ブログトップへ戻る

歯並びコーディネーター

こんにちは。

成城ファーストデンタルクリニックの歯科衛生士の菊地です。

先日、当院のスタッフと一緒に歯並びコーディネーターの

セミナーを受講してきました。

歯並びコーディネーターとは患者様に歯科矯正を正しく理解して頂き

身近な良き相談相手としてアドバイスできるように

知識、能力を認定する資格のことです。

研修を受けた後に試験を行い合格することができました。

当院では、矯正治療の無料相談を歯科衛生士中心に行っておりますので

これからはより一層、患者様の希望などをくみ取り

親身になってアドバイスしていきたいと思います!

 

 

image1 (1).jpegimage1.jpeg7.jpeg

舌側矯正歯科学会

IMG_20161127_093541.jpg

 

先日、舌側矯正歯科学会 に参加してきました。

舌側矯正とは歯の裏側から行う矯正治療法です。

どちらかと言うとマイナーな治療法ですので、

参加者は少ないと思っていましたが、

意外と多く全国から参加する矯正医がいらっしゃいました。

 

舌側矯正は一般的な表側の矯正治療と比較して

多くの相違点がありますが、最近では方法論としては統一傾向にあります。

 

その為、治療としては逆に違いを意識することが大切に なっている気がします。

また患者さんから分かりにくい違いとしては、歯を動かすメカニクスが違います。

また歯を裏側から動かすので、様々な制限があります。

 

また歯についている装置自体が違う(表の装置を裏に着けているのではない)ので、

構造が違うことを意識して治療していく必要を感じました。

 

見えない舌側矯正をご希望の方はご相談ください。

 

大阪にて矯正歯科勉強会

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日の日曜日に大阪に行って矯正を勉強してきました。

 

1444532469093.jpg

 

改めて勉強して見ると見直すところもあり、

今後の診療に生かせる部分がありました。

 

今回の講師の先生は検査の研究家と言うこともあり

精密検査の分析方法など勉強になりましたよ。

近いうちに最新の検査機器など購入を検討しています。

 

翌日は祝日だったこともあり、浜松まで自転車で

帰ってきてそこから新幹線+小田急線で帰宅しました。

 

下前歯のセラミック矯正

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先日治療した下前歯のセラミック矯正の治療例をアップします。

IMG_73722.jpg

before

 

IMG_8065.JPG

after

 

 

矯正セミナー・ベーシック終了

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

4月から通っている矯正セミナー・ベーシックコース

全6回が終了し、認定証を頂きました。

 

9efc7a0036bc634fde5f6c31b288af669ae10fb8.JPG

 

受講前はベーシックを受ける段階でもないので、アドバンスから

と決め込んでいたのですが、折角なので基本から勉強してきました。

 

基本的なことは細かい点から見直すことができましたし、

知らない点についてはいろいろと勉強になりました。

 

矯正歯科は流派的なものでかなり治療方法が異なりますのが、

今回は自分と同じ部分が多く、臨床にも導入しやすい事柄が多かったです。

矯正歯科12回セミナー受講始まる

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

先週の日曜日から12回連続の矯正歯科セミナーが始まりました。

内容はベーシックなエッジワイズ法で、

決して新しいものではありませんし

既に勉強している治療法です。

 

通常セミナーと言うのは自分の知らないことを

勉強しに行くものですが一昨年ぐらいから知っていることも勉強しに行ってます。

 

その理由として、

自分の治療完成度が上がる。

既に導入している内容なのでスグに役立つ。

結果として効果が高いことが多い

と感じるようになったからです。

 

新しい治療というと一見良さそうに思えますが、

導入が難しかったり

導入しても効果が悪いことがあります。

 

また自分も歯科医として経験20年を超えるようになり

自分の注力したい分野が絞れてきたというのもあるかもしれません。

 

年間12日休みが潰れるのは残念ですが、

それ以上の効果があると信じています。

夏休み矯正割引14日まで

成城で矯正歯科をしているファーストデンタルクリニック平澤です。

月末のウルトラマラソンにかけて練習しています。

 

東京オリンピック2020が決まり楽しみですが、

入場料払ってでも見たい競技も目白押しです。

 

私の取り組んでいるマラソンとトライアスロンはいずれも

公道で開催されるので入場料なしで楽しめます(笑)。

 

さて話は違いますが、

夏休み多くの方がご利用いただいた矯正検査費の割引ですが今週末14日まで終了です。

 

通常42000円が26250円で実施していますので

気になる方はこの機会にご利用ください。

 

 

 

AKB48にみる歯並びと人気の相関性?

