<< 歯がガクッと悪くなったワケ  | ブログトップへ戻る  |  インプラント軟組織と硬組織のセミナー >>

逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向

2017年05月15日

先日の投稿で

「歯がガクっと悪くなる人の一定の傾向」

をお話しましたが、

今回はその逆

「歯が意外と長持ちしている方の傾向」

についてお話します。

 

一見するだけで「歯が悪くなりそうだなー」

と言う方は若くてもいらっしゃいます。

 

一番は歯並びやかみ合わせが悪い方。

汚れが溜まりやすかったり、無理な噛み方をしています

ので潜在的なリスクが存在します。

 

次には年齢のわりに歯の治療歴が多い方。

この調子でいくと。。。心配になります。

 

ところが、そんな心配をよそに10年以上時間が経っても

意外と悪くならない方がいて、予想を裏切られます。

 

意外と悪くならずに済んでいる方の特徴。

・インプラントで奥歯がしっかり噛めている。

・悪くなっても様子見せず、きっちり治療を受けている。

・3ヶ月毎のクリニーニングを欠かさない。

 

結構重要なのが、

「悪くなっても様子見せず、きっちり治療を受けている。」

です。

言い換えれば、先送りは良くないって言うことでしょうか。

その間に少しずつ悪くなっていることです。

 

最新記事

ソケットリフト理想的に成功
2/23土曜日歯のクリーニング出来ます!
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所を更新
滅菌技士認定試験
【休診・特別診療情報】
新春初インプラント
歯科保険CTセミナー参加
ハンドピース滅菌体制
他院撮影レントゲンの持ち込みに関して
インプラントはポケット検査すべきか?
オールジルコニア単冠2
自費研フェス2018参加してきました。
歯科疾患重症化予防セミナー
オールジルコニア単冠
BBCインプラントセミナー

カテゴリー

セラミック (29)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (158)
矯正歯科 (20)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