くても半日程度で完了し、メールまたは電話にて契約内容の確認をさせて頂きます。

 

Q クレジットカードの分割払とは、何が違うのでしょうか?

A クレジットカードよりも長期の分割払いや、ボーナス月にご指定の金額を加算してお支払いいただけるボーナス併用払いも可能です。

また、クレジットカードは利用可能額内でのご利用となりますが、WEBデンタルクレジットは最大500万円までのお申し込みが可能です。

 

Q 分割払手数料はいくらかかりますか?

A 分割払手数料は、お申込み画面にてご確認いただけます。なお、ご返済期間中の分割払手数料率は固定です。

  

医療控除について

 ご自身やご家族のために医療費を支払った場合は、一定金額の所得控除を受けることができます。医療費控除は、所得金額から一定金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じ所得税が軽減されます。

また、治療のための通院費も医療費控除の対象になります。  20176月現在

医療費控除についての詳細は、国税庁のホームページをご確認ください。http://www.nta.go.jp

 

index-img_02.png 

インプラント学会・第14回BBCクラブ学術大会参加

歯科衛生士の石川です。

 

先日7/21、第14回BBCクラブ学術大会のセミナーに参加してきました。大会のテーマは「インプラント治療、未来への可能性」です。

 

歯科衛生士の会場では、2つの公演といくつかの症例発表が行われていました。

 

午前中の歯科医師山田清貴先生の公演では、インプラント治療の計画についてや、インプラント埋入の際の注意点についてのお話しがあり、インプラントを埋入するにあたり、歯科衛生士も十分にルールを知っておく必要があると考えることができました。

 

また、歯科衛生士田内友貴先生の公演ではインプラントを守るメインテナンス法について9つのチェック項目についてお話しがありました。

 

普段から行っている項目もありましたが、改めて注意して見なければいけないと思う項目やコンタクトの経年変化や咬合チェック、舌のケアなどの新たに取り入れたい項目もありました。

 

午後は症例発表があり、症例をもとに注意事項などのお話し聞くことができました。

 

私自身もインプラントオペの際に、注意しなければならないことやアドバイス、ヒノキチオールと言われる成分が歯周病ケアに効果があるということなど新しい発見があり、とても勉強になりました。

 

しっかりと復習をして、スタッフ同士で共有も行ったので、今後に活かしていきたいと思います。

 

6/29より土曜延長診療+2時間します。

成城のファーストデンタルクリニックです。

 

土曜日の混雑解消のため、延長診療を行います。

 

土曜日のみ朝8時20分から夜7時まで2時間延長して対応していきます。

予約自体は既に可能ですのでご利用下さい。

 

 

ウェブサイトや看板などの修正はまだですが、順次行っていきます。

 

 

インプラントのトラブルにも対応

成城のファーストデンタルクリニック 平澤です。

 

インプラントもかなり一般化しており、当院では

歯がなくなるとほとんどの方が選択されます。

 

こうなってくるとインプラント自体のトラブル数も

時々見られるようになってきて、

他院からの相談含めて対応しています。

 

今回のケースはスクリューの破断で

ちょうど在庫がありましたのですぐに交換しました。

 

こういったスクリューも各社あるのですが、今回は

ちょうどサイズも良かったようで直ぐに対応できて良かったです。

 

IMG_20190325_110837.jpg

伝説のインプラント医

おかげさまで今週はインプラントの手術が5件入ってます。

 

そう言えば、先日「伝説のインプラント医」を治療を受けた

患者さんの引継ぎをしました。

 

「伝説のインプラント医」とは個人情報は伏せますが

インプラント界でかつて(今も?)日本で一番インプラントを

していた先生です。

 

今回、実際の患者さんを拝見して

とても参考になった特徴がありました。

 

1.本数が多い

2.使っているインプラントが長い

3.リフォーム他がしやすい設計

 

噂では非常にたくさんのインプラント治療をされているので、

インプラントのトラブルに悩まされていると聞いたことがあります。

 

わずかな確率でもたくさんの本数を治療することで、

顕在化するものです。

 

それらを予防する意味でインプラントの

本数や長さでカバーしていると思われます。

 

実際に長期間経過しているにもかかわらず

良好な結果でした。

ソケットリフト理想的に成功

今日はソケットリフト法にてインプラントをお入れしました。

 

ソケットリフト法とは骨の薄い部分に骨を移植して

インプラントに必要な骨の厚みを確保する方法です。

 

ソケットリフト治療自体は久しぶりですが、以前ほど使わなくなりました。

というのは治療方法としては簡単なのですが、カッコよく治療するのには

意外と難しい方法で、普通に治療すると人工骨がそこだけ極端に高く

なることが多くなります。

 

理想イメージとしてはテントのようにある程度の広がりと

高さが確保できるのが良いのですが、それらを実現しようと思うと

サイナスリフト法をすることが多くなっているようです。

 

ただ、それで後で問題なる事は少ないので安全な治療方法ではあります。

今回は上記のような感じではなく、カッコ良く治療でき理想的に

治療できました。

 

IMG_20190214_180217.jpg

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所を更新

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)を更新しました。

 

平成28年4月から厚生労働省が新設した医療制度で、多くの基準を満たした歯科医院がかかりつけ強化型歯科診療所(略称 か強診)を認定することができます。

 

しかも平成30年4月からはさらな厳しい項目追加が多数行われましたが、今回それらもクリアして無事更新できました。

 

か強診は難しい施設基準があるので認定している歯科医院は10件に1件もないくらいといえます。

ファーストデンタルクリニックは施設基準を満たし、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)に認定されました。

 

か強診のメリットですが、4つあるのですが一番大きいものは認定がある歯科医院では

歯周病が悪い方に対して毎月歯のクリーニングが保険内でしっかり行えます。

 

今までは3ヶ月期間を空けないとクリーニングが保険適応にはなりませんでした。

歯周病重度の方は3ケ月期間を空けてしまうと細菌の数が増えてしまい歯周病が進行してしまう可能性があります。

歯周ポケットが4ミリ以上ある方は毎月のクリーニングをすすめています。

歯周病菌が悪さをする前に歯周病菌の数を減らしましょう。

 

 

【施設基準の一例】

1、   過去1年間において、歯周病安定期治療(?)若しくは(?)及びフッ化物歯面塗布処置若しくエナメル質初期う蝕管理加算の算定回数がそれぞれ30回以上(歯周病安定期治療(?)又は歯周病安定期治療(?)の合計)及び10回以上(フッ化物歯面塗布処置又はエナメル質初期う蝕管理加算の合計)であること。

 

2、過去1年間に歯科訪問診療1又は歯科訪問診療2の算定回数連携する在宅療養支援歯科診療所に歯科訪問診療を依頼した算定回数が併せて5回以上であること。

 

3、過去1年間の診療情報提供料又は診療情報連携共有料の算定回数があわせて5回以上であること。

 

4、研修をいずれも終了した歯科医師が1名以上配置されていること。

 

5、診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連帯体制が確保されていること。

 

6、当該地域において、在宅医療を担う保険医療機関と連携を図り必要に応じて情報提供できる体制を確保していること。

 

7、口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底するなど十分な感染症対策を講じていること。

 

8、4に掲げる歯科医師が、以下の 項目のうち、3つ以上に該当すること。

・過去1年間に、居宅療養管理指導を提供した実績があること。

地域ケア会議年1回以上出席していること。

介護認定審査会の委員の「経験」を有すること。

・在宅医療に関するサービス担当者会議や病院・介護保険施設等 で実施される多職種連携に係る会議等に年1回以上出席していること。

 ・過去1年間に、栄養サポートチーム等連携加算の算定があること。

 ・在宅医療・介護等に関する研修を受講していること。

 ・過去1年間に、退院時共同指導料、退院前在宅療養指導管理料、在宅患者連携指導料又は在宅患 者緊急時等カンファレンス料の算定があること。

認知症対応力向上研修等、認知症に関する研修を受講していること。

自治体等が実施する事業に協力していること。

学校の校医等に就任していること。

・過去1年間に、歯科診療特別対応加算の算定があること。

 

この他にも難しい基準が多くあります。

滅菌技士認定試験

 

IMG_20181220_162415.jpg

成城のファーストデンタルクリニックの藤井です。

先日滅菌技師認定試験を受けてきました。

朝から認定試験の講習会があり消毒・洗浄・滅菌の定義や正しい滅菌の工程について勉強してきました。

普段行っている滅菌作業について器具の扱い方など改めて学ぶことができました。

 

講習会の後に認定試験があり、無事合格することが出来ました。

講習会で学んだことをスタッフと共有し正しい滅菌作業を行っていきたいと思います。

新春初インプラント

成城の歯科医院 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

新年明けましておめでとうございます。

 

新年初日からインプラントの手術を行いました。

IMG_20190105_111507.jpg

 

今年は当院も19年目を迎えますので、これまでの良い点を踏まえつつ

新たな流れを築いていく年にしていきたいと思います。

 

歯科保険CTセミナー参加

20181111_140550181.jpg

 

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日の日曜日に歯科の健康保険でCTを撮るための

セミナーに参加してきました。

 

歯科の場合、CTを撮るためには

「従来のレントゲンでは分からない・診断できない時」

だけという制限があります。

 

そのため「明確な基準」ではないので、

手探り状態で保険請求している部分があります。

 

今回の講師の先生は、そのあたりのエキスパートで

あくまでも健康保険範囲内で請求されているとのことです。

 

結論から言うと、健康保険だけでは高額なCTを採算とることは

出来ないようです。

 

あくまで自費治療部分で帳尻が合う必要あると感じました。

医科の病院では1年程度で採算取れるとのことなので

今後の保険制度の改善が求められます。

ハンドピース滅菌体制

IMG_4582.JPG

 

読売新聞などで度々取り上げられる歯科ハンドピースの滅菌体制をご紹介します。

 

当院では様々な治療にあわせた30本以上のハンドピースを準備して患者さん毎に交換対応しており、安心して治療を受けて頂けるように厳格な滅菌体制を構築しています。(画像は当院ハンドピースの一部です。)

 

 

 

 

他院撮影レントゲンの持ち込みに関して

成城の歯科医院ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

他院で撮影したレントゲンをお持ち込み頂き、見てほしいとの依頼を受ける場合があります。

 

レントゲンのデータの入ったCDやDVDなどのメディアのみをお持ち頂くことがありますが、互換性の無い物が多く個々のプログラムのインストールなど大変な労力が必要で非常に苦労することが多いです。対応できませんのでご了承ください。

 

このような場合は下記に該当する場合のみ対応可能です。

・フィルム状のレントゲン

・患者様自身でスマートフォンやノートPC等をデバイスをご持参頂き、事前に十分な準備を行って頂いた上で、医院ではそれらをスグに見るだけ状態になっている場合(当院スタッフは操作は行いません)

 

なお該当する場合でも診断料はかかります。

 

 

 

インプラントはポケット検査すべきか?

成城の歯医者ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

インプラントと天然の歯には違う点がイロイロありますが、

その中でも歯茎の状態を検査するプロービングつまり

ポケット検査は議論に良くなる部分です。

 

基本的にポケット検査自体はインプラントにとって良くないものですが、

検査することによって得られる歯茎の情報というメリットもあり

悩ましいところです。

 

昔はポケット検査はしないといった考えが主流でしたが、

今ではインプラント学会でもポケット検査をするというのが

統一見解のようで、当院でも大分前から実施しています。

 

それでも先日購入した本によると

インプラント医の30%はポケット検査していないようです。

経験の少ない先生に多いと書かれてましたが、

おそらく自分の入れたインプラントのケアの必要性に

まだ十分気付いていないのでは無いかと思います。

 

いろいろ考えはあると思いますが、インプラントの場合悪化しても

症状が出にくいのでしっかりした検査は悪化予防には

必須といえるでしょう。

 

IMG_20180902_150509.jpg

自費研フェス2018参加してきました。

IMG_20180908_121006.jpg

 

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日の休診日に「自費研フェス2018」参加してきました。

 

初参加だったのですが、医科と歯科の自費治療に関するセミナーと業者展示会です。

おそらく業者展示によって会場費などが賄われているようで、

参加費は無料というシステムでした。

 

正直あまり興味はなかったのですが、

行ってみるととても面白かったです。

 

特に医科の美容外科のお話がイロイロ聞けたのは良かったと思います。

また美容外科系の先生?関係者?の方は美人でスタイルがよい方が多く、

「もしかして???」

と思うことがありました(笑)。

 

 

歯科疾患重症化予防セミナー

20180722_125222553.jpg

成城の歯医者さん ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日の休診日に東京歯科保険医協会主催の

「歯科疾患重症化予防セミナー」に参加してきました。

 

付随して老人性の精神疾患のお話も伺えたのですが、

年老いた両親を持つ私にとって興味深い話でした。

 

よくわかったのは

年取るということは体力だけでなく

脳の中も年をとるという事。

 

診療だけでなく私生活にも

役立つ興味深い内容でした。

 

BBCインプラントセミナー

成城のインプラント医 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

今日は神保町でBBCというメーカーのインプラントセミナーに

招待されて、スタッフと共に受講してきました。

 

BBCとはブレーンベースという国産メーカーで、

マイティスアローインプラントや人工骨β-TCPを販売している

メーカーです。

 

当院では積極的には使用していませんが、

他院でのトラブル治療などで取り扱いがあり

国産メーカーとしてはかなり積極的なところと言えます。

 

残念なことに午後から別のセミナーが重なっていたため、

午前中のみの受講となってしまいましたが

いろいろと個性的な話が聞けてためになりました。

 

20180722_095701559.jpg

twitter始めました。

成城の歯医者さんファーストデンタルクリニックです。

 

今更感?ありますが、クリニックの公式ツイッターアカウント

@seijosika_first

を取得しました。

 

これからtwitterからも情報発信していきたいと思いますが、

ブログなどではアップしていない

成城地域の話題についても発信できたらなと思います。

 

フォローよろしくお願いします。

 

 

 

ITI congress Japan2018

20180617_111154670.jpg

数年に一回のITI会議に参加してきました。

ITIとはインプラントメーカーのストローマン社が後援する

インプラントの専門家の集団です。

 

後援といっても互いにメリットはありますので

今回はスタッフともども招待されて参加しました。

 

会議といってもセミナー形式で有名な先生方が

少しずつ教えてくださるという贅沢な機会です。

 

インプラントというのは従来の歯科学でいうところの

口腔外科、歯周病、補綴といった複数の分野が

関わっていますので、各先生方の得意分野に色が出て

いろいろ勉強になりました。

 

ジルコボンドブリッジ完成しました。

IMG_3817.JPG IMG_3818.JPG

下の臼歯部にオールセラミックのジルコボンドブリッジが完成しました。

 

強度の要求される噛む部分には硬いジルコニアを使用し、

見た目の要求される横の部分にはポーセレンつまり陶材を使用して

完成度を高めました。

 

現在のブリッジ治療の中で最高の技術と材料を使用しています。

 

 

 

 

 

 

入れ歯が得意な歯医者さんは多い。

入れ歯が苦手と公言している当院です(笑)が、

最近特に入れ歯が得意としている歯医者さんが

多くなっている傾向です。

 

そのような先生方はおそらく私が知らないような

スーパーテクニックで入れ歯を作っていらっしゃると思うのですが、

入れ歯が作るのが好きというのと

入れ歯治療が得意(良い結果を出せる)というのを

混同していないかと個人的には心配しています。

 

良い結果を出せるということを目標とした場合、

個人差はあるものの入れ歯というのは難しい治療と思います。

 

逆にインプラント治療は治療技術としては難しいものの

良い結果を出すのは簡単です。

 

良い結果とは

「良く噛める」

「痛くない」

「快適」

といった基準です。

 

例えば、入れ歯の場合には「完成後の不具合」は

当たり前で調整は必要なものとされています。

 

それは歯医者の常識ですが、

患者さんにとっては理解してもらえない場合もあるのではと

思っています。

総入れ歯治療が不要の時代に。

成城学園前の歯科医院 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

少し前に平成28年の歯科疾患実態調査というものが公開されました。

これは約6年に1回程度行われるもので、歯の統計的な資料として

信頼の高いものです。

 

ここで話題になったのが

8020運動の達成率が51.4%になったということです。

 

8020運動とは80歳で20本の歯を残そうというものです。

20本の歯があれば入れ歯無しで食事できる目安です。

 

平成10年ぐらいまでは10%程度だったのが、

ここ最近は6年の調査ごとに約10%ずつ向上しています。

 

あと5回の調査、つまり30年後には100%なんてことには

ならないのでしょうが、かなりの数字にはなるでしょう。

 

実は数年前から入れ歯の新規患者さんをお断りしています。

と言いますのは、本当に総入れ歯もしくは総入れ歯に近い方が

ほとんど来院しないため、それらに注力することが無くなってきているのです。

 

数年に一人しか来ない方のために機材等を更新したり研究することは無理です。

 

またインプラントを希望される患者さんがほとんどのため

部分入れ歯自体も応急的なものしか作成する機会がないのが実情です。

 

私が入れ歯治療が嫌いだから という理由ではなく、

ニーズが無い、つまり入れ歯 それも総入れ歯になる方がほとんどいないのです。

 

これからはその様な歯科新時代の到来に合わせた

歯科2.0が求められる時代となってきています。

歯科診療報酬改定新点数説明会に参加しました。

先日、東京歯科保険医協会主催の「2018年度歯科診療報酬改定新点数説明会」のセミナーにスタッフ全員で参加してきました。

 

当院平日は19時まで診療を行っているのですが、この日はセミナーに参加する為17時30分までの診療でした。

成城学園前駅の17時47分の電車に乗る予定で、急いで片付けを終わらせて着替えて汗をかきながら何とか電車に乗ることができました。(笑)

 

会場は中野駅のZERO大ホールで行われ、参加者は1200名ほどいました。

無題.png

初めてZERO大ホールに行ったのですが会場のホールは凄く広くて参加者も多く、とても規模の大きいセミナーでした。

 

会場に着いたのは18時30分前で1階は空いている席がなく、2階に移動しました。

2階も空いている席が残り少なかったので各々スタッフで分かれて着席しました。

 

18時30分から21時まで2時間半のセミナーでは歯科医院の施設を運営する上で必要な感染防止対策、施設基準、新規技術・治療の導入、診療点数などについてお話がありました。

患者様により安全な衛生環境で治療を受けていただき、自分に合った治療を見つけていただけるよう歯科協会全体で発展に努めています。

横向きの親知らずは生えて来るのか?