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

AKB48を見てみると歯並びが悪いメンバーが多いような気がする。

 

昔と違いデビューするまで時間をかけて準備する期間が

少ないのが原因と考えられるが、果たして本当に

歯並びが悪いのは気のせいか、第三回総選挙の

人気の相関性はあるか検証したい。

 

歯並びは画像でわかる範囲とし、

歯並びが良い1、歯並びが少し悪い2,歯並びが悪い3の

三段階評価と勝手にしてみる。

 

10位松井玲奈 歯並び1 (八重歯を削った???)

9位指原莉乃 歯並び2 (やや出っ歯。がたつき小)

8位板野友美 歯並び3 (八重歯。特に左)

7位高橋みなみ 歯並び1 (歯が大きい) 

6位小嶋陽菜 歯並び3 (上がたつき、下八重歯、目立たない) 

5位渡辺麻友 歯並び1 (前歯ぴっちり矯正後) 

4位篠田麻里子 歯並び1 (歯が大きい)

3位柏木由紀 歯並び2 (上前歯2本ねじれている) 

2位大島優子 歯並び3 (八重歯)

1位前田敦子 歯並び1 (少しだけがたついてるがナチュラル) 

 

第2回から順位を落とした大島、板野が歯並びが悪いのは

偶然か?

 

次回下位メンバーと比較したい。

この話題暇なときに続く。。。。

    

歯の矯正をしたら

test079.jpg

ファーストデンタルクリニックの平澤です。

矯正をしてしばらくの美人の患者様から

「矯正してから頭痛とお腹の調子が
良くなりました。」

と感想を頂きました。


 矯正前はガタガタだった噛み合わせが良くなったので、
胃の調子が良くなるとはよく聞く話です。

 矯正は見た目をアップだけでなく、
健康までアップします。


 お腹の調子まで良くなったら、歯並び以上の
価値を生めて本当に良かったです。


 恐るべし矯正治療!!

矯正 トム・ピッツ講演会

1O.jpg

 おはようございます。
 ファーストデンルクリニックの平澤です。

 今日は木曜日ですが、診療を水曜日と交換して休みして
講演会に参加してきました。

 お話はドクター トムピッツ。

 アメリカで矯正の仕上げがとてもキレイで有名な先生です。

 
 内容は今までの矯正のやり方がトラディショナルな
やり方に対して、かなり口唇や歯の見え方などを
重要視した矯正の方法で大変勉強になりました。

 矯正装置そのものが新しいものを使用するのではなく、
今までの装置を患者さんの状態に応じて使い分けて
おり、当院でもスグに応用できる内容でした。

 一部患者さんにはお休みでご迷惑お掛けしましたが、
今回勉強した内容を還元していきたいと思います。

矯正歯科 ビムラー

F1000083.JPG

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は日本歯科大学で開催された矯正歯科の
ビムラーセミナーを勉強してきました。


 ビムラーとはドイツ生まれの矯正装置で日本では
マイナーな装置です。

 しかし、歯をキレイに並べるということでは、
時間はかかりますがかなり優秀な装置のようでした。

 時間がかかるので患者さんうけは悪いですが
、矯正医が自分の子供の矯正をするのに需要が多いそうです。

 
 私が聞いた感じでは矯正装置が入れにくい
乳歯と永久歯の混合期の出っ歯の子供には
有効という印象を受けました。


 受講後には水道橋の歯科図書専門の
本屋さんでビムラーを扱った専門書を購入しました。

 今後はビムラーの装置を導入して、よりよい
矯正治療を研究していきたいと思います。

裏側矯正 2

 こんにちは。ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は見えない舌側矯正のセミナーに行ってきました。

 2週間前に行った舌側矯正とは別のセミナーですが
立て続けに同じジャンルです。

 舌側矯正はとてもマイナーな分野ですので勉強するにも
機会を失いたくないので、残った若松先生を含むスタッフには
迷惑をかけましたが思い切って行かせて頂きました。


 内容的には20年にわたり舌側矯正をされている先生
でしたのでいろいろな治療器具を使っての治療経験が
あり、治療器具同士の違いとそれを使い分ける場合の
違いなどがわかり勉強になりました。


