<< 歯がガクッと悪くなったワケ  | ブログトップへ戻る  |  インプラント軟組織と硬組織のセミナー >>

逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向

2017年05月15日

先日の投稿で

「歯がガクっと悪くなる人の一定の傾向」

をお話しましたが、

今回はその逆

「歯が意外と長持ちしている方の傾向」

についてお話します。

 

一見するだけで「歯が悪くなりそうだなー」

と言う方は若くてもいらっしゃいます。

 

一番は歯並びやかみ合わせが悪い方。

汚れが溜まりやすかったり、無理な噛み方をしています

ので潜在的なリスクが存在します。

 

次には年齢のわりに歯の治療歴が多い方。

この調子でいくと。。。心配になります。

 

ところが、そんな心配をよそに10年以上時間が経っても

意外と悪くならない方がいて、予想を裏切られます。

 

意外と悪くならずに済んでいる方の特徴。

・インプラントで奥歯がしっかり噛めている。

・悪くなっても様子見せず、きっちり治療を受けている。

・3ヶ月毎のクリニーニングを欠かさない。

 

結構重要なのが、

「悪くなっても様子見せず、きっちり治療を受けている。」

です。

言い換えれば、先送りは良くないって言うことでしょうか。

その間に少しずつ悪くなっていることです。

 

最新記事

歯科診療報酬改定新点数説明会に参加しました。
横向きの親知らずは生えて来るのか?
ジルコボンド治療例
前歯インプラント完成
荒天時等の臨時休診する場合について
静脈沈静下のインプラント手術終了しました。
ジルコボンドセラミック
4月25日水曜日特別診療【休診・特別診療情報】
明けましておめでとうございます。年始5日から。
上顎インプラント治療セミナー
インプラント矯正アドバンスセミナー
マウスピース系取り扱いまとめ
インプラントを長持ちさせるために
歯並びコーディネーター
AED講習会
Jアラート対応について打ち合わせ
ビューティ107閉店(3階美容院)
自ら歯科衛生士によるクリーニング受ける
土曜日メンテナンスのキャンセル待ち
インプラント軟組織と硬組織のセミナー
逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向
歯がガクッと悪くなったワケ
内視鏡定期検査受診
インプラントライブオペ
スタッフ食事会しました。
近くの歯医者で問題ないと言われました。
アドバンスインプラント講習会
医療費控除
サイナスリフトは意外と?
新年明けましておめでとうございます。

カテゴリー

セラミック (26)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (439)
矯正歯科 (25)
健康の秘訣 (195)
入れ歯 (6)
メルマガバックナンバー (0)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