成城の歯科医院 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

患者さんに

「親知らずが横向きに生えているので、埋まってます。」

とご説明すると、

「横向きの親知らずは生えて来ないの?」

とご質問受けることがあります。

 

「残念ですが、まっすぐ生えることはないし、

手前の歯が虫歯になる(なっている)ので早く抜くべきです。」

と説明すると、悲しい顔されることが多いです。。。

 

ところが先日、月刊保団連という本を読んでいたところ、

「横向きの親知らずは本当に生えて来ないのか?」について

調べた論文が掲載されていましたので、引用させて頂きます。

 

IMG_20180315_125937.jpg

 

要約しますとベテランの歯科医師が33年間に来院された

約2万人について調べたところ、横向きの親知らず約100から300本

に1本程度(著者の実感??)は真っ直ぐ生えてきたとのことです。

 

かなりの低確率で、実際には期待できるものではないでしょう。

やはり横向きの親知らずは早めに抜歯されることをお勧めします。

 

 

荒天時等の臨時休診する場合について

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

降雪などの荒天時や震災などの非常時には、臨時休診する場合があります。

 

当日予約されている患者さんには、当院より連絡させて頂きますが、

中には電話が通じない・メールアドレスが変更されたなどの理由で

当院より連絡が取れない場合も少なくありません。

 

そのような場合に当ブログに掲載しますので、ご覧ください。

 

なお、このように当院より緊急に連絡させて頂く場合は、

上記のような天候の場合だけでなく、

治療の段取りなどが変更になるなどたまにありますので

普段より連絡用の電話番号・メルアドなど変更ありましたら、

受付までご連絡をお願いします。

 

静脈沈静下のインプラント手術終了しました。

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

昨日、静脈沈静によるインプラント手術が終了しました。

静脈沈静とは簡単に言いますと、点滴で眠くなっているうちに

大掛かりな治療をしてしまう方法です。

 

具体的にはインプラントの手術などで行うことが多いです。

緊張してしまうような治療には最適です。

 

当院では麻酔専門医の先生に依頼して実施していますので、

病気があって手術が心配というときにもリスクを抑えられます。

 

その他のメリットとして同時に

腫れや痛みを抑える薬を併用できますので

治療後がかなり楽になります。

 

ご希望の場合は、ご相談ください。

ジルコボンドセラミック

IMG_3624.JPG

IMG_3625.JPG

 

ジルコボンドのセラミック治療例をご紹介します。

下が仮歯で、上がジルコボンドです。

 

最近は強度重視で咬合面・つまり噛む面をジルコニア単体で作成して、

よく見える前や側面をポーセレンで仕上げるということをよくしています。

 

ジルコニアの審美性が上がってきていますので、

現時点で見た目と強度のベストバランスかと思います。

 

上顎インプラント治療セミナー

IMG_20171210_152307.jpg

成城のインプラント医 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

昨日の日曜日に「上顎インプラント治療を極めるためのセミナー」

を受講してまいりました。

 

講師はインプラントで有名な堀内先生と

耳鼻科の国弘先生のコラボセミナーです。

 

歯科と耳鼻科は領域が隣接しているため密接な関係があります。

その中でも上顎の奥歯は鼻の横にある上顎洞に近接場合によっては

突き抜けていることも少なくないため注意を要する部分です。

 

歯に炎症が起きれば、上顎洞に波及する場合があります。

またインプラント治療で上顎洞内に骨を作ることも多いです。

 

そのような意味で普通の歯科医よりは普段から注目してる

領域ということもあり、いろいろ勉強になるテーマでした。

インプラント矯正アドバンスセミナー

IMG_20171119_095137[1].jpg

 

成城の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日インプラント矯正のセミナーを受講してまいりました。

インプラント矯正とは矯正歯科治療の一種で、

専用のインプラントを固定源として使うものです。

 

例えば「出っ歯」の場合、前歯を後ろに引っ張るわけですが

、固定源として奥歯からゴムで前歯を引きます。

 

この際に、前歯が引っ張られるわけですが、

反動で逆に奥歯もすこし前に出てしまう場合があります。

 

そうなると前歯を引っ込めたいのに

奥歯が出るという本末転倒なことになるのです。

 

そうならないよう、様々な工夫を凝らすところに

患者さんからは見えない矯正医の努力があります。

 

そのひとつに奥歯相当部にインプラントを入れて

そこから引っ張るというのが「インプラント矯正」です。

 

もともと3人の日本人矯正医がほぼ同時期に開発したので

(装置は異なります)すが、今ではかなり普及しています。

 

矯正医の中でも好きな先生は、一人の患者さんに

たくさん入れている方もいらっしゃいますが、

当院の場合は必要な場合のみ入れている感じです。

 

 

 

 

 

 

マウスピース系取り扱いまとめ

成城の歯科医院ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

当院で扱っていますマウスピースの取り扱いについて

お問い合わせがありました。

まとめておきますので、参考にしてください。

 

歯軋り防止用マウスピース/ナイトガード

 取り扱いしています。正確には歯軋りによる歯の磨耗を予防します。

 健康保険適応になります。3割負担で6000円弱です。

 

スポーツ用マウスピース/マウスガード

 当院では取り扱いしてません。

 

無呼吸症候群治療用マウスピース

 当院では取り扱いしてません。耳鼻科や専門科にて検査して対応する歯科医院を紹介して貰ってください。デメリットもあるようですので、詳しい歯科医院での対応が必要です。 

インプラントを長持ちさせるために

インプラントのグレードによる違いはかなりあります。

当院のインプラントは一番グレードの良い耐久性の高いものを使用しています。

 

なぜならインプラント自体は簡単に交換できるものではありません。

例えば何かあった時に問題になりにくい性能が求められます。

 

最近のこだわりとしては、より長いインプラントを使用しています。

長いインプラントを使用するメリットとしては歯周病に対する抵抗力が強いこと。

初期固定力が高いので成功率が高い。

即時治療が可能。

そして何よりも生存率が高いことです。

 

特にそれらを可能とするインプラントが開発されたため、

それらがやりやすくなったのも隠れた理由です。

 

 

AED講習会

スタッフミーティングを利用して

AEDの使用方法の復習を行いました。

 

AED自体滅多に使用しないものですが、

当院の場合はもしもの場合に備えています。

中の消耗品も使用してないですが、古くなっていましたので

交換して点検を行いました。

R0013697.JPGR0013698.JPG

Jアラート対応について打ち合わせ

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

今日、ミーティングにてJアラート対応について

打ち合わせ行いました。

 

スタッフを抱え、患者さんに来ていただいている状況で

もしものことがあるとも限りません。

 

そのための避難手順、場所、方法など

詳細に打ち合わせをし責任者としての勤めを果たしました。

 

また3.11のことも復習しながら一人暮らしスタッフに対しては

被災時の帰宅問題についても指導を行いました。

 

 

自ら歯科衛生士によるクリーニング受ける

成城の歯医者ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

今日は自院の歯科衛生士によるクリーニングを受けました。

 

毎日良く磨いていても、どうしても汚れは少しずつ溜まって

自分の歯ブラシでは取りきれなくなります。

 

そうなると歯科医院で専門の機械で取ってもらうしかありません。

 

私の場合、スタッフのスキルチェックをするという面もあり

定期的に行ってもらっています。

 

熱心にキレイにしすぎて痛くなる場合もありますが、

患者さんも遠慮されている場合もあります。

 

互いに行うことでスキルチェック必要ですね。

 

IMG_20170713_102534[1].jpg

土曜日メンテナンスのキャンセル待ち

当院では予防メンテナンスを推奨しており、多くの患者さんからご支持頂いています。

ただ、土曜日のクリーニングのご希望の方が多く、予約が大変混み合っており一番早くても約3か月先になってしまいます。

 

その反面、直前にご予約をキャンセルされる方も意外に多くいますので、当日や前日にはご予約可能な場合がございます。

 

毎週必ずキャンセルがある訳ではありませんが、平均2人程度、多いと3から4人の土曜日メンテナンスのキャンセルが出ます。

 

そのため、土曜日メンテナンスご希望の場合は

・キャンセル待ちのご希望を受付にお申し付けください。キャンセル発生次第、ご連絡差し上げます。

インプラント軟組織と硬組織のセミナー

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

今日は神田にてインプラント関係の軟組織と硬組織のセミナーを受講してきました。

講師はエストニア人のブランコ・トラコスキー氏(開発・研究員?)とハンガリー人のデビッド・ボトン・ハンガスキー氏(柔道をしている歯医者さん)でした。

 

20170611_145735034.jpg

 

簡単に言うと、営業なのですが(笑)

いろいろとヨーロッパ系歯周病治療とくに

インプラントのための抜歯治癒促進コラーゲン

とDFDBAの加工して使いやすくなった材料の紹介でした。

インプラントの移植を良くされている歯科医なら

興味のある話かと思います。

 

ただし、海外承認のみで国内承認は通っていないので

わざわざシンガポールで購入すると言う面倒なものです。

 

同種のものは個人輸入だけで購入できるのですが、

若干便利そうではあるのですが、

使用頻度の少ないものなのでと考え中です。

逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向

先日の投稿で

「歯がガクっと悪くなる人の一定の傾向」

をお話しましたが、

今回はその逆

「歯が意外と長持ちしている方の傾向」

についてお話します。

 

一見するだけで「歯が悪くなりそうだなー」

と言う方は若くてもいらっしゃいます。

 

一番は歯並びやかみ合わせが悪い方。

汚れが溜まりやすかったり、無理な噛み方をしています

ので潜在的なリスクが存在します。

 

次には年齢のわりに歯の治療歴が多い方。

この調子でいくと。。。心配になります。

 

ところが、そんな心配をよそに10年以上時間が経っても

意外と悪くならない方がいて、予想を裏切られます。

 

意外と悪くならずに済んでいる方の特徴。

・インプラントで奥歯がしっかり噛めている。

・悪くなっても様子見せず、きっちり治療を受けている。

・3ヶ月毎のクリニーニングを欠かさない。

 

結構重要なのが、

「悪くなっても様子見せず、きっちり治療を受けている。」

です。

言い換えれば、先送りは良くないって言うことでしょうか。

その間に少しずつ悪くなっていることです。

 

歯がガクッと悪くなったワケ

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

私も開業17年目になりつつあるのですが、

この間に歯がガクっと悪くなる人に一定の傾向を

見ることができます。

 

ガクッと悪くなっている方にはひさしぶりにいらっしゃった方が多いです。

その間隔は10ヶ月から1年半程度でも悪くなっています。

 

恐らくご自分ではあまり自覚無いと思うのですが、

1年前後でも症状の無いまま急激に悪化することがありますので

ご注意ください。

 

恐らく、徐々に悪くなっているのでしょうが、

慢性疾患のため自覚できるようになのは遅く、

ガクッと来たように感じると思われます。

 

ファーストデンタルクリニックでは3ヶ月に一回の

メンテナンスを推奨しており、毎月100名以上の

ご利用があります。

 

中には元からかなり悪い状況の方も多いのですが、

3ヶ月間隔でまじめに通っていただいていると悪いながらも

状態を維持して抜歯に至らない方が多いです。

 

通う意思があっても、忙しくてついつい後回しに

なってしまうこともあります。

気付いたらもう1年も空いていたなんて事もありますので

お気をつけください。

インプラントライブオペ

成城の歯医者さんファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日出張してインプラントのライブオペを見て来ました。

ライブオペとは実際の手術をすぐ横や近くからみれる勉強会のことです。

手術担当は日本一のスーパードクターです。

 

今回は通常のインプラントとサイナスリフトとGBR2例を見学しました。

講義と同じ内容なのでしょうが、実際に見るとなると細かい部分も確認できるので

とても勉強になりました。

 

また器材も大変充実しており、新しく器材の目標も

設定できた充実した週末出張でした。

近くの歯医者で問題ないと言われました。

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日、近くの歯医者で問題ないと言われたけど

気になるので見てほしいという患者さんがいらっしゃいました。

 

精密検査したところ、歯が原因かは特定できませんでしたが

上顎洞に問題があり大学病院に紹介したところ、

エナメル上皮腫ということで手術されたとの報告がありました。

 

IMG_20170303_131928_347.jpg

 

上顎洞は歯科と隣接していますので、それに関する知識は不可欠ですね。

 

当院ではサイナスリフトを含めたインプラント治療を扱っていますので、

上顎洞に関して勉強は必須と思っています。

アドバンスインプラント講習会

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

1月よりアドバンスインプラント講習会に参加しています。

 

講師はインプラント治療のブラックジャックと言えるぐらいの

日本一のインプラント手術の名医の先生です。

 

内容もインプラント治療している歯科医でもしり込みするような

難易度の高い治療を「こんなの普通でしょ」といったノリで教えてくれます。

 

サイナスリフト、レイマス・チンからの自家骨移植など

アドバンスというよりスーパーと言った治療でしょうか?

 

実際に手術されている動画やデモストレーションも拝見して

とても参考になる点が多くあります。

 

正直見ていて雑と感じる点もありますし、やたら丁寧と感じるところもあります。

注力している部分の差、これが違いを生む違いなのかもしれません。

 

22b127a1b50666abcda17fd4aaaa21630e8a8d5b.jpg

 

 

医療費控除

成城のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日の産経新聞に医療費控除の記事が掲載されていました。

分かりやすい記事ですね。

 

当院でも自費治療の方には詳細を載せたオリジナルパンフレットを

差し上げていますので、ご希望の場合はスタッフにお申し付けください。

 

意外と治療費ってかかる場合がありますから、

領収書やレシートはこまめに全員分を集めておくと

年間では10万円を超えることはありますよ(笑)。

 

IMG_20170130_081304.jpg

20170130_081411357.jpg

サイナスリフトは意外と?

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

インプラント治療をする上で、一番難しいとも言われている

治療法の代表格「サイナスリフト」ですが当院では結構頻繁に行っています。

 

ちなみにサイナスリフトとは上の奥歯のインプラントをする骨が

無い方に骨を作る治療方法です。

 

理由としては確かに難しい治療と言えるとは思うのですが、

しっかり骨が全体的に出来るのでとても成果が高いのです。

 

ソケットリフトという治療方法を行う場合もありますが、

骨の出来方が部分的で思ったようには出来ないのが実情です。

 

これらを解消するにはやはりサイナスリフトがインプラントには必要です。

 

IMG_0209.JPG

睡眠時無呼吸症治療法のデメリット

20161204_174135231.jpg

 

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日、睡眠時無呼吸症の研究会に参加してきました。

 

歯科には関係のない病気のように思われるかもしれませんが、

治療で使うOAという装置を歯科で作るようになっています。

 

当院では扱っていませんが、

治療方法への勉強と思い参加してきました。

 

結論から言いますとOA装置自体のリスクについては

まだ未解明の部分が多く今後も取り扱いはしない予定です。

 

寝ている間、口の中に入れておく装置なのですが、

長時間かつ長期間つけるためかみ合わせの変化が一番のリスクです。

 

寝ている間だけつける矯正装置がありますが、

それと同じような反応をして噛み合わせが変化すると

考えれば分かりやすいと思います。

 

噛み合わせが変化しますと、矯正治療・オーラルリハビリテーションといった

大規模な自費治療でしか治療できなくなるためリスクが大きすぎます。

 

矯正治療やオーラルリハビリテーションといった治療方法は

一般歯科ではあまり扱っていないので軽く考えているのかもしれませんが、

両方とも扱っている当院ではその治療の大変さが身に沁みています。

 

睡眠時無呼吸症にはCPAPという別の治療方法が副作用が少ないと思います。

オーラルリハビリテーションセミナー

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日 オーラルリハビリテーションのセミナーを受講してきました。

 

オーラルリハビリテーションとは、噛み合わせが狂ってしまった方を

正しいかみ合わせに治療する方法です。

 

大掛かりで数年にわたる長期の治療が必要になります。

 

歯科分野の中でもかなり特殊で高度な治療方法ですが、

ニッチな分野なのであまり勉強できる環境がありません。

 

数年前に1年間のコース受講して、

現在では年1回のフォローアップによってアップデイトしている

ところです。

 

 

IMG_20161103_162904.jpg

アメリカの歯科事情

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日学会でワシントンDCに行きましたので、アメリカの歯科事情に

ついて書きます。

 

まず一般的な生活に関してですが、セキュリティチェックがすごく厳しいです。

人が集まる建物は特に厳しいです。

荷物チェックがあります。

 

飛行機に乗るときのようなエックス線を鞄に通されたり、あけて目視されます。

恐らく爆発物テロの警戒でしょうが、大型の施設はほとんど実施しているので慣れました。

これだけ、日本は安全なんだなと実感しました。

 

本題ですが、ワシントンDCでは歯医者は少ないです。

何かあってもどこにあるか分かりません。

ガイドブックや検索しないと絶対に分からないです。

その点、日本はどこでも歯医者が多いので恵まれています。

日本でしっかり歯の治療してから行きましょう。

 

お口のケアについてですが、歯ブラシが巨大です。日本では絶対売ってないぐらい大きいです。

スタッフ用に購入しましたが、日本のに慣れている我々にはとても使いにくいです。

しかもNYのドラッグストアで5から9ドルと割高です。

 