 また大変緻密に治療後の成果を自ら評価されていた
のが印象的でした。

 治療が終われば安心してしまうものですが、
そこから再度精密検査をして自分の治療後の
成果を詳細にチェックする姿勢は見習うべきものです。

 またいろいろな治療方法がみれ、自分の診断方法にも
ヒントが得られました。

 前回の舌側矯正とまとめてホームページにアップして
いきたいと思います。

矯正患者さんの遭遇

img07560.jpg

 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 今日は午後の2時間枠に矯正患者さんが6人来ていただきました。

 金曜の夜に当院に来ていただけるなんてありがたい事です。


 そこでこんな話をお聞きしました。

 先日買い物していたお店で矯正をしている女性を
見かけたので「同じ矯正仲間 !」とうれしくなり話し
かけてみたら、なんとその方もファーストデンタル
クリニックで矯正されていたそうです。

 本当にありがたい話です。


 実は当院の矯正患者様率は一部ですが高く、
地元の小学校のある学年やクラスではかなりの
割合を占めているそうです。
 
 先週勉強してきた舌側矯正システムも
さらに地域医療に貢献できるものと考えています。

裏側矯正

IMG_5792.JPG
 こんにちは。

 東京の歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 昨日今日と診療をお休みいただいて裏側からの
矯正装置の勉強をしてきました。
 
 裏側からの矯正というと表からの装置と比較して
かなり使いづらくキレイに治らないのですが、
今回の装置は使いやすく精度も良いようです。

 その分コストアップはしていますが、治療期間も
短縮できるため従来品と変わらない値段で
提供できそうです。

 今回の装置はCAD/CAMで作られるのですが、
試作品などを作る技術に使われている
工業用のプリンターを使い作製されます。

 かなり精度は良いようで従来品と比較して
誤差は5分の1程度になっているようです。

 日本ではまだ普及していませんが、
ヨーロッパやドバイなど世界中で15000人に
使われているそうなので今後日本でも
スタンダードになっていきそうな予感がします。


 新しくホームページにもアップする予定ですので
楽しみにしていてください。
 

Neo 矯正

F1000028.JPG

 こんにちは。

 東京の歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 日曜日に浜松町にて矯正のセミナーを受講してきました。
せっかくなので最前列に座り、撮影禁止の中取った写真が
これです(笑)。

 休憩中の写真なので問題ないと思います。。。


 内容は子供から始める歯を抜歯しない矯正治療です。
使われている装置はリップバンパーというちょっと
特殊な装置なのですが、それほど目新しいことは
ありません。

 以前から当院でも治療に取り入れようと計画していた
装置で、知る人は知るみたいな装置です。


 ただそれらを組み合わせて、徹底的に治療した結果は
すばらしいものでした。

 常識にとらわれずに、既存の方法を組み合わせることで
非常識な結果が生まれるといった典型例だと思います。

 
 最近当院でも子供矯正治療を開始する方が多いのですが、
やはり抜歯せずに矯正できるというのはかなりメリットですね。

 当院でも今後導入していきたいと思います。

矯正受験伝説

IMG_5587.JPG

 こんにちは。東京の歯科のファーストデンタルクリニック
の平澤です。

 最近、子供の矯正患者さんが終了される方が続きました。

 小学生のころから矯正して中学生になっていく姿を見て
いるので、「ずいぶん大きくなって」と親戚のおじさんに
なったような気分で感慨深いです。

 歯並びもきれいになって、素敵なお姉さん・お兄ちゃん
になっていくのは本当に楽しみです。


 たまに親御さんが子供矯正で心配されるのが
中学受験と同時期になる場合、負担をかけたくないので
時期をずらした方が良いのではということです。

 当院でもそのようなケースは多数見ていますが、
結果として受験直前だろうが矯正したお子さんのほうが
名門中学に合格しているケースが多いです。

 具体的には、桜蔭、慶応中学、豊島岡学園などなど合格しています。

 矯正することで頭が良くなっていると
私は信じています(笑)。

 当院の矯正受験伝説どこまでつづくか楽しみです。

歯並びが悪いということの意味

IMG_5075.JPG

 こんにちは。世田谷区 歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 なぜか8月終わりぐらいより矯正スタートされる患者さんが急増している。

