<< PBP断念。。。  | ブログトップへ戻る  |  古河はなももマラソン >>

ビスフォスフォネート剤と歯科治療

2015年03月09日

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

 

昨日ビスフォスフォネート剤研究会に参加してきました。

1425793031299.jpg

 

ビスフォスフォネート剤とは骨粗鬆症や悪性腫瘍に使われる薬ですが、

顎骨壊死する副作用が報告されています。

そのため歯科ではかなり恐れられている薬の一種です。

 

しかし個人的には

骨粗鬆症は多くの人がかかっている病気であり

ビスフォスフォネート剤はその中でも一般的な薬ですので

それほどリスクが高くないのではと考えていました

(リスクが高ければ顕在化するはずと)。

 

今回のセミナーでは

口腔外科、内科、整形外科、産婦人科

の専門医の先生から詳しく話を伺うことができ大変勉強になりました。

 

結論から言えば

「ビスフォスフォネート剤は有効な薬で顎骨壊死はリスクが少ない」

と言ったものです。

 

実際の作用などはわかっておらず

研究は進んでいないのが実情のようで

今後も指針が変わる恐れがあります。

 

ただビスフォスフォネート剤を恐れて

歯科治療をしないと言うのは本末転倒で、

むしろリスクコントロールの意味からきちんと治療は

するのが良いでしょう。

 

実際のところ整形外科でビスフォスフォネート剤を

使用している患者さんでインプラントをお入れしたことがありますが、

特に問題がなく6本ほど入れた経験があります。

 

もちろん事前に十分な検査等で行っているわけですが、

これからも骨粗鬆症が無くなるわけではありませんので

歯科でどう対応できるかが課題だと思います。

最新記事

自ら歯科衛生士によるクリーニング受ける
【休診・特別診療情報】
インプラント軟組織と硬組織のセミナー
逆に歯が意外と長持ちしている方の傾向
歯がガクッと悪くなったワケ
内視鏡定期検査受診
インプラントライブオペ
スタッフ食事会しました。
近くの歯医者で問題ないと言われました。
アドバンスインプラント講習会
医療費控除
サイナスリフトは意外と?
新年明けましておめでとうございます。
睡眠時無呼吸症治療法のデメリット
舌側矯正歯科学会
オーラルリハビリテーションセミナー
オールジルコニアは実用性高い!
アメリカの歯科事情
アメリカの歯ブラシ事情
サイト内の旧価格表示等について
か強診として認められました。
土曜日メンテナンスのご希望の方へ
歯科外来診療環境体制
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
保険改正のセミナー
成城学園前の訪問歯科診療
それでも走り続ける!
入れ歯の治療は難しい?
歯科受付スタッフと歯科衛生士求人の募集中
医院的しのぶ会

カテゴリー

セラミック (24)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (426)
矯正歯科 (24)
健康の秘訣 (195)
入れ歯 (6)
メルマガバックナンバー (0)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