またホテルのアメニティに置いてないので絶対に日本から持って行ってください。

歯間ブラシやフロスなども手に入りにくいので注意が必要です。

低価格の電動歯ブラシは売っていますが、良いものは少ないです。

 

他に特徴的なのは、ホワイトニング用のストリップがあります。

日本では無いのですが、テープにホワイトニング剤を浸み込ませて歯に貼るものです。

効果は分かりませんが、恐らく今後日本でも目にすることができるかもしれません。

かなり以前から注目していますが、なかなか発売されませんね。

これは後日また報告したいと思います。

 

 

アメリカの歯ブラシ事情

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日アメリカのニューヨークに行き、

歯ブラシ事情について見てきましたのでご報告します。

 

まず歯ブラシが巨大です。日本では絶対売ってないぐらい大きいです。

スタッフ用に購入しましたが、日本のに慣れている我々にはとても使いにくいです。

しかもNYのドラッグストアで5から9ドルと割高です。

 

IMG_0379.JPG

上が当院で扱っている歯ブラシ。下がニューヨークで購入した歯ブラシ。

妙なカーブがついており扱いにくいです。

IMG_0380.JPG

 

IMG_0381.JPG

 

IMG_0382.JPG

サイズは特大で毛は柔らかいです。逆に扱いにくいサイズです。日本の歯ブラシはシンプルです。

 

IMG_0383.JPG

 

IMG_0384.JPG

裏側には舌クリーナーがついていました。これは良いアイデアです。

 

またホテルのアメニティに歯ブラシは置いてないので絶対に日本から持って行ってください。

歯間ブラシやフロスなども手に入りにくいので注意が必要です。

 

低価格の電動歯ブラシは売っていますが、良いものは少ないです。

 

 

サイト内の旧価格表示等について

当サイトの運営も10年を超えており、過去に作成した膨大なページ内容と

現在行っている治療方針とのズレが生じている部分も多少あります。

 

またサイト内の価格表示ついても、5%消費税だったり

旧価格の部分もあります。

 

しかし、膨大なページの確認が完全には出来ないため、

修正が追いついていない部分もあり参考程度にとお考えください。

 

実際の来院時には、詳しいご説明と正確なお見積もり致していますので、

ご安心ください。

 

  

か強診として認められました。

当医院は厚生労働省より平成28年4月から新設された

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」

略して「か強診」として認可されました。

 

『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』とは

歯周疾患の重症化を予防し、歯の喪失リスクの低減を図る観点から、

歯科医師が行う歯周基本治療等終了後の病状安定期にある患者に対する

定期的・継続的な歯周病安定期治療による管理を評価する診療所のことをいいます。

 

現在のところ、50から100歯科医院程度に1医院しか

認められていないとても厳しい基準です。

 

また、詳細として次の要件が挙げられます。

1)歯科診療所であること。

2)歯科医師が複数名配置されていること、あるいは歯科衛生士が一名以上配置されていること。

3)歯科外来診療における医療安全対策に係る研修、高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けた常勤の歯科医師が一名以上配置されていること。

4)歯科訪問診療科、歯科疾患管理料、歯周病安定期治療及びクラウン・ブリッジ維持管理料を算定していること。

5)緊急時の対応を行うにつき必要な体制が整備されていること。

6)当該地域において、在宅療養を担う保険医、介護・福祉関係者等との連携体制が整備されていること。

7)医療安全対策につき十分な体制が整備されていること。

8)敷地内が禁煙であること。

など、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している場合に認定されます。

 

これにより、今まで保険内でのクリーニング・メンテナンスは3か月に1回でしたが、

歯周病などで歯茎の状態がよろしくない方に限り、

毎月クリーニングを行うことが可能になりました。

 

歯科外来診療環境体制

当院は厚生労働省が定めた歯科外来環境施設基準に

認定されている歯科医院です(平成22年より)。

 
歯科外来診療環境体制とは、
歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び
感染症対策としての装置・器具の装置などの
取り組みを行っている体制のことです。
 
ちなみに成城地区の歯科医院全27のうち、
この基準に適合している歯科医院は4軒のみです。
 
 
「詳細」
歯科外来環境施設基準とは、
1.医療安全に関する研修(感染症対策、偶発症に対する緊急時の対応、医療事故)
を修了した常勤の歯科医師が、配置されています。
 
2.歯科衛生士(3年制専門学校卒の国家資格)が5名常勤務しています。
 
3.初期対応が可能な機器を医療安全のために常時設置されています。
 
 

自動体式除細動器(AED)  

Medtronic LIFEPAK

経皮的酸素飽和度測定器

(パルスオキシメーター)

パルスフィット

 

酸素ボンベ及び酸素マスク

大和酸

血圧計

OmRon HEM-609

救急蘇生キット

CPRマスク他

歯科用吸引装置

東京歯研 フリーアーム

4.歯科用ユニットの数:4台

滅菌器:ウイルクレーブ3

 

5.当院では、安全で良質な医療を提供し、

患者さんに安心して治療を受けていただくために、

口腔外バキュームの設置や器具の交換などを通じて、

院内感染に対する配慮をはじめ、各医療安全に関する

指針の整備を行っています。

また、運送先として大学病院と連帯し、緊急時の体制を整えています。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日、平成28年4月から導入された「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の

講習会を受講してきました。

 

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」とは、

従来の「外来環境体制(感染予防や医療事故防止など、当院は取得済み)」

と「訪問診療」を合わせた歯科医院です。

 

厚生労働省の意向が色濃く反映した方針と言えると思いますが、

条件が厳しく東京では5%以下になるのではと予想しています。

 

当院では順調に行けば7月より認定されそうです。

 

1464424171208.jpg

保険改正のセミナー

1459061367783.jpg

 

こんにちは。

先日二年に一回改正される歯科保険について

スタッフ全員で保険改正のセミナーに行ってきました!!

 

有楽町のよみうりホールで開催されました。

待ち合わせをしていたのですが、最近東京に引っ越しをしてきた

新しいスタッフが迷子になってしまう事件もありましたが、

しっかり勉強してきました!

 

保険内でできる治療にも決まりがあり、難しいこともありますが

より良い治療が出来るよう検討していこうと思います。

 

成城学園前の訪問歯科診療

 成城ファーストデンタルクリニックは

在宅療養支援歯科診療所の要件のいずれにも該当し、

在宅等の療養に関して歯科医療面から

支援できる体制等を確保しています。

 

在宅療養支援歯科診療所とは、

訪問診療を行うにふさわしい施設として

厚生労働省が求める施設基準が備わっている診療所のことです。

 

在宅療養支援歯科診療所の施設基準

(1)歯科訪問診療料を算定している実績があること。

(2)高齢者の心身の特性、口腔機能の管理、緊急時対応等に係る適切な研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。なお、既に受講した研修が要件の一部を満たしている場合には、不足する要件を補足する研修を受講することでも差し支えない。

(3)歯科衛生士が配置されていること。

(4)当該診療所において、迅速に歯科訪問診療が可能な保険医をあらかじめ指定するとともに、当該担当医名、当該担当医の連絡先電話番号、診療可能日、緊急時の注意事項等について、事前に患者又は家族に対して説明の上、文書により提供していること。

(5)当該地域において、在宅医療を担う保険医療機関と連携を図り、必要に応じて、情報提供できる体制を確保していること。

(6)当該地域において、他の保健医療サービス及び福祉サービスの連携調整を担当する者と連携していること。

(7)在宅歯科診療に係る後方支援の機能を有する別の保険医療機関との連携体制が確保されていること。

(8)年に1回、歯科訪問診療の回数等を別添2の様式18の2を用いて、地方厚生(支)局長に報告していること

入れ歯の治療は難しい?

入れ歯の治療は難しい?と歯科医師仲間で話すことが多い。

 

実は私は歯科大学卒業後、2から3入れ歯を研究していました。

そのため入れ歯には多少自信が あった(過去形)。

しかし実際に入れ歯の治療してみるとうまくいかない事が少なくなかった。

 

ちなみにここで言う「入れ歯治療の成功」とは、キレイな入れ歯が完成する事ではありません。

痛みが無く快適な状態で満足してもらえているという意味です。

自分だけが下手なのかとさらに研究してみたが、

他の歯科医院で作った入れ歯も良い結果が出ていないことが少なくなかった。

 

 それ以降、素晴らしい名医から学ぶ機会もあった。

入れ歯で400万円という多分日本最高額をチャージする先生(当然入れ歯には自信がある)。

インプラント含めて1000万円以上チャージする先生(歯科治療全体に自信がある)。

いずれも入れ歯で苦労していた。

 

しかしその反面、入れ歯が得意とアピールする歯科医師が増えてきたと感じる。

本当にすごいと思う。

当院の周囲の歯科医院サイトを見ても確認され、頼もしい限りです。

 

私も臨床経験20年が過ぎ、現在注力している矯正、セラミック、インプラントなどに集中して

、入れ歯は得意な先生に依頼することが多くなると感じます。

正月勉強本の購入

成城のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

正月に読もうと思う本を専門店から購入してきました。

DSC_0205.JPG

 

年末年始は海外という方もいらっしゃるとは思いますが、

私の家族は国内派です。

それも自宅派。

 

ゆっくりしたいと言うこともありますが、

大晦日は普段は見ませんがテレビを見て鍋料理を食べる。

正月はおせちを食べて、神社に参拝する。

 

これが無いと正月を迎えたと言う実感がありません(笑)

その際に自宅で読める本があると時間つぶしになりすし、勉強にもなります。

 

最近はおせちを食べないとか

好きなおせちの材料だけしか買わないと言う家庭も

あるとお聞きしますが、大事な伝統を大切にしたいですね。

歯科医院見学

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日の日曜日を利用して歯科医院見学してきました。

 

以前と比べて当院も治療スタイルが確立してきましたので、

最近は歯科医院見学も少なくなっています。

 

今回は当院とはやや違うタイプの歯科医院ですが、

いろいろ刺激があればと思い行ってきました。

 

fb32c41b2ad877a26e83acef1d89a1cca2cd62d1.jpg

 

直接勉強になった点に加えて、

いろいろなアイデアも浮かんで頭をフルに使った(笑)

充実した1日でした。

 

矯正セミナー5回目終了

成城の矯正医 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

矯正セミナー全12回中の5回目が終了しました。

今回は矯正治療計画がメインテーマ。

 

矯正治療は専門医間でも治療方針が別れるケースが多い。

そのため一番テーマとして興味深いものです。

 

講師の先生は成長に関する研究をされていた方のようで

この辺りはかなり詳しくお話を伺えました。

 

DSC_0204.JPG

終了後に神田川沿いを水道橋まで移動。歯科の本屋で専門書を購入しました。

 

歯科医師会

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

大分前ですが、患者さんから

「先生は歯科医師会入っていないんですか?」

と聞かれたことがあります。

 

開業して15年。

初めて歯科医師会について聞かれました。

結論から言うと歯科医師会には加入していません。

 

最初は加入しようかなとも思ったのですが、

知り合いの先生もなく先輩から誘われることもなく

今日に至ります。

 

特に困ることもなく、

また不自由を感じることもないのが現状です。

 

患者さんの考えでは

歯科医師会というものが技術などの認定を

行っていると想像していたらしく、

全く関係ないことをお伝えして矯正治療を始めています。

 

DSC_0188.JPG

その件以降、今年のGWに起きた事件で新聞に掲載されていました。

 

内容に関しては歯科医師会に加入していない

私には分かりませんが、どうも歯科医師会というのは

まとまりがない組織のような感じがします。

 

もっとも歯科医師会がというだけでなく、

歯科医師というのは一般的にわがままが多いです。

自分が言うのもなんですが。。。(笑)

 

例えばみんなで宿を手配することになると、

まとまって誰かが予約すると文句を言う人が出るので

「各自で予約してください」と言うことになります。

 

しかし、歯科医師会という組織がそれでは

成り立たないので今後に期待したいと思います。

 

矯正歯科セミナー2回目

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日の九州一周の疲れがまだ足に残っています(笑)

 

矯正歯科セミナー2回目受講してきました。

 

1431238492625.jpg

 

内容は基本的なもので過去にもセミナーで

3回ぐらいは習ったものですが、微妙に各先生ごとに

やり方が違うので、その違いが面白いです。

 

今まで普通に使用していた器具にも

こんな使い方がありますとお聞きして

知らんかったーと勉強になりました。

 

自分にとって復習系のセミナーは

新しい発見は少ないのですが、グレードアップ的にはスグ役立つので

費用対効果は意外と高いと感じています。

あと10回ありますので、楽しみです。

歯科専門誌を購入

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

歯科の中でも普段読んでいない分野の専門誌を購入しました。

e92af923c5b1d0308e127ef43494d0439a1265fe.JPG

 

歯科医師になり長年購読していた専門誌を

変更しようかと検討している最中です。

 

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

昨年の当院は技術的にも経営的にも安定して

充実することが出来たと自負しています。

 

消費税アップの悪影響があったと言われていますが、

昨年年初からの対策(秘密)などにて克服することが出来ました。

 

スタッフ教育にも力を入れ、診療レベルアップと

勤務負担を分散できたのでご迷惑かけることも少なかったと思います。

 

今年は更に磨きをかけると同時に、悪い部分は捨てる勇気を持ちたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

 

 

ファーストデンタルクリニック 歯科医師 平澤

 

衆院選における混合診療の解禁

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

衆院選の医療公約を各党読んでみました。

 

細かくは各党のサイトをご覧頂きたいのですが、

全体的に保守政党は医療に対して厳しい

左翼政党は医療に対し大盤振る舞いだが財源等は明記なし

といった傾向が感じられました。

 

現実的に可能性の高い公約としては

「混合診療の解禁」があげられます。

 

自費治療される方の場合、

もちろん歓迎なのですがどこまで解禁されるかが問題です。

 

実は歯科でも一部解禁されており、

上下総義歯のみ混合診療になります。

 

総義歯しかも上下ともにとなると意外と少なく

滅多に使えるケースではありません。

 

保険料をたくさん払っている人も多いので

できるだけ使勝手の良い公平なものになるのが期待されます。

産経新聞

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

最近、朝日新聞をやめて産経新聞を取っているのですが、

結構 歯科関係の話題を掲載してくれています。

 

今回は震災で歯型確認した歯科医の話。

DSC_0430.jpg

 

実は私の同級生の歯科医に歯型で身元を調べる

法歯学の専門医がいるのですが、意外と大変だそうです。

 

どんな形にせよ頑張っている歯科の話題が載ることは良いことです。

 

臨床審美歯科セミナー

成城学園前の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

いろいろな意味で勉強になったセミナーでした。

DSC_0189.jpg

 

いままでは知らないことを勉強に行くという思考だったのですが、

今回は得意分野をアップデイトが行えたと感じました。

 

メーカーや歯科医が良いという治療でも

実際にはその通り治療してもなかなかうまくいかない事があります。

 

そのような場合、通常は自分のやり方が悪かったのかなとも

おもうのですが、実際には治療方法や材料が不良品なことがかなり

あります。

 

今回はその辺のところを表裏無く下さったので

本当の意味での勉強になったと思います。

 

臨床審美歯科セミナー終了

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

週末に雪に中に臨床審美歯科セミナーを受講してきました。

DSC_0192.jpg

 

講師は大阪のミナミ先生。

いろいろな意味で勉強になりました。

 

今回は審美系のセラミックス、ホワイトニング、コンポジットレジン

などを中心に勉強しました。

 

すべて当院で導入している技術ですが

更なるレベルアップが出来たので良かったです。

 

 

ラミネートベニアのセミナーに参加

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先週末は審美歯科 特にラミネートベニアのセミナーに参加 してきました。 

 DSC_0150.jpg

 

ラミネートベニアとは歯の表面だけを削ってセラミックを貼る治療法です。

比較的マイナーな治療法ですが、変色した歯を治す場合に有効です。

 

全体を覆うセラミッククラウン治療との比較ですが、

削る量がやや少ないのが一番大きなメリットです。

デメリットとしてはわずかに出っ歯気味になることでしょうか?

 

当院としては今まで要望のあった場合のみ対応してきましたが、

 これからはより積極的に提案していきたいと思います。

 

割れた歯

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

歯を抜くのは得意のほうですが、あまり好きではありません。

というのも、頑張って抜いても正直喜ばれることが少ないからです。

 

体を傷つけることですから、丁寧に治療しても

どうしても腫れたり痛くなることは避けれません。

 

それでも必要なことなので抜きますが、先日抜いた歯がこちら。

IMG_3872.JPG

 

ちょっと分かりにくいですが、先が曲がっています。

結構曲がっています。

 

歯科医ならこれだけ曲がっているとどれだけ難しいか想像できます。

真っ直ぐでストレートならスグですが、わずかでも

曲がっていれば抜けませんから。

 

 

 

歯周病再生治療エムドゲインセミナー

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

昨日の休みを利用してエムドゲインのセミナーに参加してきました。

DSC_0169.JPG

 

エムドゲインとは歯周病の再生治療に使う薬ですが、

特に今回は歯周病のスペシャリストの先生とドイツから教授

そして歯周病学の教授が一堂に会する豪華なセミナーでした。

 

歯周病再生の方法はいくつかありますが、

エムドゲインがリスクが少なくかつ成果も良いようです。

 

また経年的にかなり再生するようでこれからも期待できる治療方法です。

ただ唯一の難点が、患者さんに分かりにくいこと。

 

他の治療と比較してどれだけ改善したのかと言うことが

レントゲン等でしか分かりにくいので、実感が難しいとこうことでしょうか。

 

成果も長期的に良くなるので、実感は得られにくいのですが

他の方法では得がたい成果が得られます。 

 

 

歯科医院で買える電動歯ブラシ

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

最近宣伝しているとあるメーカーの電動歯ブラシ。

気になったのでアマゾンで買おうかと調べてみました。

 

しかしよく考えて見ると、歯科材料店経由で買えば、

卸値で入手できると思い直し、注文してみると意外な事実が!!!