 私自身も大学生のときに矯正治療を受けているので、そのメリットデメリットは体感している。


 しかし自分自身が治療する立場において、歯並びが悪いということによるデメリットの甚大さは計り知れないと実感する機会が多い。

 歯並びが悪いと虫歯や歯周病の悪化がとても早い上に、治療が困難なため限界が生じてしまうのです。

 ですから、歯を本当に良くしたいとお考えでしたら、矯正治療で歯並びをよくすることを避けることはできません

 もちろん40代ぐらいまでの年齢であれば矯正治療しても十分メリットはありますが、それ以上の年齢となると逆に歯が病気で抜けていることが多く矯正治療自体ができない場合も多いのです。

 そのため「あー、もっと早い時期に矯正治療しておけばこんなにならなくてすんだのに・・・。こうなってしまっては。。。」と心の中で悲しむことがあるのです。

 確かに矯正治療というのは費用と時間がかかるのでそれなりの覚悟が必要ですが、一生に一度のことですのでぜひトライしてキレイな歯並びを得てほしいと思います。

デーモンセミナー

IMG4303.JPG

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 4月の17-18日と大阪で最新の矯正装置であるデーモンのセミナーを受けてきました。

 デーモンとはアメリカの矯正医が開発した装置で、早く治るということで有名です。矯正治療というのは時間がかかりますので、より早く治ると言うことはとても魅力的です。

 ただ、前歯でも透明な装置はなくどうしてもメタルの装置になってしまうことは日本人に最大のネックとなっています。

 そのため、かなりメリットが多くないと導入が難しいということが言えます。

 今回のセミナーを受けた感じでは、かなりメリットが多いみたいですので治療に時間がかかるケースなどには積極的に導入したいと思います。

矯正と顎関節症

img261.jpg

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 先日男性の患者様から「以前矯正の先生に相談した時に、歯を抜かないといけないと言われ、顎関節症もひどくなると言われた。怖くなって矯正治療を見合わせた」とお聞きしたことがあります。

 矯正治療の場合、きれいになるのは当たり前ですがその中でどれだけ健康面も考えて、長期的に良い噛み合わせがキープできるかということが腕の見せ所と思います。

 確かにキレイになるというところが矯正治療のメインで、きれいになればほとんどの目的が叶えたといえるでしょう。ところがそれにプラスできるのがあればそれが付加価値といえます。

 健康面を考えれば歯を抜かずに、歯のアーチを広くすることが一番よいことです。口が広くなると酸素や栄養が取り込みやすくなりますので、健康には一番良い方法です。特に下の歯はなるべく抜かない方法をおススメしたいです。

 当院の矯正治療はそんな付加価値を高めたものを提供すべく、日々研究しています。

今年のテーマ

show_img.jpg

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 2008年になって1ヶ月が経とうとしていますが、今年のセミナー=勉強の予定を立てるべく調べているのですが、セミナー自体の日程が立っていないものが多すぎる!

 と怒ってもしょうがないのですが、今年のテーマとしては「歯科はやっぱり技術」をあげます。

 経営的なテクニックというのが注目される昨今ですが、やはり技術が良くなくてはどうにもなりません。もちろん技術さえ良ければというのではありませんが、集中すべきものとしてはやはり技術ということになると最近特に感じています。

 今年のセミナーの方針としては、やはりイン プラントと矯正が中心になっていくと考えています。

 そのなかでもイン プラントは今までのメーカーにこだわらず、他メーカーも貪欲に勉強してゆきより良いものを追求してゆく方針です。

 その中でもより難しいケースにも対応できるようアドバンス的な内容中心に勉強しようと考えています。

 矯正に関しては、よりキレイに治すことはもちろんですが短期間に治療を終えられるよう、他のシステムにも勉強の手を伸ばしていく予定です。

 勤務医の若松先生も昨年同様によりよい治療を目指してセミナーを受講してゆく予定と聞いてますので、今年もファーストデンタルクリニックは楽しみです。

子供の歯が危険が忍び寄っている

IMG_4046.JPG

 こんにちは。世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 最近、子供の歯でとても気になることがあるので今日は紹介します。

 以前の子供は虫歯が多く、早くからボロボロになることが多かったのですが、近頃は虫歯は激減しあったとしても2-3本ですぐに終わってしまうケースがほとんどです。

 そのため歯科医院では子供が減ったはずなのですが、新たな問題が急浮上しているのです。

 それは永久歯がないことです。

 乳歯は永久歯に生えかわる歯です。ですが、永久歯がないとずーっと乳歯を使わなければなりません。ところが乳歯はもともと生え変わる歯なので丈夫にはできていません。また、大きさや形も永久歯とかなり異なります。

