<< 歯科医師会  | ブログトップへ戻る  |  熱中症気味 >>

セラミック治療はツンデレ材料克服から

2015年06月27日

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

歯科治療の代表的なものとして

虫歯などで削ったところにセラミックなどで

歯を作ると言うものがあります。

 

その中ではさまざまな治療の要素がありますが、

一番大事なのが「精度」です。

 

精度が良ければ、虫歯になりにくいですし

設計通りの治療ができます。

精度が低ければ、調整や修正が余儀なくされます。

 

そのためより高い精度が求めると、

シリコン印象材という型を採る材料が必要になります。

 

しかし、このシリコン印象材ですが

性能は良いのですが扱いにくいのです。

まさに「ツンデレ材料」とでも言いましょうか(笑)

 

インプラントや矯正に使うシリコン印象はまず失敗しないのですが、

セラミックでは様々な要素が絡み合っていて失敗することが珍しくありません。

 

そのためシリコン印象はあまり使わない先生も少なくないのです。

確かに使わなくても普通には出来ます。

 

しかしより高い精度を求めていろいろなアプローチしていたのですが、

最近になってようやく成功率の高い使い方が分かってきたようです。

 

その秘訣は教科書にもない企業秘密(笑)ですが

失敗が少なくなると精度の良さだけを享受できますので

診療がより楽しくなってきた感が高まっています。

 

更に高めるためのアイデアも沸いてきたので

今後更に良い精度が出せると思います。

 

最新記事

歯科診療報酬改定新点数説明会に参加しました。
横向きの親知らずは生えて来るのか?
ジルコボンド治療例
前歯インプラント完成
荒天時等の臨時休診する場合について
静脈沈静下のインプラント手術終了しました。
ジルコボンドセラミック
4月25日水曜日特別診療【休診・特別診療情報】
明けましておめでとうございます。年始5日から。
上顎インプラント治療セミナー
インプラント矯正アドバンスセミナー
マウスピース系取り扱いまとめ
インプラントを長持ちさせるために
歯並びコーディネーター
AED講習会
Jアラート対応について打ち合わせ
ビューティ107閉店(3階美容院)
自ら歯科衛生士によるクリーニング受ける
土曜日メンテナンスのキャンセル待ち
インプラント軟組織と硬組織のセミナー
逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向
歯がガクッと悪くなったワケ
内視鏡定期検査受診
インプラントライブオペ
スタッフ食事会しました。
近くの歯医者で問題ないと言われました。
アドバンスインプラント講習会
医療費控除
サイナスリフトは意外と?
新年明けましておめでとうございます。

カテゴリー

セラミック (26)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (439)
矯正歯科 (25)
健康の秘訣 (195)
入れ歯 (6)
メルマガバックナンバー (0)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