 

なんと一般の小売店には卸しているが、歯科医院には卸せないとの事。

 

逆のケースは良く聞きますが、

歯科材料店なのに歯科医院には卸せないとは。。。

 

更に聞いてみると旧モデルなら卸せるとの事。

しかし値段を聞いてみてビックリ!!

 

アマゾンでは14000円台が

歯科材料店卸価格は20000円以上??

 

電動歯ブラシはアマゾンが良いかも。

詰め物の接着性

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

患者さんから見えにくい部分ですが、

虫歯などで詰め物を作り替える場合に、

古い詰め物をすべて取ってしまうか

問題無さそうならそのまま一部残すか?という問題があります。

 

すべて取ってしまえば、古傷を呼び覚ますことにもなるのではと

 心配する方もいらっしゃるとは思いますが、

私の場合は古い詰め物をすべて取ってしまう派です。

 

どうしてかと言いますと、問題無さそうと思っていても

そのまま古い部分を残すことでトラブルになることが多いためです。

 

古いために接着剤が緩んでいたり、中が想定外の虫歯に

なっていたりしていることが多いのです。

 

そして詰め物の接着性が悪いと、隙間から虫歯や歯周病の原因になります。

そのためリフレッシュさせる意味でも取り外すことが多いです。

技工物の管理体制強化

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日質問サイトを見ていたら、

とある歯科医院の技工物の管理体制に怒っている方がいらっしゃいました。

 

技工物とは歯の詰め物やセラミックなどのことを言うのですが、

これが予約した日に間に合わないので変更してくれと連絡があり困った

との内容でした。

 

こういった事は頻度は少ないのですが、歯科医院ではアナログな管理で

恥ずかしながらヒューマンエラーなどで数年に1回は起こるのが現状です。

 

もちろん他の歯科医院での話しですが、当院でも起こりえる話です。 

 発注、配達、予約さまざまな要因が考えられますが、

言えることは「患者さんに迷惑がかかり、信頼が喪失されている」ということ。

 

そのため当院では約半年前から7つの対策をこうじて管理体制を強化してきました。

 

おかげで今のところ問題は生じていませんが、

引き続き管理体制を強化していきたいと思います。

オーラルリハビリテーションセミナー終了

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

長かったオーラルリハビリテーションセミナーが終了しました。

 

受講する前には得意の補綴分野だし、受講料も高額なため

迷いましたが、結果として得るものが大きいセミナーでした。

 

R0012682.JPG

オリエンタルホテルの修了式にて。

 

今までのセミナー受講というとどちらかというと

苦手な未知の分野開拓という視点で選定していたが、

得意分野の強化という意味で良かったというのが実感です。

 

また単に学術的なことだけでなく、実践的なことも

教えていた頂き今後の診療にも役立てたいことばかりでした。

 

オーラルリハビリテーション 5から6日目

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

週末を利用してオーラルリハビリテーションコースを受講してきました。

このオーラルリハビリテーションコースですが、日本全国から

意識の高い先生が集まっているようです。

 

ただ今まであまり自費治療などを扱っていない先生は

普段の診療に落とし込めていない感じがします。

 

全8回のうちすでに6回が終了しましたが、

私もようやく普段の診療に取り入れ始めた感じです。

現在はスタッフにも教えてサポートしてもらうようにしている

状態です。

介護疲れが歯にも影響

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

最近多いのが介護疲れが歯にも影響していることが多いことです。

 

最近見ないなーという患者さんが

急にいらっしゃるとそれまで考えられないぐらい

歯が悪くなっています。

 

お聞きすると親の介護で地方に行っており、

歯のケアどころではなかったとのこと。

 

真面目な人とは思いますが、自分が悪くなっては

逆に迷惑をかけると思うので、自分のケアも大切に!!!

歯から今までの経緯を知る

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

毎日いろいろな患者さんを見ていると

歯の状態から今までの経緯を知る事が出来ます。

 

先日の方は

「他院で作った仮歯が取れたので着けて欲しい。」が主訴です。

 

これを聞いただけで私の場合、違和感を感じます。

「それなら元の歯科にどうして行かないの?」

 

元の歯科が閉まっていた。という場合もあります。同業者として互いのフォローは必要です。

 

ところが口の中を見てみるとボロボロで

歯を抜いて治療したり、入れ歯にしないといけないところを

無理やり仮歯で止めているのです。

 

患者さんとしては入れ歯はイヤだし、

どうしようかと考えているうちにこんな状態になってしまったのかもしれません。

とはいえ5年以上は経っているとは思いますが。。。

 

本来駄目なのは前の歯医者です。

 

私のように「こんな無理のある治療は駄目だから、根本的に治療すべきです」

と言うべきところを、

「可愛そうだから、とりあえず仮歯を無理にでもつけておこう」

という一見親切心が患者さんに甘えを許し、

更に悪化させているとも言えるのではないでしょうか。

 

本当のやさしさとは違う気がします。

例えればタバコ禁断症状の出ている人にタバコを渡すようなものです。

違いますか???

オーラルリハビリテーション

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

最近はオーラルリハビリテーションを研究しています。

 

オーラルリハビリテーションとは簡単に言うと

かみ合わせをよくする治療方法です。

 

歯が悪くてかみ合わせがボロボロの方がいらっしゃいますが、

そういった方にかみ合わせを再構築するという治療です。

 

私はもともと補綴科というかみ合わせを研究していたので

その辺りは詳しいと思っていたのですが、年月は経ち

アップデイトされているようでかなり変わっていました。

 

これからも最新の治療方法を身に着けていく必要を感じました。

歯が丈夫という悲劇

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

歯が丈夫だったらと幸せ?と想像される方も

いらっしゃると思うのですが、

意外とそうでもないです。

 

歯に虫歯がほとんど無い

歯医者に行く機会がない

初期症状が少ない慢性疾患に気づきにくい

歯科で指摘受ける機会が無いので悪化する

久しぶりに歯科に行ったら手遅れになっている

 

慢心していた訳ではないのでしょうが、

結構重症で、歯を何本も抜かないといけない

状態になっていることが多いのです。

 

丈夫と思っても検診は欠かせません。

 

 

位相差顕微鏡の費用

【ご質問】

歯周病かなと疑う症状があり、

歯周病の検査を受けたいと考えています。

 

HPに書かれていた歯周病検査を

一通り受けたいのですが、

中でも位相差顕微鏡による細菌の検査は

ぜひ受けてみたいと考えています。


 

検査を受けた場合、費用はどの程度かかるのでしょうか。

おおよその数字で構いませんので、ご教示頂けましたら幸いに存じます。
よろしくお願い申し上げます。

 


 

【回答】

ご質問ありがとうございます。

 

歯周病の治療や検査を受けずに

位相差顕微鏡の検査だけを希望となると5250円になります。

(2019年10月現在は位相差顕微鏡検査は行っておりません。)

 

 

ただ、位相差顕微鏡による細菌の検査はサイトに書いてあるように

歯周病治療の一環で行っており、当院で歯周病治療を

受けられる方は特別サービスとなっています。

削らずに虫歯を治したい。

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

「削らずに虫歯を治したい。」

という患者さんがたまにいます。

 

誰だって歯を削られるのは嫌だと思うのですが、

虫歯を削らずに治すのは不可能です。

 

薬で虫歯を溶かすカリソルブというのもあるのですが、

完全には虫歯を取ることは出来ないようです。

 

ヒールオゾンという治療方法もありましたが、

普及する前に取り扱いメーカーが販売中止になりました。 

 

削らずに治せる画期的な治療方法は無いようです。

 

虫歯はもともと病気の部分です。

病気をそのままにしておいて良い訳がありません。

少しでも早く治療されることをお勧めします。

  

医療機関の難しさ

成城 歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

治療しているといろいろな患者さんに会います。

ほとんどが良い患者さんなのですが中には困った方も。

 

意外に困るのが、健康意識の低すぎる人。

患者さんによって健康意識の違いが大きすぎるのです。

 

例えれば

医療機関とはフェラーリと軽四を一緒の店で扱っているようなもので、

対象となるお客さんの幅がありすぎて、

ある意味で難しいのです。 

 

本来であればトコトン健康に対する指導をするべきなのでしょうが、

そこまで時間をかける余裕もありません。

 

こちらからもハッキリ断ることも必要な時期に来ているのかもしれません。 

見た目何ともないのに

助かりました。

 

 

きっかけは原因不明で前の歯医者さんから転院されてきました。

 

確かに見た目何ともないのですが、

精密検査してみると中には大きな虫歯が。。。

痛いはずです。

 

他にも見た目何ともないのに

炎症があるところがあり本人もずっと気になっていたとのこと。

 

また来週治療していきます。

 

ハイブリッドクラウン装着

R0012228.JPG 





虫歯の取り残ししている?

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

二次齲蝕という専門用語があります。

以前治療した歯がまた虫歯になることです。

 

そんな時、古い詰め物を取るのですが

中に以前の先生が治療した薬が入っていることがあります。

今回の虫歯とは別のところです。

 

そんなときに、以前の先生が治療した場所なので

表面はとてもキレイです。

 

そのままにして新しく作る先生も多いと思いますが、

私はほとんどの場合で以前治療したところを外してその中も治療します。

 

 なぜか?

 

一見きれいな部位でも結構な割合で虫歯が多いからです。

前の先生の虫歯の取り残し?と思われる部分もかなりあります。

 

 恐らく一般の方なら虫歯なんて取り残しなんてありえないと

思われると思うのですが、結構あります。

 

そのため新規の先生が勤務するときにこの点を徹底して

指導しています。

 

以前勤務していた先生から

「あの虫歯の確認方法 (企業秘密) が今でも役に立っています」

と退職後に会ったとき感想をもらったこともあります。

 

意外に虫歯を徹底的に取ることは難しいのです。

コンクールF は危険かも?

 成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

 gelcoat.png
 
当院で扱っているジェルコートF。
 
クロルヘキシジンという成分が入っています。
 
歯周病に効く成分です。
 
この兄貴分の「コンクールF」というもあるのですが、
これもクロルヘキシジンが入っており希釈タイプの洗口剤です。
 
どちらも人気があるのですが、コンクールF は置いてません。
 
なぜか?
 
使用方法にはない原液使用する方がいるのです。
通常は50倍ぐらいに薄める必要があるものです。
 
しかも クロルヘキシジンは副作用があるので高濃度では危険です。
 
そのためストレートタイプのジェルコートFしか置いてません。
 
ジェルコートはムシ歯予防効果もあります。
 

歯科治療に地域格差は存在するか?

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

歯科治療に地域格差は存在すると思いますか?

 

健康保険では扱える内容・費用共に変わりありません。

しかし、地域格差は結構あるというのが個人的な実感です。

 

もちろん地方にも高度な歯科治療している先生はいますし

、実際に週末などに上京して熱心に勉強しているのをよく見ます。

 

私も岡山大学出身なので決して地方を馬鹿にしているわけでは

ありません。

 

求められている医療の質が違うのです。

 

私も

岡山大学

→岡山県北の口腔外科(夜8時になるとほとんどの店が閉まる)

→東京都市部の一般歯科(夜になると打ちっぱなしが大繁盛)

→世田谷区に開業

と仕事してきましたが、結構違います。

 

もちろんもっと中心部、銀座などではもっと違うのだと思います。

 

具体的には都会ほどほったらかしの人は少ないです。

早めに治療していく良い習慣がついていますね。

 

歯科医師の立場からすると、都会は大きな症例は少ないです。

逆に入れ歯の治療がしたければ地方が多いですね。

 

歯内療法セミナー

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

今日は診療を早めに終了して 歯内療法セミナーを受講してきました。

R0012012.JPG

 

講師は歯内療法専門医のS先生。

 

歯内療法とは神経や根の治療ですが、難しいケースはなかなか治りません。

そんな場合でも抜かずに治したい方向けの専門医です。

 

 以下、歯科医師向け内容

 

歯内療法で歯を残すか?

抜歯してチタンの土台を骨に埋めて

セラミックを被せる治療にするか?

 

「歯を残せるかどうか分からないが、専門医としてベストを尽くします」

と説明しています。

それでも治してほしいという患者さんが対象。

 

紹介で3ヶ月先まで予約埋まっている。痛いときは急患処置はしてくれる。

 

費用は10から15万円。ほぼ2回で終了。根切などのオペは別料金。

自費で被せるから合計で1歯20から30万円という計算になり、

抜歯してチタンの土台を骨に埋めてセラミックを被せる治療に近い金額になります。

 

治療症例の紹介。

上6番の根治でよく治って、根充後6ヶ月で上顎洞の炎症まで治ったもの。

クインテッセンス2012.2月号からの連載にも載っているらしい。

 

エックス線透過像はいつ消える?

治療が良くても、完全に消えないこともある。

 

デンタルは正方と遠心から偏心の2枚撮りで確認する。

 

痛みが長期間続いている場合には、非定型歯痛になっている場合もあるので

「痛みが完全に取れない場合もある」と事前によく話をしておく。

 

CBCTは歯内療法ではほとんど不要。

診断がつかないもしくは根管が開かない場合ぐらい。デンタル2枚で十分。

 

ここからは根管形成

太いファイルを無理に入れずに細いファイルに戻す。

Turn and Pull within 45 degree.

 

#10 手用Cファイル

#15 手用RTファイル

#20以降はNTで機械的に拡大

 

#10から#15へは50%も大きくなるので拡大難しい。

#10を1ミリオーバーさせると#12相当になるのでそれで拡大する。#12.5を使う方法も。

#10で開かない場合は#8#6とダウンさせる。

#15までの拡大にほとんどの時間を使っている。根管のカーブに沿わせる。

 

コロナルフレアの形成はとても重要。その理由として

1.直達性あがる

2.感染歯質除去

3.余分な歯質除去

4.洗浄液が深部まで届きやすく

5.作業長の変化が少なくなる

 

コロナルフレアの形成はゲーツ2-3-4-3-2と使用。

 

マイクロスコープ歯内用は光源と視線が一致しているので

中から根先まで直視できる。

 

洗浄はネオクリーナー。

根充前はEDTAで2分してスメア除去。

GPソルベントは根先から出ると痛いので説明しておく。

 

症状無ければ透過像だけでは治療しない。ただし病巣大きくなるか経過は見る必要あり。

バイトは落とさない。予後が良い。

 

時間が無いため、根充以降は触れずに終わりました。

著書「誰でも治せる歯内療法」

セミナーは一般告知はしていないので澤田デンタルクリニックのサイトから

申し込んでください。半年ぐらい先まで埋まっている。

貧血と歯科

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日スタッフの衛生士さんから指定してお土産にしてもらったいぶりがっこ。

おいしかった。。。

R0011709.JPG 

 

 さて本題、

歯科に貧血が関係するのか?

 

手術するとかとなると貧血が酷いと無理ですが、

正直、通常は関係ないことがほとんどです。

 

しかし先日のかたは違いました。

貧血で倒れて歯を強打してめり込んでしまったとの事。

 

めんこんだ歯に噛み込んでどうにもお痛みの様子。

 

こんな場合、経験のない方はめり込んだ歯を

ペンチで元に戻せば良いと考えます。

 

私も新米歯科医のときにやったことがありますが

まずうまくいきません。

 

おそらく歯の周りの骨が曲がってしまって、

歯を元には戻せないのだと思います。

 

無理にやれば歯を抜くことになってしまいます。

 

でもこのままでは痛すぎる。

では、どうしたのか?

 

企業秘密なので詳細は明かせませんが、

安全な方法で患者さんは痛くもなく生活できるようにして

帰っていただきました。

 

おそらく貧血でくらっとしたときに

意識を失いそのまま強打したのでこちらの想像以上の

力がかかったのでしょう。

 

恐るべし貧血。。。

 

入れ歯な日

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

今日は入れ歯な日でした。

朝から入れ歯の調整に調整を繰り返しました。

 

先日出来たばかりの新しい入れ歯の患者さん。

 

作った直後に

「気持ち悪いので削って下さい」

と言われたのですが、

「出来たばかりだから、これで慣れてみて」

と冷たく帰しました。

 

今日いらっしゃったら

「まだ少し気持ち悪いけど、大分慣れました。

前の入れ歯に比べると新しいほうが良く噛めますね。」

とのお言葉。

 

私が作製した入れ歯は

「噛み合わせ矯正の仮入れ歯」

です。

 

最初は違和感大ですが、慣れてきたら良い感じになります。

入れ歯って個人差がかなりあります。

 

治療としてもイン プラントが100点を目指せる治療としたら、

入れ歯だと良くて70点までの治療と思います。

 

器用な患者さんなら使いこなせるのですが、

そうでないと入れ歯が逆にストレスになる場合もあるのです。

 

 

 

歯科衛生士の魅力

R0011767.JPG 

 

 

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

最近、ある方から聞くところによると

就職難で有名大学でもわざと卒業論文を提出せずに留年をして

就職浪人を避け、来年の就職活動にかける大学生が増えているとの事。

 

学生いわく「就職浪人より新卒なので断然良い」との事。

経営者でもある私は「本当かな?」と思います。

 

きっと優秀な方なのだと思うが、学力以前に

どのような方向に進むかが大切だと感じます。

 

その点、

歯科衛生士は平均求人倍率10倍以上。

東京都の歯科医院における平均歯科衛生士数は約0.4人。

 

となっておりとても就職は学生有利です。

 

特に夜間でも昼間でも3年で取得できる資格なので

働きながら夜間で歯科衛生士の資格を取るので良いのではと

思います。

 

確かにITやアパレルなどと違いオシャレな仕事とは

言いにくいですが、そういった部分にこそ

景気や流行に左右されない有利な仕事ってあると思います。

 

当院では2人の歯科衛生士が頑張ってくれています。

興味のある方には学校の紹介などもしています。

  

歯科ルーペを使ってみた。

R0011720.JPG

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

歯科用のルーペを使って見ました。

 

以前から良く見えるなら、事あるごとに試しています。

今まで駄目だった理由として眼鏡と干渉することです。

 

今回眼鏡と全く干渉しないタイプを見つけたので

試してみました。

 

今までの問題点はなくその点は素晴らしいです。

しかしまたもや買う気になれませんでした。

 

というか無いほうか良く見える!!