 そのため、長く使いたい乳歯はすぐにボロボロになり、かみ合わせのバランスもとても悪くなるのです。

 対策方法としては早いうちにレントゲンで調べてもらうことです。そして子供の矯正治療に詳しい先生に相談することが肝心です。

 当院に相談にいらっしゃる方でも「いままで他の歯科医院に通っていたが、そんなに悪い状態とは知らなかった」とお聞きすることがあります。

 それも無理のないことで、このようなことは歯科の中でも最新のことであまり知られていないことだからです。

非抜歯矯正

ea6ae683.JPG こんにちは。世田谷区歯科のファーストデンタルクリニックの平澤です。

 3月25-27日と矯正のセミナーを受講しています。

 矯正はキレイになって当たり前。これからはより快適に矯正治療出来る事がメインになって来るでしょう。

 今回は特に歯を抜かないで矯正できる新しいテクニックを学んでいます。

 「出っ歯」を歯を抜かずに矯正できる最新テク。

これから応用範囲が広いと期待しています。


 思いっきりスゴーイ出っ歯も歯を抜かずにできるなんて、本当にすごいです。

 今までの矯正は奥歯のズレは直せないものとして、歯を抜いてそのズレを補正してきたのですが、今回のテクニック奥歯のズレまで根本的に治してしまうので本当にすごいです。

 実際にこのテクニックでは98%以上抜かないそうなので、多くの方にとって福音になると思います。

 モノマネにでてくるような明石さんまのような出っ歯ぐらい、15?20ミリものスゴイ出っ歯も抜かずに治るのです。

 ご期待下さい!!!

こどもの矯正

20159695.JPG  世田谷区の歯科ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 当院の治療の特徴の1つであります『小児の矯正』ですが、最近ずいぶんやりやすくなってきました。

 と言いますのは、既存の矯正患者様からの紹介やクチコミで来て頂くケースが急増しているのです。

 紹介やクチコミですから、あらかじめ当院の矯正治療をお聞きになって来院されますから、説明がとーっても楽です。

 その上、最近作成していました『矯正を始めてわかる7つのメリット』&『矯正患者様アンケート集』をもれなくプレゼント!!! この資料は当日は来られないパパにも見せてあげてください。


 さらに7月の15?17日には小児矯正のバージョンアップを図るためのセミナーを受講してまいります。

 これにより勉強した治療方法によりコンパクトな装置でスピーディに歯を動かすことが出来るようになります。

 特に今まで難しかった奥歯の傾斜など、見た目にはそれほど関係ありませんが、噛み合わせには重要な影響を与える部分が楽に出来るようになるかと思います。

 私もセミナー楽しみにしています。

 

公認! 矯正専門医

7ade72b0.JPG  こんにちは。

 先日プログでもご紹介しました、審査の件ですが早速返事が来ました。

「先日お問合せいただきました件について、各務先生(講師の先生)から回答がございましたので、ご連絡申し上げます。

 メールに記載された内容について検討された結果、矯正専門医として、4日目免除でご受講いただけるそうです。」

 やりました。

 もちろんマラソン出場できるのもうれしいですが、矯正専門医の実力として認められたことです!!!

「矯正専門医」というといかにも専門家っていう感じで一目置かれそうですが、中にはそうでない方もいらっしゃって人知れず対抗心があったのですが、有名な先生に認めされて正直うれしいです。

 また、今回受講できるセミナーの内容も私が注目している子供からの矯正がテーマです。

 講師の先生の案内文をご紹介します。

『(前略) 私の説く、『咬合誘導』は、20数年に渡り、如何に非抜歯に持っていくかの臨床と研究の中で、打ち立てられた『不正咬合の予防』なのです。使用装置についてはなるべく簡単な装置を選択することによって、患者が楽であると同時に術者も治療が大変楽であり、患者の協力も得られることになります。

