<< すごい色ですね-!  | ブログトップへ戻る  |  ビスフォスフォネート剤と歯科治療 >>

ダイレクト クラウン

2015年02月18日

成城の歯医者 ファーストデンタルクリニックの平澤です。

先日、産経新聞にダイレクト クラウンのことが書いてありました。

 

DSC_0102.JPG

 

ダイレクトクラウンのことはもちろん知っていましたが、

正直言って(海外では分かりませんが)日本では流行らない感じと思います。

 

今までもこの手の中間価格帯の商品は各社から発売されてきましたが、

いま一つ流行らずに終わってきました。

 

その理由として

・精度が悪い

・変色しやすい

・壊れやすい

と言った信頼性が欠ける製品だったからです。

 

ダイレクトクラウンの材質は既存の組み合わせですが、

信頼性が欠ける製品と推察されるため飛びつく日本人は少ないでしょう。

 

また日本人の人間性も

「見栄っ張りの少ない、実を取る正直者」が多いので

ダイレクトクラウンの入り込む余地が非常に

少ないと言うのが現状です。

 

またダイレクトクラウンの1回で終わるというメリットもありますが、

以前短期間の治療終了に取り組んだことはあるのですが、

需要が極めて少ないためあまり魅力を感じる人は少ないようです。

 

最新記事

ソケットリフト理想的に成功
2/23土曜日歯のクリーニング出来ます!
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所を更新
滅菌技士認定試験
【休診・特別診療情報】
新春初インプラント
歯科保険CTセミナー参加
ハンドピース滅菌体制
他院撮影レントゲンの持ち込みに関して
インプラントはポケット検査すべきか?
オールジルコニア単冠2
自費研フェス2018参加してきました。
歯科疾患重症化予防セミナー
オールジルコニア単冠
BBCインプラントセミナー

カテゴリー

セラミック (29)
質問 (11)
ファーストデンタルクリニック (158)
矯正歯科 (20)
健康の秘訣 (11)
入れ歯 (6)
矯正歯科ブログは引っ越しました

アーカイブ