 

とても歯を削るまでには至りませんでした。

 

このタイプとしては高倍率の3.5倍ですが、、、

作業距離と焦点深度を考えるとこれ以上倍率を上げていいものか??

 

まだまだ老眼には遠いようです。

6月は医院新記録

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

6月は医院新記録となる、再初診数となりました。

 

再初診とは一回治療が終わった患者さんが

また来て下さったという意味です。

 

簡単に言えばリピーターですね。ありがたい話です。

全国的にも歯科医院の患者数が増加傾向みたいです。

 

歯科治療の重要性が

再認識されつつあるのかもしれません。

 

逆にスタッフが不足気味になっており、

一部電話が取れない場合がありご迷惑をおかけする

ことがたまにあります。

 

現在スタッフ募集していますので

よろしくお願いします。

 

 

 

成城限定の提携歯科医院募集

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日から受付出来なかった患者さんの統計を取っています。

 

受付出来なかったとは「痛いからすぐ見てくれ」

と飛び込みでいらっしゃっても予約で手一杯の場合、

1時間ぐらい待ちそうですと言うと帰ってしまう患者さんのことです。

 

恥ずかしいのでデータの公表は控えますが、

意外に多く対応の必要性を実感しました。

 

下手すると小さい歯科医院の月間初診数が

倍になるくらいです。

 

歯科医の求人も行っているのですが、

時機を逸したためか反応も少なく対応出来ていません。

 

そこでお近くの歯科医院の方で

急ぎの患者さんを診てもいいよという先生いらっしゃいましたら

下記問い合わせフォームより連絡下さい。

 

優先的にご紹介します。

オフィスホワイトニング一新

R0011584.JPG

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

当院で人気のオフィスホワイトニングですが、

米国で最新のオフィスホワイトニング材料に新しくしました。

 

もちろん日本でもオフィスホワイトニング材料は売っているのですが高いのと

薬事法の関係で米国で販売されているものと比較すると3世代くらい

以前の古いタイプなのです。

 

高くて古いのでは競争力はありません。

 

どのような点が変更になっているかというと、

より白く、しみにくくなっています。

 

オフィスホワイトニングは薬で歯を漂白するのですが、

副作用として歯がしみ易くなります。

 

新しいタイプですとしみにくくなっているため

快適なオフィスホワイトニングが受けられるというわけです。

 

 

 

 

昔の患者さんが戻ってきた!

成城 歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日、数年前に治療を終えて引越しされた患者さんが

戻ってきて下さいました。

 

引越しといっても都内なのですが、当院まで1時間以上もかかるので

近くの歯科医院に通院されていたそうです。

 

今もそちらにお住まいなのですが、通院されていた

歯科医院に「不信感」が出て、信頼できる当院を思い出し

相談に来て頂いたとのこと。

 

いろいろお話を伺ったのですが、結局のところ前医の診断と当院の診断は

ほとんど同じでした。

 

では何が「不信感」の原因になってしまったのか?

 

私見ですが・・・

「突然思いがけない診断で信じられない。」

 

というのが大きい要素のような気がします。 

 

 医療というのは残酷な部分もあって、

必ずしも患者さんが希望していることが出来るとは

限りません。

 

時には希望していないような治療の必要性も

お話しないといけなくなることもあるのです。

 

つまり小売店で例えれば、希望している商品と提供する商品が

まったく異なるということが起こるわけですから、

信じられなくなるのも無理は無いというわけです。

 

今当院ではそう言ったことも克服すべく対策を練っていく予定です。

5月1、2日診療します

成城の歯科 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

ゴールデンウィーク中の診療ですが、5月1、2日診療します。

 

特に2日は水曜日ですが診療になりますので、

お気をつけください。

 

現在の予約状況ですが、

5月1日はキャンセル待ち。

5月2日は診療・クリーニングともにすこし空いています。

 

GW明けは7日月曜日になりますのでよろしくお願いします。

 

前医の善意?治療で困ってます

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

 普段治療していると前医の善意による治療と思いますが

困ることに遭遇します。

 

例えば、本当は長持ちしない治療方法を

患者さんの希望だからと言ってしてしまっている。

というような内容です。

 

当然スグに壊れたりしますので、こちらで治療するわけですが、

同じ内容にしてほしいとなると長持ちませんので

オススメできないという話になるのです。

 

患者さんからすれば前の歯医者では出来たことが

どうして出来ないのか?! という話になります。

 

前の歯医者さんでそう言った話をしていないため

こちらで困るといった内容です。

 

良い事も悪い事もしっかりアドバイスしてくれる

歯科医院を選びたいですね。

歯科レントゲンは安全か?

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

震災からシーベルトという被爆量が

知られるようになりましたが、

歯科レントゲンはどの程度でしょうか?

 

調べたところ

ブラジルのガラバリ市自然放射線年間 10.0 ミリシーベルト

世界の自然放射線年間 2.4 ミリシーベルト

東京ニューヨーク航空機往復で 0.2 ミリシーベルト

歯科レントゲン大きいものでも 0.05 ミリシーベルト

 

数百枚も撮影しても問題ないようです。

歯科用カメラリューアル

 

R0011316.JPG 

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

歯科用のカメラを買い換えました。

 

バッテリーの認識がエラーになっていまい、

他にもオートフォーカスがおかしい問題もあったので

買い替えになりました。

 

歯科用カメラというのは規格写真のようなものなので

デジタル処理の問題もありあまり変えないほうがいいのですが、

数年に一回は変えざるを得ないようです。

 

ちなみに上の写真は手持ちのコンパクトカメラ。

下の写真は新しい歯科用カメラ。

 

IMG_1230.JPG

全然違う。

 

シリコン印象

R0011292.JPG

 成城 歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

当院ではイン プラントや矯正の治療のために、

シリコンで印象する(型取り)ことが多いです。

 

このシリコン精度は一番良いのですが、

口というウェットな状況では扱いにくい材料です。

 

しかし探せばあるもので親水性の高いドイツ製の

シリコン印象材を使って綺麗に型取りしています。

ラミネードベニアをセラミッククラウンに

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

 

ラミネードベニアは私見だがあまり良くない治療と思っている。

 

もちろん私の技術不足と言うのもあるのだろうが、

理論的には良いものなのだが実際は良くない結果に

至ることが少なくない。

 

ラミネードベニアは割れ易い。色がキレイにならない。

 

ラミネートベニア自体が薄いため、発色が悪い。

また接着材の色がにじみ易く、安っぽい色になりがちだと思う。

 

セラミックで全体を被せるほうが

色もキレイで丈夫で長持ちするのでオススメしています。

歯の土台 補強工事必要です。

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

治療しているといろいろなことを考えるのですが、

良く遭遇するのが歯に土台を入れずに被せている

ケースが多いです。

 

神経をとった歯の場合、歯を補強する必要があるのですが

これをしていない場合が結構あります。

 

確かに外から見えるものでもなく、頂ける費用も少ないので

、ほとんどボランティアみたいなものですが

歯に土台を入れて補強することは必要ですね。

 

先日も歯が折れた方がいらっしゃって

、土台が入っていたらなーと心の中で思いました。

日本の歯科100選に選ばれました。

ortho251.jpg

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日発売された、日本の歯科100選に選ばれました。

アマゾンなど全国の本屋さんでも発売されている本だそうです。

 

当院の地道な取り組みが評価されたものと思います。

 

待合室の本棚に日本の歯科100選の本を置いておきますので

ご覧になってください。

 

お正月に困ること

あけましておめでとうございます。

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

大晦日とお正月、日本人としてやっぱり外せない習慣です。

以前、年末年始を洋式で過ごしたことがあるのですが、

そばやおせちを食べないと年を越した実感がわきません。

 

でもお正月に困ること。

食べ過ぎて太る。

 

しかも寒くて運動する気になれない。

いやー、それ以上にお正月はのんびりしたい。

 

自転車は今日105キロぐらい乗ったけど、

よく考えると7日間の休みで、走っていない!!

 

明日から仕事です。

気分を入れ替えてがんばります。

年内ラスト診療

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

今日で年内の診療終わりました。

 

今年の傾向として

「医学の常識は無視しても、自分の思ったとおりにして欲しい」

という患者が若干いました。

 

もちろん丁寧に説明はするのですが、なかなか理解できないみたいで

結局はお断りすることになることも残念ながらある。

 

このような方は今後も増える傾向にあると他の歯科医院先生から聞くが、

当院のある成城は頭の良いかたばかりなので

他の地域よりかなり仕事はやりやすく感謝しています。

 

来年もよろしくお願いします。

ミラクルデンチャー セミナー in 大阪

 

IMGP2331.JPG

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日は大阪でミラクルデンチャーの講習会に参加してきました。

 

ミラクルデンチャーとはチタンの土台を骨に埋めて

セラミックを被せる治療の代わりになるような

快適な入れ歯のことです。

 

もちろんチタンの土台を骨に埋めて

セラミックを被せる治療のほうがしっかりしていますが、

体の具合等で出来ない方もいらっしゃいます。

そこでこのミラクルデンチャーの出番です。

 

ミラクルデンチャーの特徴として

違和感が少ない

良く噛める

見た目が良い

など良いことが多いようです。

 

ただこれから実際に治療してみないと

分からない部分もあるのでこれから

臨床に応用していく予定です。

 

 信頼できる先生(自らミラクルデンチャーを入れている先生)筋の

情報では、かなり信頼できる技術とのことなので

今後が楽しみです。

遠方から来て下さる患者様へ

 

駅からの動画案内できました。

 

急増

R0010910.JPG

急増した当サイトへのアクセス。

でもテレビネタで来ていたみたい。

 

テレビの影響ってすごいですね。

 

汚い歯

毎日口の中を見ていると

たまに見ている汚い歯に遭遇する。

 

汚い歯といっても、汚れが溜まっているのではありません。

 

パッと見た印象が汚い。

 

言葉にすると自然じゃないというか、

いかにも今まで治療してきて、つぎはぎだらけになってると

言う印象が強い場合がある。

 

自然な美しさからはかけ離れていると言うべきか。

 

ほとんどが保険のみで治療している場合で、

材料や治療方法の限界がもろに出ていると言わざるを得ない。

 

近い未来に破綻をきたす場合が多いようです。

歯は動く

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

真面目な歯の話を。

 

歯って何もしなくても動くことあります。

 

年単位で見ていくと、結構動いていて1-2ミリぐらいは動いています。

もちろん矯正はしていない人の話です。

 

かみ合わせのバランスが悪い人が、

歯周病になって歯茎がゆるくなったのが多いパターンです。

 

でもほとんどの方は気付かないうちに動いていて、

「いつの間に!?」

ということが多いようです。

 

定期的なメンテナンスを受けていれば

それほど心配ありませんが、

何もされていない方の場合は心配ですね。

歯の悲劇

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日来られた患者さんの話をします。

 

 他院より転院された患者さまなのですが、

セラミックを外して仮歯になっているところを

新しいしく変えたいとのこと。

 

うかがってみると患者さん本人の最初の治療希望と

実際に前医がしている治療が逆のもので、

私のところに来た時点では希望の状態には

たどり着けなくなっていました。

 

このような事は、気をつけないとありえる話だと思います。

 

一人ひとりの治療の希望というのは様々で

実際にうかがってみないとわかりません。

 

患者さん自身の中では理論的に正しいことであっても、

医学的にはどうしようもないこともあるのです。

 

そういったミスマッチを防ぐには、

しっかり希望を聞く、伝えるということが重要です。

 

ファーストデンタルクリニックでは事前にお話をしっかり伺ってから

治療を始めています。

安心感が全然違いますね

先日いらっしゃった患者さんの話。

 

この方はご結婚されて成城より引越しされて

地方にお住まいになっており、

赤ちゃんが生まれたそうです。

 

成城に来るのも大変なので近くの歯科医院に

虫歯の治療で行かれたそうです。

「この虫歯は神経を取って3ヶ月はかかりますから、

しっかり通ってきて下さい」

 

虫歯を削って薬をつめる段になって、

「あれれっ?」

「まいっか!」

 

その後、つめた所から茶色の薬が漏れてきて、

大変だったそうです。

 

大変不安になり、赤ちゃんを何とか預けて

当院に遠いところいらっしゃいました。

 

私が見てみると虫歯は思いっきり取り残しているし、

まず神経とらなくてすみそうだし

3ヶ月でなくて3回ぐらいですみそうだし。

 

「先生に治療してもらうと安心感が全然違いますね」

 

嬉しいお言葉頂きましたが、

普通に治療していればこんなことないですよ。

大変な歯科医に遭遇してしまいましたね。

 

中3の3月31日まで保険は無料

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

世田谷区は中3の3月31日まで保険は無料ですが、

千代田区など一部では高3まで無料になったそうです。

 

このように東京都でもかなり医療制度と言うのは違います。

 

近いところでは

世田谷区では中3の3月31日まで保険は無料ですが、

調布市では小学校までです。

 

つまり中学校3年間無料というのは区としての

独自の制度なのです。

 

よく成城に隣接する調布市入間町の患者さんが

いらっしゃるので当院では良く分かります。

 

七夕の行方

IMGP1364.JPG
 
ファーストデンタルクリニックの平澤です。

昨日で終わった七夕イベントですが、
たくさんの短冊を書いて頂きまして
ありがとうございます。

こう言ったことは
「書いたもん勝ち」な気がします。

書いたことも忘れたごろに叶う。
と信じています。

笹から外した短冊は大切に保管して
来月に太宰府天満宮に奉納してきます。


皆さんの願いことが叶いますように。

入れ歯セミナー

IMGP1205.JPG

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

日曜日に入れ歯のセミナーを受講してきました。

写真は最前列から撮ったものなので
何だか分からなくてすみません。


ファーストデンタルクリニックではイン プラントをしていますが
基本ともいえる入れ歯にも力を入れています。

その入れ歯が最近、進化しているのです。

イン プラントがどうしても出来ない方に
最新の入れ歯を提供すべく勉強しています。


もともと補綴科(入れ歯専門)出身のため
入れ歯は得意なのですが、
私が研究していた時期からは更なる進化を
遂げて、患者さんに安心して受けられる
レベルまでになったとも言えます。


今後は外れない総入れ歯
とイン プラントに迫る快適性の部分入れ歯を
導入予定です。


これからもファーストデンタルクリニックに
ご期待下さい。

GWは相馬市へ

IMGP1114.JPG

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

GWの3-4日と被災した福島県相馬市に行ってきました。

福島の第一原発からは50キロぐらい離れている場所です。


行ってみてわかるということがありますが、
本当にその通りでした。


実は私は阪神淡路大震災のときも被災してから1週間後に
ボランティアで参加したのですが、あの時は1月で
とにかく寒かったことを良く覚えています。

そのときとの違いは地震による被災は少ないようでしたが、
津波の被害が大きかったです。


阪神のときは地震で1階部分が潰されて2階が1階まで
きている建物が多かったのですが、今回は地震の被害は
瓦屋根の一番上の部分に集中しており、他の部分は
思ったより少なかったです。

もちろん見えない部分での被災も多いのでしょうが。


その反面、津波の被災は沿岸部で集中しており、
しかも道路を隔てたわずかな距離や高さの違いで
大きく被災の程度が違っていたのが印象的でした。

とにかく少しでも早く逃げたひとが助かった
そんなことが想像できました。


海岸線沿いのおみやげ物屋などはすべて潰れてしまって
商売できるお店がとにかく少なかったです。

幹線道路には警察車両や自衛隊車両が多く走っており、
のぞいてみると捜索などでつかれきった警察官が
眠っていました。


福島県内のテレビでは毎日被爆量のデータを公開しており
情報公開は進んでいる印象を受けました。

特に印象的だったのは、被災された方々が前向きに
生活されていたこと。

人間って本当に強い。と感じました。

NZ地震に協力。そして

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 火曜日に某歯科大学からニュージーランド地震
でまだ行方不明になっている日本人2人のうち
お一人の方が、当院の患者さんであるとの連絡がありました。

ご家族から個人情報公開の了解が得られていたため、
スグに歯式(虫歯の位置などがわかる物)の情報を
送りました。

すると2日後には確認が取れたと連絡がありました。

少しでも協力できたことに対する安堵感と同時に
東日本大震災に対する疑問も出ました。


大学時代の同級生で法歯学(身元不明者の歯式から
身元を割り出す)を勉強した友人に
電話して確認したところ疑問は確信になりました。

歯科医師会のサイトによると100人を超える歯科医師が
身元不明者の協力したそうですが、それは
身元不明の遺体を見ているだけではないのでしょうか?

