患者さんの多いエリア情報 : 成城

徒歩で数分です。成城からは多くの方にご利用いただいています。

成城学園前駅からも近い当歯科にて治療を受ける方が多いようです。

 

 

 成城の情報:

住宅表示としての成城は、小田急電鉄小田原線の成城学園前駅を中心とした区域です。
都内指折りの高級住宅地として有名で、芸能人を始め著名人が数おおく住んでいらっしゃいます。
九丁目まであり、特に駅周辺には高級住宅地が広がっています。

 

地名の由来

大正14年に東京市牛込区原町の成城学校からこの土地に分別独立してきた成城学園が
起源であり、「成城」というのは詩経の「哲夫成城」という句がもとになっています。
それまでは北多摩郡砧村喜多見といい地名でした。
1927年(昭和2年)に同学園の要望を受ける形で小田急電鉄によって成城学園前駅が配置され、
地名として定着していきました。


地理
東側に仙川、西側に野川が流れ、高台状の土地に街は広がる。
また、西側に国分寺崖線、神明の森みつ池がある。
駅南側 - 成城一丁目から成城三丁目 駅北側 - 成城四丁目から成城九丁目

 

歴史

明治の最後ごろまでは北多摩郡砧村喜多見台と呼ばれ、武蔵野の木立と原野が広がっていた。
リサーチにより、この土地に小田急線が開通することを突きとめた小原國芳の尽力で、
学園建造資金工面のため、近辺の土地2万坪を買い入れし、区画整理をして売り出す。

小原は、さらに、中央鉄道(現在の小田急電鉄)と折衝して学園前駅の開業の約束を取付けた。
学園敷地2万4000坪のうち1万坪は地域の大地主の鈴木久弥の寄附による物であり、
小原は鈴木から現金1万円(そのころ、公務員の給料は75円)の寄附をも受けている。

なお、成城学園が手掛けて売りだしたものは駅北側で
、駅南側(現:成城一丁目から成城三丁目)は鈴木久弥による物である。

成城一丁目はかつての御料林であり、学習院の移転話も持ち上がっていた。

初期は、柳田国男、野上弥生子、後に、大江健三郎、横溝正史らが転居し、文士村の状態を呈していた。
1932年に東宝撮影所が出来てからは、黒澤明、市川崑、三船敏郎、加東大介、加山雄三、石原裕次郎
、宇津井健、司葉子、深作欣二、大林宣彦らが住み着するようになった。

また、シネマ産業と係わり合が深い芥川也寸志や松村禎三、小澤征爾のような音楽家も居着くようになった。
1966年には三船プロダクションの制作スタジオもできた。
1980年代からバブル期にかけては、折しもの経済成長とともに、会社の持ち屋が増加した。

時代と共に、成城町にはかつての祖師谷や喜多見だった周辺地域も編入され、現在は成城一丁目から成城九丁目となる。


様相

成城六丁目は大半が2階建ての住まいですが、数年程度で転居する住人が多く、新入居者のおおくは
新築する場合が多いために、町の姿は数年でかなり変化している。
成城四丁目・成城五丁目は成城六丁目よりは住人の移転が少ないため、以前から住み着いている方が多いようです。

建蔽率、容積率が異なる成城八丁目には都営住居や三菱重工業、丸紅、農林中金などの社宅があったが、
このところ社宅は相次いで姿をけし、あと地に2棟の中高層の分譲マンションが建築された。

成城八丁目には中層マンションが立ち並ぶこととなるが、成城九丁目は以前からマンションはあるがいずれも5階建て以下である。

街づくり

古くから成城の一軒家に住み着する住人たちは、成城憲章をむすび、塀を生垣にする、
地下室をつくらないなど街の生活環境を守ってきた。

しかしこのところでは相続の影響からか大きな区画も分割され、
ミニ開発やマンションの建築に住民は危機感を抱いている。
かつて、統一教会の進出やグリーンプラザ跡地のマンション建築に際しては大掛かりな住民運動も展開されました。

wekipediaより引用。一部改変。大量加筆。