<< 舌側矯正歯科学会  | ブログトップへ戻る  |  サイナスリフトは意外と? >>

睡眠時無呼吸症治療法のデメリット

2016年12月10日

20161204_174135231.jpg

 

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日、睡眠時無呼吸症の研究会に参加してきました。

 

歯科には関係のない病気のように思われるかもしれませんが、

治療で使うOAという装置を歯科で作るようになっています。

 

当院では扱っていませんが、

治療方法への勉強と思い参加してきました。

 

結論から言いますとOA装置自体のリスクについては

まだ未解明の部分が多く今後も取り扱いはしない予定です。

 

寝ている間、口の中に入れておく装置なのですが、

長時間かつ長期間つけるためかみ合わせの変化が一番のリスクです。

 

寝ている間だけつける矯正装置がありますが、

それと同じような反応をして噛み合わせが変化すると

考えれば分かりやすいと思います。

 

噛み合わせが変化しますと、矯正治療・オーラルリハビリテーションといった

大規模な自費治療でしか治療できなくなるためリスクが大きすぎます。

 

矯正治療やオーラルリハビリテーションといった治療方法は

一般歯科ではあまり扱っていないので軽く考えているのかもしれませんが、

両方とも扱っている当院ではその治療の大変さが身に沁みています。

 

睡眠時無呼吸症にはCPAPという別の治療方法が副作用が少ないと思います。

最新記事

ソケットリフト理想的に成功
2/23土曜日歯のクリーニング出来ます!
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所を更新
滅菌技士認定試験
【休診・特別診療情報】
新春初インプラント
歯科保険CTセミナー参加
ハンドピース滅菌体制
他院撮影レントゲンの持ち込みに関して
インプラントはポケット検査すべきか?
オールジルコニア単冠2
自費研フェス2018参加してきました。
歯科疾患重症化予防セミナー
オールジルコニア単冠
BBCインプラントセミナー

カテゴリー

セラミック (29)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (158)
矯正歯科 (20)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