もう一つ必要なことは行方不明者の歯式データを探し出すことで、
これがなければ遺体を見ているだけでは照合できず
進まないのです。


通常これらのデータは家族に調べてもらったり、
警察に調べてもらうそうです。

しかし数万人にも及ぶデータですから、
時間がかかりますしいつまでもわからないかもしれません。

そこで私が提案するのは、歯科医師が
行方不明者がどの歯科医院に通っていたのか調べる、
それもわからなければ健康保険組合に調べてもらう、
歯科医院も流されていたらレセプト情報から
分析し推測することで近づけると思います。

私一人では出来ないことなすが、
歯科医みんなで協力して一日でも早く
身元不明のご遺体を家族のもとに届けたいと思います。


まだ余震心配です

F1010013.JPG
 
ファーストデンルクリニックの平澤です。

大規模な放射能漏れは回避されたようですが、
まだまだ心配な状態です。

3日以内に震度5以上の地震が起こる可能性は
70%だそうです。

外出時も含めて常に以下のものを
準備されることをオススメします。

防寒具(野外夜でも過ごせるように)
雨具

懐中電灯
歩きやすい靴
食料はまず不要。
(3週間以上人間は食料なしで生きられる)


サバイバルの3の法則を紹介します。

人間は酸素なしに3分間しか生きられない。
人間は寒いと3時間しか生きられない。
人間は水分なしに3日間しか生きられない。
人間は食料なしに3週間しか生きられない。

この法則はサバイバルの優先順位を教えてくれます。


また、いざ人間は歩こうと思えば、かなり歩けます。

成城から有楽町まで走ったことあるのですが、
20キロでたったの2時間です。

歩いても4?5時間もあれば行けるでしょう。

ただし問題は靴で、スグ痛くなるような靴はダメです。

過剰な反応はするべきではありませんが、
ここ数日だけでもサバイバルの準備が必要です。

地震翌日の成城は驚くほど正常

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

地震大変でしたね。
今も東北では大変なことになっています。

昨日の被災時にはスタッフ全員と逃げましたが
特に壊れたり、崩れるものもなく大丈夫でした。

大変だったのは帰り。


小田急線が止まっており、
多くの方がキャンセルになったため
早めに終了しました。

自分の車にスタッフを乗せて送迎しようと
したのですが、世田谷通りは大渋滞。

まったく動かないため、結局歩いて帰ることに。
自分のおやつを食べるようにあげました。

結局2時間かけて帰宅したそうです。
世田谷通りは祭りの帰りのような行列だったそうです。


今日のの成城は静か。
まれに一部壊れているお宅もありましたが。。。


今でも東北で大事になっているとは
テレビをつけないとわからないほど、
成城は静かです。

被災された方は本当にお見舞い申し上げます。


今回の教訓

めったに起こらないことは実際に起こる。

2010年も今日の診療で終わりました。

img07581.jpg

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

2010年も今日の診療で終わりました。

ラストにもかかわらず、矯正終了が二人。
イン プラントオペ一人。
イン プラントのセットで完成が二人。

と大忙しでした。


やはり年内に何とかっていうのは、日本人の心理です。

ファーストデンタルクリニックでは何とか
ご満足いける対応できたと思います。


明日から冬休み1週間ですが、年明けに向けて
修行しておきたいと思います。

とりあえず大晦日100キロランしようと思います。

まだ日曜日の筋肉痛は完治していませんが。。。

皆様も良いお年をお迎え下さい。

協力したドラマの放送が今日あります。

1_1.jpg

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日撮影を協力したドラマ
「ミステリー作家 六波羅一輝の推理 白骨の語り部」
が今日の夜9時から11時前にかけて放送されます。

http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

内容は発見された身元不明の白骨死体。
それから事件が始まる。

どこで当院が絡んでいるかといいますと、
白骨死体の身元を調べるためのレントゲン
を当院で撮影しました。

お時間があったらご覧になってください。

キーボード交換

IMGP0217.JPG

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

今日はキーボード交換しました。

壊れていません。気分転換でもありません。

清潔にするためです。


キーボードやマウスなど接触回数が多いところは
手の汚れが溜まりやすいようです。

もちろん治療ごとに手袋をしてますし、消毒手洗いは
していますが、知らないうちに汚れているリスクは
目には見えません。

ということで複雑な構造のキーボードの場合、
思い切って交換しています。

昔はキーボードカバーなるものを使っていましたが、
今では本体のほうが安いんですね。

ということでキータッチの変化は少し
気になりますが、清潔になり気分はいいです。

歯を抜くのに歯を削る

IMG_6226.JPG

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

歯を抜く前に歯を削る。

そんなことを私は高頻度にしています。


どうせ抜く歯なのにとお思いでしょうが、
少し削ることで歯が抜きやすく体へのダメージが減るので
患者さんが楽なようです。

特にイン プラントを入れる前にこれをすると抜いた傷の
治りも良くなるようです。

もちろんぐらぐらの歯はそんなことをしなくてもいいのですが。。。

祝! 外来環

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 10月より「外来環」施設との認定を厚生労働省から受けることとなりました。


 外来環とは「歯科外来診療環境体制」との略です。

 内容は簡単に申し上げますと、

「安心して歯科治療を受けるために、
患者さんが急変したときの応急処置や
感染予防のために大病院並みの医療器械を揃え
歯科医師・歯科衛生士の教育をしているところ」

をコンセプトに、10個以上のいろいろな条件がありそれらをやっとクリア
することができた次第です。


 外来環をクリアを考える歯科医師は少なくはないのですが、
実際に認定を受けている歯科医療機関は東京都で約5%
かなり難関です。

 そのため私も約2年前から着々と準備をして
今回のクリアに相成りました。

たまの休みにしていること

IMG_5530.JPG

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

今日はたまの休みでしたが、朝から都心に出かけて
コンサルティングの指導を受けたあと、水道橋にある
シエン社とし言う本屋に行ってきました。

シエン社とは知る人ぞ知る、歯科専門の書店です。

歯科の専門書というのは見ることがなかなかできません。


注文して中身を見ずに大人買いするのが一般的ですが、
高い本は躊躇しますね。。。

都心に行くときには、シエン社でチェックするようにしています。


しかし行くとどうしても欲しい本が出てしまって
何冊も購入してしまうのが難です・・・

虫歯が出来る理由

 ファーストデンルクリニックの平澤です。

 虫歯の良くできる場所として歯と歯の間
(歯同士が接している面)があります。

 ここに虫歯が出来ると患者様から
「フロスを通して虫歯予防しないといけないですか?」
とよく聞かれます。 

 多くの歯科医はそのようにいう方が多いと思いますが、
私は違う考えを持っています。


 というのは虫歯が出来ている場所は、
本当に接している点を中心にしているからです。

 接している点というのは食べかすで汚れている
ことは少ないのです。

 食べかすで汚れているのは、接している点より根元よりの
歯周ポケット近くであり、実際に虫歯の好発部位とはずれています。

 つまり、汚れていることが原因である可能性が
極めて少ないといえます。

 私は歯と歯が接することによって起こる微小破切が原因で
その破切の隙間から虫歯になっていくと考えています。

 ですから汚れを取ることによって防ぐことは出来ません。

 ムシ歯予防にはフッ素というのも納得が出来ます。
汚れを取ることよりも歯を強化する事に努力したほうがよいようです。


 もちろん歯周病の予防にはフロスは有効です。

営業上手

ファーストデンタルクリニックの平澤です。


先日うちの子供の学校で夏休みの先生と親との面談が
ありました。

そこで分かったことなのですが、どうやらうちの子供が
担任の先生に当院の宣伝をしているらしい。

本人はその意思はあるのかないのか分かりませんが、
先生は愛想よく

「じゃあ、今度歯が急に痛くなったら行こうかな」

と言ってくれた。
ところがうちの子供は、

「先生、予約してから行かなきゃ駄目だよ」


営業上手な大人になりそうです。

有名人やお金持ちの方ほど

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日、ひさしぶりに著名な文化人(職業は明かせません)の
患者様が当院を訪れて下さいました。

この方、知っている人は知っているとても有名な方で、
オタク衛生士の佐藤さんは痙攣するぐらい感動してしまう
方です。

ところがそんなに有名なのに、とても気さくでフレンドリー
な方です。

こういう方にお会いすると私も見習いたいナーと
しきりに思うのでした。


むかしむかーし、私が小学生ぐらいのころには
「有名人とかお金持ちはきっと性格が悪いはずだ」
と勝手に想像していたのですが、

成城に開業して10年の私の実感としては
「有名人やお金持ちの方は性格が良い」
と言う結論に至っています。


性格だけはマネをしたい。
現実的な私。

かみ合わせと全身

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 かみ合わせと全身が関係していることは有名な話で、
私も依然熱心に研究していた時期がありました。

 今でも自分のセラミックが欠けてしまうなどしたときは、
かみ合わせの師匠の歯科医院に行き、治療を
受けることがあります。


 ところが自分では表立って患者さんにかみ合わせの
治療をメインにして行っていません。

 「かみ合わせの治療をメイン」とは分かりにくい
表現ですが、簡単に言うと「かみ合わせを良くすると、
全身の症状が楽になる」ということを主な目的と
した治療を私がしていないという意味です。

 そんなことが出来るのかと言われれば、
している先生は結構いらっしゃいますし、
実際に効果が出る場合もあります。

 しかし難しいのは成功率が高くは無いということ。
それと自費になるためある程度の治療費が
必要ということです。


 つまり中には効果が無いまたは少ないのに、
自費治療費を頂く場合があるということです。

 これはなかなか患者さんにとって受け入れにくい
ことだと思います。もちろん良くなって感謝される方も
多いのですが。。。

 そのため、私のかみ合わせの治療というのは
おまけです。虫歯でかぶせを作るときにおまけとして
かみ合わせを良くしてあげます。

 そんなかみ合わせ治療が私にはちょうど良いようです。

 

2010保険改定

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 4月から健康保険の改定が行われました。

 歯科では今まで不遇の時代が続いており、
民主党政権になってようやく見直され
今回2.04%の上昇になりました。

 わずか2%とはいえ無いよりマシと
すこしは嬉しかったのですが、なんと意外な
事実が発覚しました。

 初診料・再診料は上昇したのですが、
かわり他の項目が削減されて結局トントンに。


 例えば歯石を取る場合。

 いままでは2550円だったのですが、
4月から2560円とわずか10円アップ。

 
 朝三暮四のように国のやることって
名目はすごいけど実際の効果はほとんど無い
場合が多いのは他の政策と同じか?

 楽して儲けたいわけじゃないけど、
歯科医師の頑張った分だけ評価されることもなく
国民の健康のために新しく導入される項目も全く無い
っていうのもどうかなって思います。

 良い医療を提供したい優秀なドクターほど健康保険
から離れていく傾向はこれからも変わりなさそうですね。
 

歯周病のBDNF等を用いた再生医療

 先日ニュースステーションで広島大学で歯周病の
再生療法が報道されていました。

 歯周病のBDNF等を用いた再生医療というもので
担当の栗原教授は私の出身の岡山大学出身です。


 そのため、歯周病専門医の岡山大学の先輩から
情報を聞いてみたのですが、まだまだ実用化には
程遠いようです。

 すでに実用化されているものとして、エムドゲイン
という歯周病再生薬がありますが動物由来のため
当院では使用したことがありません。

 ただ歯周病再生というテーマは以前から話題になる
のですが、聞くとスゴイのですが実際の治療の写真を
見る限り想像するほどの結果は得られないようです。


 私が見る限り「うーん、そう言われれば」というような
レベルでした。

 すばらしい結果を得られているところもあるのでしょうが、
まだまだ実用化され、従来品以上の結果が出るまでは
時間がかかるような感じでした。

隠匿性の高い情報

 こんにちは。

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。


 意外と知られていないことなので、あえてここに書いて
おきますが、当院から発信している情報の中で
一番隠匿性の高い情報はメルマガで発信しています。

 先日もメルマガ配信者だけに医療費控除の方法について
ダウンロードプレゼントをさせて頂きました。

 医療費控除とは医療費で税金が戻ってくる仕組みであり
意外と知られていない。

 予想以上にお金が戻ってくるもので、例えば年収500
万円の方が矯正治療しただけで21万円が戻ってくる。

 21万円あればかなり良いもの買えますよ!


 今後もテーマを変えて定期的にダウンロードプレゼント
する予定です。

 
 今なら「歯医者が取り組む
自分のための虫歯・歯周病予防」
をメルマガ新規登録者にプレゼント中です。


メンテナンスの難しい関係

img263.jpg

 メンテナンスにまじめに通っていたのに虫歯になった。
そのことを歯科医に問い正したら、急に対応が不親切に
なったので転院した。

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今のは、先日家族が知人から聞いた話です。


 メンテナンスには術者と患者の間には、難しい関係が
あると私は思っています。


患者サイドからすれば真面目に通っているのだから、
しっかり予防できているはずだ。
       ↓
病気が再発するなんて考えられない。
       ↓
もし病気が再発したなら今までのメンテナンスは
何だったの?
       ↓
メンテナンスに通っているにも関わらず、悪くなるなら
責任を取って欲しい


 すべての方がこう考えるかは分かりませんが、
患者サイドからすれば上記のような考えになるのも
分かります。

医療サイドからすればメンテナンスは病気を予防するもの
で多くの方に受けて欲しい
       ↓
価格設定はギリギリのボランティア価格
       ↓
悪くなった際の保証はない
(保証を入れれば高い価格設定となってしまい、多くの方に
受けてもらえない)
       ↓
病気になりやすい人ほどメンテナンスを受けて欲しいが、
リスクが高ければメンテナンスをしても悪くなっていく
可能性が高い
       ↓
上記のようなトラブルが起きる
       ↓
本当にメンテナンスが必要なリスクの高い人に
メンテナンスを勧めずらくなる


 本質的にはメンテナンスという行為に対する、
バリューが低いため高い価格設定が出来ないことが
原因とも言えるでしょう。

 またリスクが高い方に対する段階的なプランが
あれば解決するのかもしれません。


私の歯科治療

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 昨日は休みを利用して歯の治療を受けてきました。

 虫歯ではないのですが、以前つめたゴールドが体に
合わなくなってきたので、セラミックに交換してもらいました。

 私のような長年歯科医療に携わってきたものは、
歯の金属や削りかす等を吸い込んできているため
一般の方と違って体が金属に汚染されている人が多いのです。

 金属を扱う工場などにお勤めの方も同じかもしれません。


 一般的にはゴールドに入っている微量の合金等は
全く問題ないのですが、私のような体にはやはりセラミックが
一番良いようです。

 もちろん、虫歯など病気にならないのが一番ですが、、、、


 自分で歯の治療を受けるとわかるのですが、術者として
調整するかみ合わせの高さと自分の感覚とでは実際はかなり
違いますね。

 術者としてはバッチリ調整されているのに、自分の感覚と
してはかなり高い感じでした。

 1日たった今ではやや違和感があるものの、ほとんど
良くなっています。

 このように1-2日ぐらいは高いぐらいのほうが、あとになって
しっくりバッチリになります。

  最初からちょうどいいように治療してしまっては、
やや低いのかもしれません。

 

レジン 治療 2

(前エントリーのつづきから)

次に「レジン治療が普及しないのは、
銀歯治療のほうが収入が良いので歯科医が
したがらないからだ」と言う点ですが、
残念ながらそうともいえません。

 と言うのは確かに銀歯の方が売り上げはいいのですが、
銀歯を作るための材料代、模型代、加工代、金属代と
衛星士さんにしてもらうのであれば人件費がかかります。

 そのようなことを考えると、レジンと銀歯では
残るものは同じかレジンのほうが少し高いぐらいではと
思います。

 確かに大昔のように歯医者に患者さんが
あふれていたような時代には、たくさんのスタッフを
雇用して銀歯で治療したほうが経営効率が
良かったのかもしれません。

 ところが今は患者さんはそれほど多くありませんし、
レジンで治療したほうが効率と思います。

 
 以上のようなことを論じる前に、だいたい利益優先のために
銀歯にしていたら評判がた落ちで逆に患者さんが
来なくなってしまいますよ。


 あともう一つ、レジン治療にはハイブリッドレジンを
使用した自費治療も一部あります。

 テレビに出てきた歯科医の中には、正確には
分かりませんが自費のレジンを使用している先生
もおられるようで、保険治療と混在した扱いになって
いるようでした。

 
 今日は早速この話題をふってくる患者さんが
いらっしゃいましたので長文になりましたが
アップさせていただきました。

レジン 治療 1

%E3%82%B5%E3%83%B3%EF%BD%98022.jpg

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 昨日の夜のニュースで「レジン治療」の特番があり
見ました。

 感想としては、こんな風に番組ってできるんだと
妙に感心しました。


 番組の内容は

「小さい虫歯の治療にレジンというプラスチックの
材料を使う」

 そのとおり

「同じようなケースで保険では銀歯の治療もできるが
、レジンは銀歯と治療効果は変わらない

(どんなケースでもレジンで治療できる
と言わんばかり)」

 なぬ?

「こんなに良いレジン治療が普及しないのは、
銀歯治療のほうが収入が良いので歯科医が
したがらないからだ」

 いやいやいや。。。。

 いうやってマスコミによって歯科医師は悪い
と刷り込まれるんだなと妙に関心。


 まず治療効果が変わらないと言う点ですが、
それは後ろ向きの研究結果となっているのです。

 通常、適用が違うので{小さい虫歯はレジン}
{中くらいの虫歯は銀歯}で治療します。

 もちろん保険の場合です。
自費治療でしたらセラミックで白くできます。


 これを{小さな虫歯でも銀歯}、{中くらいの虫歯
でもレジン}で治療したらどうでしょう?

 恥ずかしながら歯科医師になって間もないころ
{中くらいの虫歯でもレジン}で治療したことがあります。

 本当にカンタンに取れてしまいます。
 
 カンタンとは1日?長くとも1週間で取れます。

 いくら歯を削る量が少ないと言っても、すぐに
取れてしまっては話になりません。


 と言うわけで、いくら治療効果は同じといっても
もともと条件が違う訳ですから話になりません。

 こう言ったことを見逃していると騙されてしまいます。

 (つづく)

衛生士学校に追い風

IMG_3143.JPG

 こんにちは。東京の歯科のファーストデンタルクリニック
の平澤です。

 最近、就職環境の悪化が話題になっていますが、私は
衛生士学校が注目をあびるとみています。

 というのは歯科衛生士という職業はとても
求人倍率が良く平均で約10倍です

 就職難のこの時代に一人につき10件の求人が
あるのです (スゴイ) !!!


