<< 舌側矯正歯科学会  | ブログトップへ戻る  |  新年明けましておめでとうございます。 >>

睡眠時無呼吸症治療法のデメリット

2016年12月10日

20161204_174135231.jpg

 

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日、睡眠時無呼吸症の研究会に参加してきました。

 

歯科には関係のない病気のように思われるかもしれませんが、

治療で使うOAという装置を歯科で作るようになっています。

 

当院では扱っていませんが、

治療方法への勉強と思い参加してきました。

 

結論から言いますとOA装置自体のリスクについては

まだ未解明の部分が多く今後も取り扱いはしない予定です。

 

寝ている間、口の中に入れておく装置なのですが、

長時間かつ長期間つけるためかみ合わせの変化が一番のリスクです。

 

寝ている間だけつける矯正装置がありますが、

それと同じような反応をして噛み合わせが変化すると

考えれば分かりやすいと思います。

 

噛み合わせが変化しますと、矯正治療・オーラルリハビリテーションといった

大規模な自費治療でしか治療できなくなるためリスクが大きすぎます。

 

矯正治療やオーラルリハビリテーションといった治療方法は

一般歯科ではあまり扱っていないので軽く考えているのかもしれませんが、

両方とも扱っている当院ではその治療の大変さが身に沁みています。

 

睡眠時無呼吸症にはCPAPという別の治療方法が副作用が少ないと思います。

最新記事

スタッフ入籍お祝い会をしました。
入れ歯が得意な歯医者さんは多い。
総入れ歯治療が不要の時代に。
【休診・特別診療情報】
歯科診療報酬改定新点数説明会に参加しました。
横向きの親知らずは生えて来るのか?
ジルコボンド治療例
前歯インプラント完成
荒天時等の臨時休診する場合について
静脈沈静下のインプラント手術終了しました。
ジルコボンドセラミック
明けましておめでとうございます。年始5日から。
上顎インプラント治療セミナー
インプラント矯正アドバンスセミナー
マウスピース系取り扱いまとめ
インプラントを長持ちさせるために
歯並びコーディネーター
AED講習会
Jアラート対応について打ち合わせ
ビューティ107閉店(3階美容院)
自ら歯科衛生士によるクリーニング受ける
土曜日メンテナンスのキャンセル待ち
インプラント軟組織と硬組織のセミナー
逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向
歯がガクッと悪くなったワケ
内視鏡定期検査受診
インプラントライブオペ
スタッフ食事会しました。
近くの歯医者で問題ないと言われました。
アドバンスインプラント講習会

カテゴリー

セラミック (26)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (442)
矯正歯科 (25)
健康の秘訣 (195)
入れ歯 (6)
メルマガバックナンバー (0)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