 これらの理論や方法を理解して頂き、使用装置の調節や適応症に注意され少しでも多くの非抜歯症例をつくり、子供達をそして人々の健康を助けて頂きたいと思います』

 素晴らしい。今から楽しみです。

トムクルーズ

3f8fb551.JPG

 こんばんは。

 トムクルーズの口元に注目してください。

 そう、矯正しているんです! そう3年前ぐらいにしていることが噂されていたのですが、今回偶然にも写真ゲットできました。

 アメリカではビジネスにおける第一印象アップのため、男性もかなり外見に力を入れているです。

 大統領選で落選しましたがゴア氏は、なんとネイルケアまでしていたとか。たしかに落選してもすっごく爽やかな顔していましたね。

 日本では矯正することで装置が目立つなど気にされる方もいらっしゃいますが、アメリカでは矯正していることがわかると逆に「自分の健康管理に気をつけている信用できる人」と評価されるそうです(実際にアメリカで矯正されたビジネスマンから聞きました)。

 その辺は日本はまだ遅れているのかもしれませんが、これからはどんどん追いついていくことと思います。

 日本とアメリカでは矯正の方法も違います。日本では子供から始める方が多く目立ちにくい装置が中心ですが、アメリカでは大人から始める方が多く目立つ装置も気にしないようです。

 アメリカで大人から始める方が多いのは本人の意思で矯正を始めるケースが多い為ですが、やはり矯正は子供から始めるのが一番いいようです。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2017年9月 (5)
2017年7月 (2)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (4)
2017年3月 (1)
2017年2月 (1)
2017年1月 (3)
2016年12月 (1)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (4)
2016年6月 (2)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (2)
2015年12月 (2)
2015年11月 (2)
2015年10月 (1)
2015年9月 (4)
2015年8月 (1)
2015年7月 (2)
2015年6月 (4)
2015年5月 (2)
2015年4月 (2)
2015年3月 (3)
2015年2月 (4)
2015年1月 (3)
2014年12月 (4)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年9月 (4)
2014年8月 (5)
2014年7月 (5)
2014年6月 (4)
2014年5月 (2)
2014年4月 (5)
2014年3月 (3)
2014年2月 (6)
2014年1月 (3)
2013年12月 (4)
2013年11月 (5)
2013年10月 (3)
2013年9月 (9)
2013年8月 (7)
2013年7月 (3)
2013年6月 (7)
2013年5月 (6)
2013年4月 (5)
2013年3月 (9)
2013年2月 (10)
2013年1月 (3)
2012年12月 (12)
2012年11月 (8)
2012年10月 (10)
2012年9月 (10)
2012年8月 (7)
2012年7月 (10)
2012年6月 (8)
2012年5月 (7)
2012年4月 (12)
2012年3月 (12)
2012年2月 (13)
2012年1月 (7)
2011年12月 (12)
2011年11月 (11)
2011年10月 (8)
2011年9月 (7)
2011年8月 (9)
2011年7月 (9)
2011年6月 (5)
2011年5月 (3)
2011年4月 (4)
2011年3月 (19)
2011年2月 (4)
2011年1月 (4)
2010年12月 (7)
2010年11月 (7)
2010年10月 (11)
2010年9月 (5)
2010年8月 (6)
2010年7月 (9)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年4月 (3)
2010年3月 (4)
2010年2月 (4)
2010年1月 (6)
2009年12月 (4)
2009年11月 (11)
2009年10月 (4)
2009年9月 (3)
2009年8月 (1)
2009年7月 (3)
2009年6月 (2)
2009年5月 (2)
2009年4月 (4)
2009年3月 (10)
2009年2月 (2)
2009年1月 (6)
2008年12月 (5)
2008年11月 (6)
2008年10月 (7)
2008年9月 (9)
2008年8月 (5)
2008年7月 (8)
2008年6月 (5)
2008年5月 (7)
2008年4月 (10)
2008年3月 (7)
2008年2月 (11)
2008年1月 (12)
2007年12月 (10)
2007年11月 (4)
2007年10月 (2)
2007年9月 (4)
2007年8月 (1)
2007年7月 (3)
2007年6月 (2)
2007年5月 (3)
2007年4月 (2)
2007年3月 (4)
2007年2月 (1)
2007年1月 (3)
2006年12月 (3)
2006年11月 (2)
2006年10月 (3)
2006年9月 (4)
2006年8月 (7)
2006年7月 (3)
2006年6月 (3)
2006年5月 (4)
2006年4月 (4)
2006年3月 (5)
2006年2月 (4)
2006年1月 (5)
2005年12月 (5)
2005年11月 (2)
2005年10月 (8)
2005年9月 (8)
2005年8月 (7)
2005年7月 (10)
2005年6月 (7)
2005年5月 (8)
2005年4月 (5)
2005年3月 (7)
2005年2月 (8)