 また東京の歯科医院で働いている衛生士の数は
1件当たり平均で0.4人ですから、当院のように
優秀な衛生士が2人もいるところは珍しく、
多くの歯科医院で求人を出してもなかなか
来てもらえないのが現状です。

 いまどきここまで良い職業はないでしょう。


 そのうえなぜかこの職業は認知度が低く、衛生士学校の
定員割れしてしまう学校も少なくなく、入学は比較的
簡単です。

 しかもここに来て関係者もあまり知られていない
チャンスが来ているのです。

 というのは、3年制教育への義務化が平成22年度に 
迫っているのです。

 すでに3年制に移行している学校もあるのですが、
ぎりぎりまで2年制で運営しているところもおおく今年が
ラストチャンスなのです。


 3年制のメリットももちろんあるでしょうが、私が知る限り
介護保険制度をにらんだ口腔リハビリ・嚥下などの勉強が
追加されることが主なようで今後1年延長されるだけの
メリットは少ないように感じられます。

(資格取得後に勉強できる内容と思われます)


 しかも4年制大学との差も少なくなってしまいますから、
入学を希望する学生数もさらに少なくなることが予想され、
定員割れのため経営難となり閉鎖される衛生士学校も
出てくるでしょうからさらに貴重な職業
となることでしょう。

 ということで進学は衛生士学校に注目です。

歯科医院向けの経営セミナーその2

IMG_5210.JPG

 こんにちは。世田谷区 歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 先日の経営セミナーの続きです。

 セミナーの途中でため息連発の先生を発見!!!

 セミナー後に聞いてみると、なんと借金3億円もあるということ。

 3億を試算してみますと固定4%の35年ローンで月々133万円返済で総額5.5億円返済となるそうです。

 それだけ借りれるというのも、その先生の人徳と経済力のたまものといえるでしょう。ちなみにわたしは借金少ないです。

 これからしばらくインフレが続くと予想するなら借金したほうが得かもしれませんが、景気悪化すると借金返済が苦しくなるでしょうからどちらが得かは難しいところですね。


 ただ個人的に「お金のことを考えずに治療したい」という考えがあるせいか、私は貧乏性なのです。

 ちなみに自宅は築40年弱のボロ屋ですが、まだまだ住むつもりです。。。

 成城の立派な豪邸が近くにあるので、空き巣に入られる心配ゼロです(笑)。

夏休み歯科教室

IMG_5513.JPG

 こんにちは。ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 8月29日に当院にて『夏休み歯科教室』を開きました。

 夏休みを利用して子供たちが集まれるイベントを企画したい。どうせなら歯に対する興味がわくような内容をと考えていくうちに、とても硬い内容になってしまいましたが思ったより楽しんでくれたようで盛況でした。


<コンテンツ>

?口の中にいる細菌を顕微鏡で拡大し、実際のバイキンを
見て驚いてもらいます。

?歯型を取る材料(粘土状)を実際に練ってもらい、指型をとり
その模型をプレゼントします

?ムシ歯予防クイズ(正解者にはプレゼント!!)  

?和田さんと作ろう「手作りキシリトールチョコ作り教室」


 予想外だったのは子供たちの頭の良さ。

 私たちが甘く見ていたのでしょうが、コンテンツ的にもっと難しい内容でもこなせたと驚いています。

 来年度はさらに充実した内容で、子供たちの好奇心を刺激する内容にして貢献できたらと考えています。

親知らず

IMG_4124.JPG

 こんにちは。ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は親知らずを抜きました。

 私の実力を知っている歯科医からは「抜くのがものすごく早い」と言われることが多い私ですが、実は私は歯を抜くのはとても嫌いです。

 というのは、予期しないことが起こり大変なめに会うことがあるからです。

 その中でも一番困るのが「麻酔が効かない」と言うことです。

 麻酔が効けば何でも出来るのですが、麻酔が効かなければ触れるだけでも痛いですからどうにもなりません。


 アメリカでは親知らずの抜歯は1本平均1000ドルです。4本まとめて抜歯すれば4000ドルですから、今のレートで43万円になります。

 これだけもらえるなら余裕がありますので、全身麻酔のような麻酔でぐっすりしている間にささっと快適に抜くことも可能です。リスクの高い治療ですから、患者さんにも安心感が大きいでしょう。

 日本の場合は1本2000?3500円程度。アメリカの30?50分の一です。これでは何も出来ません。といいますか、完全な赤字です。

 最近、資源高で漁業などが漁に出るのを止めたとの報道がありますが、採算が合わない分野の見直しがされないと本当に困ることになるのではと心配しています。

 抜歯をしない歯科医院が急増! なんて時代が来ないことを祈ります。

健康保険のあきれた実態

IMG_4256.JPG

 こんにちは。ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今年4月に健康保険が改正されたのですが、新しく外来環というものが新設されました。

 これは簡単に言いますと、大学病院並みの救急対応用の機器と体制など約20項目を整えると初診料が300円だけ高くもらえるというものです。

 機器を揃えるだけでも80万円するのでぜんぜん元が取れませんが、まじめな歯科医師は「元はとれないけどこの機会に機器と体制を整えよう」と頑張りました。

 するとそんなにまじめな歯科医師が多くいる思わなかったえらい方々は大変驚き、申請してきた歯科医院に対してなんだかんだと文句をつけて却下し、結局現時点で申請が通っているのが東京都だけで15件だそうです。

 15件というのは東京には大病院の歯科のようなところも多いわけですから、私どものような一般の歯科医院がこの申請を取るのはかなり難しいといわざるをえません。

 本来このような制度を新設するということは、「救急時の機器と体制を整えてほしい」というのがコンセプトなわけですから、それが予想以上に反応が良かったからといってあとからセーブしようというのは問題がありそうです。

 例えれば経営者が従業員に資格を取れば手当てをつけますと言いながら、予想以上に資格を取った従業員が多く、それでは経営を圧迫するからダメだというようなもので、かなり従業員はモチベーションを下げるでしょう。

 今回の件に関しては、当院としては初診料の微増は諦めて独自に充実した救急体制を整える方針にしました。

 実際のところ、他の歯科医院でも申請を中止するところが急増しているそうです。

 しかしこういったことを経験しますと、少なくとも健康保険制度を将来に良くしようというような傾向はありえないと実感しました。

 救急医療の危機が叫ばれるなか、どうなる日本の健康保険制度!!!

☆マウスウォシュ☆

IMG_9977.JPG

こんにちは 衛生士の和田です

来週はいよいよゴールデンウィークに突入ですね♪

みなさん、何か計画を立ててらっしゃいますか?

昨年は、長野の黒部ダムを見に行き、アルペンルート(雪の壁、今年は16メートルだそうです)を歩きましたが、今年はいまだ計画無しです(><)!暇・・・・。


ところで、洗口剤(マウスウォシュ)について質問を受ける事がたまにあるので、ちょっとお話したいと思います。
洗口剤も色んな種類があり
   ・歯磨き前に使用する物(いわゆる歯磨き粉の代わり)
   ・歯磨き後に使用する物(口臭・歯周病予防目的)
出回っている多くが、後者のタイプだと思います。

又、爽快感を出す為にアルコールが含まれていますが、これが苦手な方はノンアルコールの物を選ばれるとよいと思います。(効果は同じです)

ただ、洗口剤だけでプラークを落とす事はまずできません。でも、てがるで瞬時に薬効を口の中にゆきわたらす事は魅力です。なので、うまく利用して予防していきたいですよね。
     


残念ながら、市販で売られている洗口剤の中に、フッ素を入れる事は日本の薬事法上できません。
しかし、歯磨き粉の90%にはフッ素が入っています。

なので、歯を磨いた直後に洗口剤を使用してしまうと、折角のフッ素が流されてしまいますので、30分ぐらい時間を置いてから使用して下さい。


今、うちの医院で販売している‘ジェルコート’!こらは、洗口剤ではありませんが、フッ素も歯周病予防の殺菌も含まれており、これ一本ですんじゃいます!


うまくこれらの物を利用して、大事な歯を守っていきましょうp(^^)q

大学時代の同級生

IMG_4304.JPG

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 先日大阪にセミナーで勉強しに行った際に大学生時代の同級生と飲んできました。

 一人が用事を済ませてから来るということで、それまでもう一人の友人の診療所を見せてもらうことに。

 まず驚いたのが待合室の3分の1も占めようかという巨大な水槽。

 水槽だけでも100万円したとか。およぐ魚は30万円。なんでも30万円以上する魚は経費として認められないらしい。

 自宅と診療室がひとつの建物になっているため、休日も手入れできますし何といっても趣味が経費で落とせるとはうらやましい!!!


 しかし考えると、歯学部というところがかなり特殊ということにも気付きました。1学年60人でひとクラスのみで6年間過ごすのですから、卒業して14年も経つというのにこうしてあのときのように話が出来るというのはとても貴重です。

 これからもこのような機会を大切にしたいと思います。

津山のおススメ

middle_1201995862.jpg

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は患者さんと岡山県津山市の話題で盛り上がりました。

 津山市とは岡山の県北最大の都市(といってもかなり田舎ですが。。。)で、わたしが歯科医となって3年目に勤務していた津山中央病院があるところです。

 津山のいいところはおいしい麺があるところです。

 私のイチオシは何といっても「淡路屋」です。

 地元の人しか行かれないような場所にあるのですが、私が下宿していたアパートから一番近い食事処でした。

 岡山は香川県に近いのでうどんがおいしい所が多いのですが、その中でもこの店のうどんの腰はとにかくすごくて口の中で暴れます。

 打ち立てを食べれるのですが、茹で上がるまでに食べるのが何といっても「するめのてんぷら」

 するめといってもイカのげその部分のするめを束にして、てんぷらにした物でとにかく硬い!!!

 それを頼むと輪切りにして食べやすくしてくれるのですが、それでもかなり硬い!!!

 本当に歯が良くないと食べれないのですが、イカのうまみが癖になるのです。


 そのほかにも「豚平」というラーメン屋もおススメですよ。

 2つとも店構えは古いのですが味は良いので、津山に行ったらぜひご賞味ください。

自費か保険か

DVC00009.JPG

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 2月になり急に医院の中が忙しくなってきました。

 よく2,8月は商売が暇な月として有名ですが、歯科医院の場合その暇なときにいらっしゃることが多いのか、両月ともに忙しいというのが実感です。

 今年の4月は2年に一度の保険改定の時期です。

 保険改定というとどんなことを想像されますか?

 「新しい技術が保険に導入されて、保険の枠が拡大された」

 「新しいシステムになり患者さんへの利便性が向上された」

 というようなことがあれば、医療機関としても患者さんサイドとしても双方にメリットのあることですが、歯科に関してはそのようなことは私が歯科医師になって14年ほとんどありませんでした。

 新しい技術といえば睡眠時無呼吸症候群(睡眠が浅くなる病気で、日常生活時に急な眠気に襲われたりする病気)の治療が導入されたぐらいです。

 えっ、それって歯科の病気? と疑問に思われる方もいらっしゃいますか? おもに耳鼻科の病気で、それの治療用具を歯科で作るのですが、私も一回も作ったことがなくほとんど利用されていないのが実情でとてもレアな病気です。

 逆になくなったものはたくさんあります。一番困ったのは、歯周病の予防メンテナンスが外されたことです。急になくなったので今までメンテナンスで歯周病を予防していた方は、路頭に迷いました。

 他にも入れ歯の点数が大幅になくなったり、初診料が約40%と激減されたりなどまじめにやっている先生ほどひどい目にあっているといえます。

 とにかくこれからの保険治療に希望を持っている歯科医はいません。現実に厚生労働省にお勤めの公務員の方も、保険治療ではまともな歯科治療が受けられないので、自費治療を進んで受けているとのことです。

 本当に日本の保険制度がどうなるかを考えると頭が痛いですが、現実問題としてどうするかと考えると自費治療に頼らざるをえないと言えます。

 アメリカのような民間の保険制度が日本にも導入される日がくるのかもしれません。こういう話をすると保険制度が駄目になると心配される方もいるのですが、現実問題としてすでに健康保険とはいえ予算などから治療方法を改定しているわけですから導入しても問題ないと思われます。

 医科では混合診療といって、自費治療に該当する保険治療が一部充当され自費治療が安く受けられるという方法が認められてると聞きます。

 この方法は歯科では認められていないのですが、これが認められてくると自由競争化することで一時的に混乱はあるかもしれませんが長期的に改善すると思います。

 いずれにしろ保険治療は大きな転換期に来ていることは確かですが、ヨーロッパのような大規模な改革でメスを入れるというのではなく、じわじわと悪くなっていく傾向にあるようです。

 歯科治療では簡単な応急治療は保険で、大切なところには自費治療を使っていただくのがベストでしょう。

CFセミナー

IMG_3954.JPG

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は歯科医院向けのキャッシュフローセミナーに行ってきました。

 講師の先生はすべての経営分析をエクセルで行っている、エクセルマニアともいえるぐらい駆使されている歯科医の先生でした。

 決して税理士でもプログラマーでもないのですが、とにかく詳しくプロとしても通じる実力です。

 数字をポンポンと入れるだけで、あっという間に財務分析できるソフトを開発され当院の財務分析もしてもらいました。

 やはり必要なのは知識でわたしのように専門馬鹿にならずに勉強して、医院の財務体質を強化することが必要と感じました。

 税理士さんに丸投げするのはよくないと感じた1日でした。

親知らずは抜くべき?

IMG_8300.JPG

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 親知らずって抜いたほうが良いのでしょうか?


 まず歯並びや健康のことを考えれば、絶対抜いたほうが良いといえます。

 歯並びが親知らずによって悪くなりますし、良いことはありません。

 以前、親知らずを移植して歯のない部分に植え替えるから残した方が良いという考えがありました。今ではすべてインプラントに取り代わり、唯一のメリットも無くなりました。

 怪我などで顎を強打すると親知らずから、顎骨にヒビが入ります。

 
 ただ、親知らずを抜くとなると大変なのです

 親知らずを抜くこと自体も大変ですが、抜いた後に腫れや痛みが続くことが大変です。

 先輩医師の話ですが、会社を忙しいので親知らずを2本同時に抜いて欲しいといわれ、やむを得ず2本同時に抜いたところ、あまりの痛さに会社を休んだということがあったそうです。

 この腫れや痛みを緩和する方法はなかなか無く、患者さんの体力によるものが大きいのですが、将来的にハリなどで出来ないかと個人的には考えています。

 ただ歯科でハリを使っている人は少ないので、医科でハリの勉強できるところに行ってみようかと思います。

究極の歯科医院セミナー

8b804de1-s.jpg
こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 日曜日に歯科医院の経営セミナーに行ってきました。

 実はこのセミナーは年数回開催されるもので今年で受講4年目になります。私が受けているものはアドバンスコースといって、すでに地域で一番の歯科医院が更に高みを目指すという究極のセミナーです。

 こういうところに参加していつも思うのは、講師の先生はもちろんすごいのですが受講している先生もスゴイ先生ばっかりです。

 特に今回セミナーで仲良くさせて頂いたK先生とH先生はスゴイの一言。

 受講料は高いのですが、出てくる話もすごくてとても参考になります。やっぱり同業者の成功話が一番参考になりますし、一番真似しやすいのは事実と思います。

 当院も更なるグレードアップを目指して頑張ります

ジルコニア

a90d869d-s.jpg
ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 最近オールセラミックのジルコニアが人気です。

 ジルコニアって何?

 ジルコニアとはセラミックの一種で、今までのものよりとても硬く丈夫です。

 今までのセラミックも強度はとても高かったのですが、芯の部分にメタルを使用して補強したりすることが多かったのです。

 それがCAD/CAMにより削り出しで作れますので、精度も高く実用性が高いのです。

 別名ホワイトメタル

 と言われるほどなのでいままでオールセラミックで出来なかった物がすべて出来るようになったと言えます。

 これはスゴイ!!!

 と思っていたらその波動は伝わるもので、特に勧めたワケでもないのですがジルコニア希望の方が急増しています。

歯の治療は修理

 こんにちは。ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 機械を丁寧に扱っていても、急に機械が調子悪くなることありませんか?

 歯科の精密機械も結構調子悪くなることがあります。

 そんな時、医院で呼ばれるのが「修理屋さん」ではなく「私」です。

 故障して「修理屋さん」を呼んでスグ直ればいいのですが、呼んでも来るまでに時間がかかりそれまでの診療はどうなるんだ??? ということが少なくありません。

 そんな時「自分でやっても直るんじゃないか?」と思ったのがきっかけで、

今では9割方の修理は自分で直してしまっています。

 ですが最近思っているのは、機械の修理と歯の治療って似ているということです。

 専門知識があれば上手に修理できるというわけではないはずです。そこに創造性というかインスピレーションが必要です。

 歯の治療も同じで、これとこれと組み合わせてというインスピレーションを生み出すことが必要です。

 当院で初診にいらしても歯の治療にスグに移らず、いったん時間をかけて治療計画を練るのもそういった事があるのです。

 また歯を治療しても全て新しくなっているわれではなく、生まれもった歯の部分をいかして行なうわけですから、そういった意味でも修理といえるのではと思います。

近くに歯医者があるのに。。。

a7fd7c4c.JPG こんにちは。東京都世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 たまに患者様とお話していると自宅の近くに歯医者があるのに、わざわざ当院に来ていただいていることを知ることがあります。


 自宅のまん前が歯科医院なのに、ファーストデンタルクリニックに来ている。

 自宅のスグ隣りが歯科医院なのに、ファーストデンタルクリニックに来ている。

 親友が歯科医師なのに、ファーストデンタルクリニックに来ている。

 
 しかしその究極のような方がいらっしゃいました。

 親が歯科医師なのに、ファーストデンタルクリニックに来ている。


 しかし知るべきはその原因が共通しているということ。

 それは、『自分の求めるべき治療結果が得られなかったので、やむなく転院しなければならなかった』と言うことです。

 痛みが取れなかった。矯正していなかった。よく噛めなかった ナドナド

 その点においては、当院もそのように転院された方がいらしゃると謙虚になり、改善すべきことはまだまだ多いと思います。

短期集中治療

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 まだホームページ上にはアップはしていないのですが、新しく「短期集中治療」という診療項目を新設しました。

 これは短期間で集中的に治療することで、時間の無い方も一気に治療してしまおうというものです。

 治療内容にもよりますが、最短でセラミックを48時間で作成することも可能です(要予約)。

 対象として、普段は出張で飛び回っていて歯科にはなかなか来れないけど、休みが取れそうなので一気に治したい方。

 結婚を前にして仕事を退職したので式までに、一気に治したい方など最適なプランかと思います。

 諦めるのはまだ早すぎる!

 別料金がかかる場合もありますが、ご興味のある方はスタッフまでご相談下さい。

 特に虫歯を治したい方、歯をキレイにしたい方などは向いています。逆に矯正などはあまり短くならないかもしれませんが、一度ご相談下さい。

寝たきり老人を歩かせる

608f1c03.JPG こんにちは。世田谷区の歯科医院ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 先日、寝たきり老人を歩かせるという先生の講演を聴きにいってきました。それって歯と関係あるの? とお思いの方!!!

そうなんです、実は入れ歯を入れることで寝たきり老人が元気になって、歩くようになるのです。


 もちろん単なる入れ歯ではないので元気になってしまうのですが、普通に入れ歯をいれるだけでもかなり寝たきりになりにくいそうです。

 尾道のデータによりますと、80歳で残っている歯が8本以下もしくは入れ歯を使っていない方の寝たきり率は70%を超えるそうです。

 逆に80歳で残っている歯が20本以上の方では、寝たきりの方はいなかったそうです。

 つまり歯がないということは、足腰が立たなくなるという十分な原因になるということです。怖いですね。

 実際にビデオを拝見したのですが、どこかにつかまってないとよろめいてしまう方が、入れ歯を入れたとたん歩き出し、1週間後には近所を散歩しだす姿は感動です。

 そんなすごい事をしている講師の先生なのですが、実は私と同じ師匠について勉強している先輩でもあるのです。ですから、割と私の治療方法に似ている部分が多く大変参考になりました。

 とはいっても私の場合在宅医療はしていないので、役立てる機会はないので機会があればといった感じですが。

サイトの紹介

d882324d.JPG こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は5月だというのにとっても暑かったです。

 ホームページのことですが、チョット変更があります。

 実は今まで2つのドメインで同じ内容のサイトを公開していました。

 それをfirst-dc.comでクリニックのホームページを公開し、1dc.jpでは求人のホームページを公開することになりましたのでよろしくお願いします。


 それと4月からの保険改正について変更がありました。

 以前お伝えしました、しばらく来院されていないとかぶせを入れるのに承認がいるというルールは無くなりました。

 良かったです。

 恐らくこのルールを作った偉い先生も実際にどうなるか考えたんだと思います。

 当院でも上記のようなケースは月に少なくても3人はいらっしゃいます。都内には歯科医院が数千はありますから、月に何万という承認が必要になるのです!!!

しかも、この承認には実際の模型などの提出が必要ですから、トラック数台分の模型が送られてくるはずです!?

その管理維持費だけで年間数千万円は必要かと思います。うーん。

 まあとにかくいい方向に改正されて良かったです


保険改正3

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今回の保険改正で一番変わったことは、歯周病予防のメンテナンスが外れてしまったことです。

 3月末までは保険がきいたのですが、4月からはきかなくなってしまったのです。

 しかし、歯周病予防のメンテナンスはとても重要なことで当クリニックでも月100人以上いらっしゃいます。

 患者さんからはいろいろご意見を伺っていますが、当面自費扱いは避けれないところです。しかし、自費だから儲かっているわけではありません。むしろ、メンテナンスは保険で頂いていた頃より『3割減』と厳しい状況です。

 『3割減』は厳しいです。もし給料が『3割減』になったらどうします? 会社を辞めたい気持ちになる方も多いと思います。

 しかしメンテナンスはお口の健康を守る上で絶対必要です。そして、一度自費で治療して頂ければ、これ以上保険の悪影響を受けることはありませんので安心です。

 該当する患者さんには、詳しくは担当スタッフからご説明いたします。なおすでにご予約を頂いている患者様には、最初の1回目は自費といっても2000円強でご提供いたしますのでご安心下さい。

 ご理解の程よろしくお願いします。

保険改定2

fe5107ac.JPG こんにちは。

 保険改定が始まって1日経ちましたが、まだまだ改定を十分理解できてなく現場レベルまで落としこめていません。

 とにかく無意味な内容が増えており、診療以上に事務作業の決まりごとが増えたので診療する時間が削られてしまっています。

 昨晩も深夜3時ぐらいまでどうしたら高効率化できるかイロイロと仕事していました。(普段は12時には寝ています。。。)

 
 改定といっても患者さんのためになる内容なら納得できますが、今回の改定は無意味に事務作業を増加させしまいます。

 建前では1.5%のマイナス改定ということになっていますが、煩雑すぎて出来ない事も多く実質的には15%のマイナス改定と言われています。

 15%のマイナスは大きいです。

 当クリニックでは自費の割合が比較的多いので、そこまでの影響はありませんが保険の割合が多いクリニックでは大変を通り越して「危機」だと思います。


 前回も書きましたが、保険医自体を辞めてしまう先生も多く出てくると思います。

 多くの歯科医が保険を辞めれば、健康保険が使われなくなり厚生労働省の思うつぼだという方もいます。

 しかし、僕の考えは違います。確かに短期的には保険医が減れば、健康保険の経済状況は良くなるかもしれません。しかし、それはみんなが保険料を支払うという前提の話です。

 健康保険が使う機会がなくなれば、保険料も支払うのも馬鹿馬鹿しいという方が急増します。これは国民年金と同じ現象です。

 つまり保険医が減れば、長期的には健康保険は破綻に近づくと考えています。

 こうなると経済状況が健康にもダイレクトに反映してしまい、健康の2極化が生じると考えます。

 今後の保険の行方が心配です。

保険改定

4867392f.JPG こんにちは。

 マスコミにはあまり報道されていませんが、2年に1度の健康保険の改定が今度の4月から実施されます。

 改定毎に厳しくなっていくのですが、今回の改正は実際の治療の現場を完全に無視したものがたくさん入ることになりました。

 例えば、保険でかぶせなどを作っても長期間来院されなくなってしまう方がいらっしゃいます。1か月以上経ちますと、歯が動いてしまって入らなくなってしまうことがあります。また運よくすんなり入ることがあります。

 どちらにしても4月からは社会保険事務局等に許可をもらってからでないと、治療が出来なくなるそうです。


 「しばらく来れなくてすいません。かぶせの続きお願いします」

 「えーと。保険の決まりで許可もらわないと治療できないんですよ。今から書類提出して、返事が来るのが3ヵ月後になります。治療はそのあとですね」

 「・・・・」

 
 すごいですねー。こんな決まりごとを作ってしまうえらーい方の頭の中はすごすぎる。一体何が目的なのか知りたいですね。

 まじめに治療している先生ほど、患者さんが犠牲になることに耐えかねて、今回の保険改正をきっかけに保険辞退を真剣に検討していると思います。

 自費でしたらこういった決まりごととは関係ありませんから自由です。

 今後の健康保険はどうなるか? 行き先は心配です。

虫歯になりやすいワケ

95d89a0d.JPG   こんにちは。

 写真は先日誕生日を迎えた衛生士の藤田さんです。おめでとう。゜


 よく虫歯になりやすい人っていますよね。毎年のように歯医者で虫歯を治しているなど。

 やはりむし歯も生活習慣病的な要素はあります。

 それがすごくよくわかるのが虫歯検査です。

 虫歯になぜなるのか原因を、虫歯菌を培養したり、生活習慣の中からも調べたりします。

 すると「この方は若いのに虫歯多いなー」なんて思っている方に限って、虫歯になりやすい生活を送っているようです。

・朝には缶コーヒーをのむ
・昼にはランチにジュースをのむ
・おやつに飴をなめる
・夕飯に缶チューハイを飲む
・夜食にアイスを食べる

 なんてもしかしたら、あなたもあてはまる点がありませんか?

 昔は食べ物がなかったので、これだけは食べなさいとカロリー計算や栄養素の勉強などをしてました。

 現代社会は食べ物が足りすぎている社会です。ですから、食べちゃいけない物を決める方が、より健康的に生活できるのです。

 上記のものを食べない習慣が出来れば、むしばもぐんと減らせます。

進化?

3b031592.JPG

 日々の診療していると自分自身が進化していることに気がつく。

 先日いらして20歳代の男性。しみるので他の歯科医院で詰めてもらったが、それでもしみるのが治らないといらっしゃいました。歯にはかけたところをぴっちり詰めてある。

 知覚過敏の第一の原因は噛み合わせなので、チョイチョイと削る。それまで飛び上がるほどしみていたのが、全くしみなくなる。「不思議ですね?」といつものように言われる。どうやら私のことを信用してくれそうです。

 でも1年前ぐらいまでは前の先生のように私も詰めて治していました。確かに欠けているところがあるのであるのでしみるのですから、詰めるのです。ところが欠ける原因は噛み合わせなんです。

 そして不思議なことに噛み合わせを直しただけで、スグによくなるんです。

 削るなんてそんなー。と思われるかもしれません。バリバリ削るんじゃありません。具合の悪いところを本の0.2ミリ程度です。もちろん噛みにくくなることもありません。

マニアックなもの中心で

4346143f.JPG

 こんぱんは。

 良く歯科医院の窓口に置いてある歯ブラシとかありますよね。あれって歯科医院の取り組みが表すものなんです。

 といいますのは、はっきり言って歯ブラシがどんなに売れても売上的には微々たる物です。全体の0.5%以下です。それに値段だけみれば市販のドラッグストアには原価で売っても勝てませんから、爆発的に売れることもありません。

 ですから知人の歯科医には「窓口に歯ブラシは置かない。だって他の店で買った方が安いんだから。在庫抱えるだけ損だよ」というものもいます。

 窓口に歯ブラシを置く理由。それは「むし歯や歯周病予防に使っていただきたいグッズをボランティア的に置く」それだけです。

 やはり市販の物ですと良さそう見えて使いにくい物が多いんです。その典型例が「山切りカットの歯ブラシ」です。歯と歯の間に入るよう見えますが、実は先がギザギザしているので汚れを残しやすいんです。

 ですから、これを使ってくださいと簡単に勧められるので予防に力を入れている歯科医院では窓口のケアグッズが充実しているんです。

 その中でも私のこだわりは「マニアックなもの」。ドラッグストアには売っていないようなものが揃えてあります。

 この間入れたばかりの超音波入れ歯用洗浄器1575円は、子供の矯正装置を毎日洗っている隠れた名品です。ネックレスや指輪なんかも洗えます。

 そんなマニアック物、今度のぞいて見て下さい。

 

1本の歯が体を壊す

 最近、気になった患者さんがいた。

 1人は30代の男性。あまりしゃべらないクールな感じの方だか虫歯の治療でいらした。待合室の金属アレルギーの記事を見て、なかなか治らなかった自分の肌荒れが歯の金属アレルギーかもと思われたそうです。もともと、腕時計・ベルトのバックルなどよくかぶれるとのことでした。

 奥歯に保険の銀合金が3本ありましたので、早速外して治療することに。外しただけで肌荒れがキレイさっぱりなくなったそうです。

 やり直しはアレルギーフリーのゴールドとセラミックで治療することになりました。その後は、調子いいみたいです。

 私の師匠の言葉を引用する『お金があるから良い治療を受けるとは限らないんです。お金がたくさんあっても、良い治療を受けない人は沢山います。良い治療受けたいと思うかどうかは自己愛。』

 最近の私の考えは「費用対効果で値段を判断する」。

 例えば私が何か仕事で使用するものを購入しようとすると、一番値段が安いのは量販店ですがわざわざ買いに行かないといけません。買いに行く時間を時給計算すれば、1000円ぐらい高くてもアスクルなど届けてもらえるところで購入した方が逆に得です。 

 この考えを歯の治療にも適用したい。

 『歯がきれいで口を大きく笑うと自慢の歯が自然に見える。相手に好印象を与えることが出来る。』このためにあなたは1日あたりいくらまでなら出してみようと思われますか?

  もし1日500円出せるとしたら、1年で182,500円。自費治療なら最低でも10年はもつから10倍の182.5万円までなら可能ということになります。

 そう考えると歯の持つ価値というものが分かりやすいのではと思います。

自分の歯を削るとすぐにわかる2

 今日は近くで開業している先輩のところに行って歯の治療をしてもらいました。

 日曜日なのに先輩は頑張っていました。私も開業して1年半ほどは日曜も診療していたのですが、患者が増えたことによる体力的な問題と、セミナーなどで日曜を休むことが多く、結局は日曜診療は止めてしまいました。ごめんなさい。

 先輩は在宅歯科医療をメインにされていらっしゃるのですが、イロイロ話をうかがってわたしとは路線が違いますが勉強になりました。

 歯の治療はといいますと、最後に残っていたアマルガムを外しただけのつもりだったのですが意外にも虫歯が中で深くなっておりました。神経も取らないとまずいかもと一瞬思ったのですが、先輩のスーパーテクで難を逃れました。

 私が大学で習った頃はアマルガムは悪くない・むしろ下手な他の治療よりいいと聞きました。しかし、実際にはやはりアマルガムは良くないことが私の口でも立証されました。時代と共に歯の治療方法も変わっていきます。

噛み合わせセミナー

11e34f60.JPG

 土曜日の診療後すぐに千葉の会場にて、1泊の噛み合わせのセミナーを受講してきました。5月から5連続の4回目です。

 会場にて実際に治療受けている柔道の江種選手に会いました。江種選手は柔道の60キロ級の日本代表選手で、再来週行くカイロの世界柔道選手権に向けて噛み合わせの最終調整に来ていました。

 スポーツの世界では噛み合わせが脚光を浴びていて、陸上のスズキ自動車にはチームドクターはいないが、チームデンティストはいるとか。詳しくはこちらをご覧ください。

 どんな種目でも有効と思いますが、特に瞬発力が必要とされる種目でしたら効果が早くわかりやすいと思われます。当院にも元オリンピック代表のトップアスリートが来られるので、よい噛み合わせで更なる活躍して欲しいと願っています。

 写真はセミナー後の懇親会でくつろぐ江種選手と総合格闘技・SKアブソリュートの石毛大蔵選手です。 

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2019年10月 (4)
2019年9月 (3)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年6月 (3)
2019年4月 (1)
2019年2月 (4)
2019年1月 (2)
2018年11月 (3)
2018年10月 (1)
2018年9月 (2)
2018年8月 (1)
2018年7月 (4)
2018年6月 (2)
2018年5月 (1)
2018年4月 (1)
2018年3月 (3)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (1)
2017年11月 (3)
2017年9月 (3)
2017年7月 (2)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (2)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (2)
2016年12月 (1)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (4)
2016年6月 (2)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年2月 (1)
2015年12月 (1)
2015年11月 (1)
2015年10月 (1)
2015年9月 (3)
2015年8月 (1)
2015年7月 (1)
2015年6月 (2)
2015年5月 (1)
2015年4月 (2)
2015年3月 (1)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (3)
2014年11月 (1)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (2)
2014年7月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (2)
2013年10月 (3)
2013年9月 (5)
2013年8月 (3)
2013年7月 (2)
2013年6月 (3)
2013年5月 (2)
2013年4月 (1)
2013年3月 (6)
2013年2月 (3)
2012年12月 (4)
2012年11月 (2)
2012年10月 (5)
2012年9月 (2)
2012年8月 (3)
2012年7月 (2)
2012年5月 (3)
2012年4月 (1)
2012年3月 (3)
2012年2月 (3)
2012年1月 (2)
2011年12月 (2)
2011年11月 (4)
2011年10月 (1)
2011年9月 (1)
2011年8月 (2)
2011年7月 (1)
2011年5月 (2)
2011年3月 (5)
2011年2月 (1)
2011年1月 (2)
2010年12月 (2)
2010年11月 (1)
2010年10月 (4)
2010年9月 (1)
2010年8月 (1)
2010年7月 (6)
2010年6月 (1)
2010年5月 (1)
2010年4月 (2)
2010年3月 (2)
2010年2月 (1)
2010年1月 (3)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (1)
2009年9月 (2)
2009年8月 (1)
2009年4月 (1)
2009年3月 (3)
2009年2月 (3)
2009年1月 (1)
2008年12月 (3)
2008年11月 (3)
2008年10月 (2)
2008年9月 (4)
2008年8月 (1)
2008年7月 (2)
2008年6月 (4)
2008年5月 (1)
2008年4月 (4)
2008年3月 (1)
2008年2月 (4)
2008年1月 (2)
2007年12月 (2)
2007年11月 (3)
2007年9月 (2)
2007年7月 (1)
2007年5月 (1)
2007年3月 (2)
2006年9月 (2)
2006年8月 (1)
2006年6月 (1)
2006年5月 (2)
2006年4月 (2)
2006年3月 (2)
2006年2月 (1)
2005年10月 (3)
2005年9月 (2)
2005年8月 (4)
2005年7月 (6)
2005年6月 (1)
2005年4月 (2)
2005年2月 (4)